構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Corrupt Postal Privatization 154 | トップページ | Corrupt Postal Privatization 155 »

Public Central Bank

アメリカの連邦準備制度は、一般的にいう中央銀行ではないことは、日本でも広く知られるようになった。連邦機関でもなく、準備金もなく、制度にもなっていない組織である印象を与えるが、民間銀行である。民間銀行であるにもかかわらず、中央銀行としているところに、アメリカの金融制度の特徴がある。アメリカ国内でも、建国の時いらい、中央銀行を国民の手に取り戻す主張がある。英文のブログではあるが、わかりやすく解説するサイトがあったので、ご参考まで。

http://www.publiccentralbank.com/

上記のサイトに紹介されている、ユータス・マリンズの名著は、面影橋出版から「民間が所有する銀行ー主権を奪われた国家アメリカの悲劇」(3300円)として邦訳されている。

|

« Corrupt Postal Privatization 154 | トップページ | Corrupt Postal Privatization 155 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/44614558

この記事へのトラックバック一覧です: Public Central Bank:

« Corrupt Postal Privatization 154 | トップページ | Corrupt Postal Privatization 155 »