構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Corrupt Postal Privatization 64 | トップページ | Market Fundamentalism is Dead 5 »

Corrupt Postal Privatization 65

連休を利用して地方を歩いていると、マスコミの批判が聞こえることがあるが、今回は、テレビの討論番組のだらくについての指摘が多かった。典型的な番組が、郵政民家化の照って危険賞をうたいながら、いつもの市場原理主義の権化の竹中平蔵氏を出演させ、その取り巻きの評論家がご託宣をのたまう番組のことであった。色々なテレビ願組で同じような主張をしているとのことで、地方の視聴者は何か背後関係があるのではないかと、うすうす気がついているようであった。それについての解説がなされていたので、ご参考までにリンクを貼る。予定があるので、国会の参考人招致に応じないで、一方的にテレビを使って政治宣伝をするのであれば、証人喚問として、強制的に国会に出席させて、郵政民営化の疑惑について追及すべきである。

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-f4d7.html

|

« Corrupt Postal Privatization 64 | トップページ | Market Fundamentalism is Dead 5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/44906045

この記事へのトラックバック一覧です: Corrupt Postal Privatization 65:

« Corrupt Postal Privatization 64 | トップページ | Market Fundamentalism is Dead 5 »