構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Singlehanded Sailor Yonago Akio is Safe | トップページ | Corrupt Postal Privatization 120 »

Shock Doctrine -Californian Style

市場原理主義を痛烈に批判して、ショックドクトリンという単行本を出版して、オバマ新政権の登場の糸口のひとつを作った、ナオミ・クライン女史については、当ブログにおいてもその主張を紹介してきた。

カリフォルニア州では、市場原理主義の経済が破綻して、州財政が破綻の様相を呈している。その中で、シュワルツネッガー知事は、元々、ミルトン・フリードマンの信奉者であり、経済破綻を、州の予算を削減して乗り切ろうとしている。経済が悪化する中で緊縮財政を続けようとする悪性であり、オバマ新政権は、カリフォルニア州に対する安易な公的資金の投入をやめている。ウォールストリートの金融資本の悪人どもが作り出した経済危機をなぜ、州民が擬制になって救わなければならないのかという、反発であり、就眠の怒りである。

カリフォルニア州は、全米最大の州であり、日本全体の面積よりも大きな州であると言うことは知られているが、経済規模でも、国に換算すれば、世界第八位の規模である。その州が、なんと243億ドルの赤字を抱えている。シュワルツネッガー知事の予算削減が実行されれば、190万人の健康保険受給者が失われ、130万人が生活保護を打ち切られる。さらに、50億ドルの教育関連予算が、削減されるという。

ビデオでは、ハンガーストライキを行っている、学校教師や、学生、地方の政治家などに対するインタビューが行われている。

どうにも、日本の状況にも酷似している。世界が、市場原理主義の誤りに気付き、政策を転換し、あるいは新政権を登場させる中で、カリフォルニア州知事同様、こうした、経済の混乱に乗じて、社会の弱者の切り捨てを行おうとしていることである。郵政民営化なども典型で、金融資本の私物化の連中を排除すべき所を、正義を主張する大臣の方を更迭してしまった。

市場原理主義に反対することが、アメリカの新政権の基本的な立ち位置である。小泉・竹中、あるいは、シュワルツネッガー知事のように、市場原理主義礼賛ではない。

残念ながら、日本語の字幕もついてはいないが、アメリカの惨状を映像で見ることができる。

|

« Singlehanded Sailor Yonago Akio is Safe | トップページ | Corrupt Postal Privatization 120 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/45407900

この記事へのトラックバック一覧です: Shock Doctrine -Californian Style:

« Singlehanded Sailor Yonago Akio is Safe | トップページ | Corrupt Postal Privatization 120 »