構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Restoration of Japan 11 | トップページ | Opression »

Labor UnionーRengo

市場原理主義で最も被害を受けたのが、やはり労働分配率である。一部の株主や経営者は、巨額の富を手にしたが、「休みたければやめればよい」とある経営者が発言したことがあるように、派遣労働をはじめ、労働の秩序をこの国でも徹底的に破壊した。

デモも少なくなり、労働組合の組織率もどんどん低下しているのが実情である。民主党の中での労働組合の力は強いものがあるが、戦後体制が徐々に崩壊していく中で、その先行きは困難と言わざるをえない。民主党の中にも、与党と同様に、多数の市場原理主義を信奉してきた議員が見受けられるのも又事実であり、政権獲得の前には、一応矛を収めているにしても、もし新政権になれば対立は激化する可能性が高い。嵐の前の静けさか、大動乱の始まりかも知れない。自民党の中で、激しい対立があるように、民主党の中にも大きな、踏み越えがたい亀裂が見られるのである。内部的な対立も今後激化することになろう。会社側化?している労働組合も多くあり、市場原理主義の横行を黙認している団体もまま見られる。

民主党を中心とする新政権が予想される中で、連合の動きも目が離せない。Photo 写真は連合会長の高木剛氏である。ぜんせん同盟の出身である。

|

« Restoration of Japan 11 | トップページ | Opression »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/45771834

この記事へのトラックバック一覧です: Labor UnionーRengo:

« Restoration of Japan 11 | トップページ | Opression »