構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Corrupt Postal Privatization 68 | トップページ | Orwell Prize 2009 »

Market Fundamentalism is Dead 7

竹中平蔵氏と外国勢力との関係についての評論記事がある。http://blog.goo.ne.jp/khosogoo_2005/e/f276d3bb65143d87ade95667d5a93ded

この中で、フレッドバーグステンとの関係について書かれている部分が、当ブログとしては関心を引いた。バーグステンは、郵便貯金の金利引き下げについても強行に主張していた人物であり、大来佐武郎元外務大臣が、倒れたのは、バーグステン氏と電話で激論を交わしていた最中だとの話がある。大阪で、APECが開催される前の話である。

ちなみに、IIEのホームページのアドレスは、http://www.iie.com/である。バーグステン氏が北京の通貨について提案しているあたりが最新の陰謀の興味深いところである。

|

« Corrupt Postal Privatization 68 | トップページ | Orwell Prize 2009 »

コメント

はじめまして。長尾たかし氏へのトラックバックからお邪魔しました。貴ブログの関心事、私も多いに関心があります。いままで、存じ上げなかったのが不思議なぐらいです。鳩山総務相が8日の衆院予算委員会で西川さんについて進退を含め厳しく追及という記事がでましたね。国民新党の亀井久興さんの質問に答えたんですね。以前、植草さんは、鳩山総務相は既に手打ちをしたのではないかと書いていましたが、どうなのでしょう。

投稿: 散策 | 2009年5月 9日 09時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/44949151

この記事へのトラックバック一覧です: Market Fundamentalism is Dead 7:

« Corrupt Postal Privatization 68 | トップページ | Orwell Prize 2009 »