構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Eclipse | トップページ | Market Fundamentalism »

Market Fundamentalism is Over

麻生首相が21日の両議員総会や、解散後の記者会見で「行き過ぎた市場原理主義と決別する」と発言したという。小泉構造改革は「行き過ぎた市場原理主義」だったと断じて、そこからの決別を宣言したことになる。両議員総会会場では拍手もわいたとも言う。世界の市場原理主義の退潮については、とうブログは、再三再四指摘したところであるが、ようやくにして、の市場原理主義否定である。  

 しかし、いまだ、上げ潮派と呼ばれる、市場原理主義の信奉者の残党が跋扈しており、特にマスコミには、郵政民営化見直しなどを、改革に逆行するという誤った見方を墨守している向きもある。規制緩和という迷妄を大事にして、格差是正を奨めようとしないことを主張するマスコミの論説委員が跋扈している状況になる。世界の潮流の変化が目に入らないかのような状況である。

 それにしても、首相の発言はあまりにも遅かった。毎年三万人を超える自殺者が出る国になり、国力が急激に縮小しているなかで、郵政民営化は必ずしも賛成ではなかったと、‘ぶれる’発言があったにしても、自分の主張を実現しようとはしなかったから、市場原理主義が行き過ぎたと言われても、単なる言葉の遊びになるのではないかとの不安をぬぐい去ることができない。郵政民営化の問題では、正義を主張する鳩山総務大臣を更迭したのはどこのどなたかのほとぼりが冷めない内の発言であるからである。

|

« Eclipse | トップページ | Market Fundamentalism »

コメント

この人(麻生)は言う事と、する事が間逆だから笑ってしまいます。
選挙演説も間逆として聞くと、コレまでの実績からして肯けます。そのかわり、石を投げたくなるでしょうが‥

投稿: よんじゃる | 2009年7月23日 13時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/45715542

この記事へのトラックバック一覧です: Market Fundamentalism is Over:

« Eclipse | トップページ | Market Fundamentalism »