構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Corrupt Postal Privatization 108 | トップページ | Corrupt Postal Privatization 110 »

Corrupt Postal Privatization 109

国会の参議院予算委員会で、三井住友銀行から民営郵政に西川社長が連れてきた経営幹部の社宅の問題について質疑が行われた。中国新聞にその概要が掲載されている。日刊ゲンダイという、駅売りのタブロイド判の新聞が報道したが、地方では読めないので、当ブログは、既に、その内容を紹介していたところである。三井住友銀行からの賄賂にならないかを調査することを答弁しているが、民営化郵政の人事の闇も深そうである。

http://www.chugoku-np.co.jp/NewsPack/CN2009030501000860_Detail.html

参院予算委論戦の焦点(4) 国民新・長谷川憲正氏

 ▽転売でぼろもうけ-長谷川氏

 ▽疑惑に満ちている-鳩山氏

 長谷川憲正氏(民主・新緑風会・国民新・日本、比例)=関連質問

 【郵政民営化】

 長谷川氏 小泉純一郎元首相と竹中平蔵元総務相が設計した郵政民営化をどう思うか。

 麻生太郎首相 結果として、いい方に行かなかった場合は改善を心掛ける。利用する人の利便性、経営の健全化、4分社化された(各社)従業員の(待遇などの)公平性を担保する努力をしていかなければならない。

 【かんぽの宿】

 長谷川氏 かんぽの宿の売却にかかわった日本郵政側の総責任者が、三井住友銀行の社宅に住んでいるとの報道がある。

 西川善文日本郵政社長(参考人) 引き続き銀行の社宅に住んでいる。

 長谷川氏 三井住友銀行から裏給与が出ているとのうわさがある。

 西川氏 裏給与はない。

 長谷川氏 日本郵政株式会社法に役員の収賄を禁じる規定がある。社宅に住むことは抵触しないのか。

 鳩山邦夫総務相 調べられるなら調べたい。

 長谷川氏 (関連施設が)次々に高い価格で転売されている。誰が見てもぼろもうけだ。

 鳩山氏 基本認識はまったく同じだ。わたしは会計は素人だが、減損処理の在り方がめちゃくちゃで疑惑に満ちている。

 西川氏 (旧日本)郵政公社時代に売却した物件の転売状況は把握してこなかったが、売却した約620件すべてについて可能な限り調査している。3月中旬をめどに報告したい。

|

« Corrupt Postal Privatization 108 | トップページ | Corrupt Postal Privatization 110 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/44258682

この記事へのトラックバック一覧です: Corrupt Postal Privatization 109:

« Corrupt Postal Privatization 108 | トップページ | Corrupt Postal Privatization 110 »