構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Corrupt Postal Privatization 115 | トップページ | Neocon and Destruction »

Corrupt Postal Privatization 116

天網恢々疎にして漏らさず。郵便貯金会館の運営の譲渡について観察していたブログがある。リンクを貼る。http://blog.goo.ne.jp/critic11110/e/10e460bb11bebe5cc78eb7382dd6d8dc

郵便貯金会館の疑惑は、事業運営問題の他に、土地建物の売却もある。たとえば、郵政公社で行われた、いわゆるリゾート施設の格安売却などの闇も残る。251億円の施設が、わずか4億円で売却されたことなどはどうにも理解できないことである。民営化とは、私物化であった証左になるだけのことかも知れない。

« Corrupt Postal Privatization 115 | トップページ | Neocon and Destruction »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Corrupt Postal Privatization 116:

« Corrupt Postal Privatization 115 | トップページ | Neocon and Destruction »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

興味深いリンク