構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Corrupt Postal Privatization 78 | トップページ | Corrupt Postal Priatization 80 »

Corrupt Postal Priatization 79

郵政民営化の暗部が次々と明るみに出てきているが、郵便貯金会館の譲渡については、一部の経過が表に出ているだけである。とあるブログが、譲渡を受けた会社の決算を分析して、巧妙な私物化であると断じている。ご参考まで。リンクは、次のとおりである。

http://blog.goo.ne.jp/thinklive/e/4684e61765f77b5cb83355936981b776

こうした、ゼロ円の譲渡だけで、背任罪が成立する可能性大と述べている。

以下、そのブログの一部を引用する。

「郵政民営化の勢力は民営化を絶対に諦めない、諦める筈がない、ワタベメルパルクはその努力の成功の証明である、、
鳩山総務相の本日の答弁は彼らへの答弁であり、この世の中に公平さの存在を証明するものだ、

ワタベメルパルクの出現、この1つだけでも西川郵政会長は背任の可能性大だ

メルパルク 日本郵政が施設を保有し、メルパルク株が運営するホテルなどの総称である、とWikipediaではなっている、ゆうちょ財団の名称で運営されるワタベウエディング100%株式所有のメルパルク株、あこぎではありませんか、それとも損しているメルパルクよりも、儲かっているメルパルクの方がいいのではありません?

収益還元法によれば過去業績が赤字であれば、タダ、あるいは熨斗を付けなければならないか、業績を立て直すという可能性は一応棚上げされて、その価値を決定することが出来る、だからタダで譲渡することモあり得る、別に当たり前のことだ、ということになる、
メルパルクの改装には2.4億円が投資されたと、毎日の記事は報じているが、1/12施設の投資額は2000万円ということになる、サイトで見る12施設は鉄筋建ての威風があたりを払う感じの堂々たるホテル作り、例えば東京、横浜の立地をグーグルの地図で検索してください、横浜はニューグランドホテル、東京は東京プリンスクラスの立地ですよ、
この立地で今まで赤字だったとうのは、それこそ官僚経営の硬直的経営手法で、アットいうまに、ワタベウエディングが黒字にできたのも当然と言う気がします、それでも無償で貰っていただけるだけで有難い、ということになったのだろうか、
これは簡保の宿よりもひどい話だと思われます、
現在のメルパルクの12施設
メルパルク仙台 仙台市宮城野区榴岡5-6-51
メルパルク東京 港区芝公園2-5-40
メルパルク横浜 横浜市中区山下町16
メルパルク長野 長野市鶴賀高畑752-6
メルパルク名古屋名古屋市東区葵3-16-16
メルパルク大阪 大阪市淀川区宮原4-2-1
メルパルク岡山 岡山市北区桑田町1-13
メルパルク広島 広島市中区基町6-36 
メルパルク松山 松山市道後姫塚123-2
メルパルク熊本 熊本市水道町14-1
メルパルク京都 京都市下京区東洞院下る
Wikipedia メルパルクにはまだ貴重な日本郵政時代のメルク株のデータが残っていた、
毎日新聞の紹介では、メルパルクは売上が、114億円、利益が4億円として紹介されているが、
ウイキペディアのデータでは
設立、2008/8 運営開始は10/1(これはもう株式はワタベウエディングに移動している可能性、
あるいは出資社がワタベウエディングとなっている可能性もある)
事業内容はホテル事業など
代表者 渡部隆夫(*案の定である)
資本金3億5000万円
売上 25918m円(08/3期における経営成績*ゆうちょ財団特別会計表示額)
総資産1420m円(08/3/31時点)
主要株主 ワタベウエディング、100%
このウイキペディアも近く書き換えられるでしょう、」

|

« Corrupt Postal Privatization 78 | トップページ | Corrupt Postal Priatization 80 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/45076961

この記事へのトラックバック一覧です: Corrupt Postal Priatization 79:

« Corrupt Postal Privatization 78 | トップページ | Corrupt Postal Priatization 80 »