構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Corrupt Postal Privatization 88 | トップページ | Corrupt Postal Privatization 89 »

Corrupt Postal Privatization 84


Watch mielparque090310 in ã��ã�¥ã�¼ã�¹  |  View More Free Videos Online at Veoh.com

|

« Corrupt Postal Privatization 88 | トップページ | Corrupt Postal Privatization 89 »

コメント

今日5/24のサンプロに、竹中平蔵さんが出るとテレビ欄にありましたのでお知らせです。
竹中さんは、国会からの参考人招致を、衆議院からも参議院からも受けていますが、断っています。週刊ダイヤモンド5/23特大号には、下記の竹中さんへのインタビューがあります。

Q:「かんぽの宿」問題では、西川善文・日本郵政社長が再三にわたって国会に呼ばれています。竹中さんも参考人招致されていますが、お断りになった。
A: 公社の総裁と日本郵政の社長は違うんですよ。国会は「公社」と同じ感覚で呼び出している。日本郵政は民間企業ですから、(度重なる国会招致が)結果的に企業経営を妨害しているということを懸念します。私?三日後の昼何時に来いと言われて行けるわけないじゃないですか。普通のビジネスマンは予定が入っていますよ。

「反戦な家づくり」さんのコメント欄にあった参考人招致に応じた町田徹さんがラジオで語っていたという下記とは少しずれがあるような気がします(検索ではラジオで聞いたという伝聞しか見つからず)

「向こう半年全くスケジュールに余裕がない」
それに対し国会の方でスケジュールを合わせるという話まで出たが
「合わせて貰っても無理」
http://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-684.html

投稿: 散策 | 2009年5月24日 08時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/45080858

この記事へのトラックバック一覧です: Corrupt Postal Privatization 84:

« Corrupt Postal Privatization 88 | トップページ | Corrupt Postal Privatization 89 »