構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Corrupt Postal Privatization 106 | トップページ | Hatoyama Ousted »

Corrupt Postal Privatization 107

下記は、9日深夜に配信された長谷川憲正参議院議員のメールマガジンの全文である。

ご参考まで。

[西川社長の続投問題が、政局になってきそうなところです。鳩山総務大臣は、断固として正義を主張されており、これはまさに正しく当然のことだと思っております。昨日(8日)、日本郵政の横山専務執行役、伊藤執行役を東京地検に西川社長との共謀に基づく特別背任未遂罪等で刑事告発しました
が、その際も鳩山総務大臣に対し、「改めて主務大臣としての毅然たる対応を示され、疑惑の全容解明に全力を尽くされますよう強く要請いたします」と告発人12名連名の書面を手渡したところです。
 また、本日(9日)は、13:00から参議院総務委員会で最近の郵政問題に対する集中審議が開かれ、私長谷川憲正がトップバッターで70分、日本郵政西川社長の経営姿勢を厳しく糺しました。また、西川社長を後継指名した日本郵政の指名委員会の牛尾委員長、不動産売却に関する第三者検討委員会の川端委員長についても、参考人要請をしましたが二人とも出て来ませんでした。
 西川社長には、130余年続いている郵政事業がいかに公的な使命を持っているかの認識に欠けるのではないかなど、本人の経営姿勢を厳しく糺しました。
かんぽの宿関係では、最初は「競争入札で公正に行っております」と言っていたのに、追求してみると各社から企画案を出させその中のいいものを選ぶ企画コンペ方式で決定しており、これは競争入札というものではなく、よいところと契約する随意契約であり、問題が表面化した後も修正も訂正もしなかったことを指摘しました。また、世田谷レクセンターが途中で売却対象から外れた件についても、担当部門の責任者は「決定前に社長に報告した」と言っているのに、西川社長は「ずいぶん後から聞いた」と答弁しており、どちらが本当なのか迫りました。
 西川社長は「反省すべきは反省する。改善の方向についてのお答を申し上げる」「(民営化の)土台をしっかりすることが私の責務と考えている」という趣旨の答弁につきました。
 鳩山総務大臣は「国民共有の財産をかすめ取り、誰かが不当な儲けを得ている。経営の在り方について認められない。」と答弁されました。
今日は、社民党の又市征治先生、共産党の山下芳生先生も、西川社長は辞任すべきではないかと厳しく迫られました。また、自民党の河合常則先生も最近の低料三種郵便の悪用事件などをめぐり西川社長の経営責任を追及されました。

 6月29日には日本郵政の株主総会が開かれる予定です。人事もそれまでには決着となるでしょうが、郵政事業が、130余年、日本全国津々浦々で地域生活のインフラとして使命を果たしてきた大きな公共性のある事業だということをよく理解した方に経営を行ってもらわないと今度のようなことになるのではと思います。」

|

« Corrupt Postal Privatization 106 | トップページ | Hatoyama Ousted »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/45304277

この記事へのトラックバック一覧です: Corrupt Postal Privatization 107:

» 日本郵政 西川社長続投問題 参議院総務委員会での長谷川憲正氏の質問 [ライフログ ダイアリー]
6月9日の参議院・総務委員会で国民新党・長谷川憲正氏が西川社長続投問題で質問に立ちました。 しかし長谷川憲正氏が先週から参考人として要請していた西川氏続投を決めた指名委員会・委員長の牛尾治朗氏、他の指名委員会の委員、さらにかんぽの宿たたき売り問題でこれも....... [続きを読む]

受信: 2009年6月11日 20時32分

« Corrupt Postal Privatization 106 | トップページ | Hatoyama Ousted »