構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Market Fundamentalism | トップページ | Corrupt Postal Privatization 51 »

Corrupt Postal Privatization 50

ダボス会議の情報である。かんぽの宿の広がりは、世界的である。市場原理主義の牙城のダボス会議であるから当たり前の光景かもしれないが。

http://www.news.janjan.jp/media/0902/0902016589/1.php

「●ダボス滞在わずか7時間だった麻生首相だが、昼食はカルロス・ゴーン日産自動車社長、宮内義彦オリックス会長、竹中平蔵慶大教授らビジネスリーダーと一緒(各紙)

「かんぽの宿」の渦中の人物・宮内会長、「かんぽの宿は不良債権」と書き宮内弁護の竹中教授と何を話したかは報道されていない。

一方、鳩山邦夫総務相は、旧日本郵政公社が1万円で売却した鳥取県内の「かんぽの宿」が6千万円で転売されていたことについて、改めて「衝撃的だ」と述べた。
【「例えば、(大分県)日田のかんぽの宿は、土地代にもならない1億1千万円なのか。買い取ったところが20億円、30億円で転売することになりはしないか」とも語り、今後、同様の転売が起きることに懸念を示した】(朝日)」

|

« Market Fundamentalism | トップページ | Corrupt Postal Privatization 51 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/43932668

この記事へのトラックバック一覧です: Corrupt Postal Privatization 50:

« Market Fundamentalism | トップページ | Corrupt Postal Privatization 51 »