構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Corrupt Postal Privatization 60 | トップページ | Corrupt Postal Privatization 61 »

Corrupt Postal Privatization 61

長谷川憲正参議院議員から送付されたメールマガジンである。全文。2月4日。

「2月4日(水)の衆議院予算委員会で国民新党下地幹郎(沖縄1区)先生が沖縄のかんぽレクセンターが、1,000円で売られその後学校法人に4,800万円で転売されたことや同じような鳥取県岩美かんぽセンターなどの売却の例を出しながらかんぽの宿売却疑惑について厳しく追及されました。西川日本郵政社長は今回のオリックスへの一括売却については「ゼロから検討する」と答弁されていました。
鳩山総務大臣は、今日(4日)、日本郵政株式会社法15条に基づき、日本郵政に対し「入札に参加した会社が提示した金額、途中で入札を辞退した会社が出た理由、最初の入札価格より最終入札価格が下がった理由」など入札の経緯を、2月16日までに報告するよう要求されたようです。また、オリックスへの一括譲渡に含まれていた、有馬かんぽの宿(神戸)の地元有馬温泉観光協会が「地元で引き受ける」との要望書を鳩山総務大臣に出されたとの報道もありました。」

北海道の社宅などがなんと1000円で売却された事実が明らかになっているが、沖縄の簡保レクセンターが1000円で売られたとは驚きである。もはや、犯罪である。司直の手が入ることを強く期待する。

|

« Corrupt Postal Privatization 60 | トップページ | Corrupt Postal Privatization 61 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/43958146

この記事へのトラックバック一覧です: Corrupt Postal Privatization 61:

« Corrupt Postal Privatization 60 | トップページ | Corrupt Postal Privatization 61 »