構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Corrupt Postal Privatization 72 | トップページ | Market Fundamentalism is Dead 8 »

Inconvenient Truth

郵政民営化も、コンビニ問題と深くリンクしている。民営化された郵便局会社の社長は、大手コンビニから送り込まれた人物である。実際にも、コンビニモデルで、郵便局の事業の編成が行われようとした形跡があることは、当ブログも指摘したことがある。民主党の姫井議員が、コンビニ問題を取り上げて、掲示板を開設しているが、その掲示板には、コンビニの関係者からの意見が、書き込まれている。相当な書き込みの量である。http://himei.jp/bbs/

とある出版社が、コンビニ問題について単行本を出版したら、圧力がかかって、取次業者が拒否するという事態も数ヶ月前にあった. 構造改悪の一環として、コンビニ優遇の政策が行われた形跡がある。リンクを貼るので、ご参考まで。http://facta.co.jp/article/200902061.html

コンビニ問題を現代のタブーとしてはならないが、言論の自由に対して圧力をかけるやり方は、最近の町田徹氏の国会における参考人としての意見開陳にも恫喝をするほどであるから、常套手段であるが、それに屈してはならない。左も右もない話である。

|

« Corrupt Postal Privatization 72 | トップページ | Market Fundamentalism is Dead 8 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/44964959

この記事へのトラックバック一覧です: Inconvenient Truth:

« Corrupt Postal Privatization 72 | トップページ | Market Fundamentalism is Dead 8 »