構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Postal Services in the Dark Times | トップページ | Fake Privatization »

Bulletin

郵政民営化に伴い、日本通運の宅配部門である、ペリカン便と郵便小包の統合について、佐藤総務大臣は,認可しないと閣議後の記者会見で述べたとの報道である。

「佐藤総務相は8日、閣議後の記者会見で、10月1日に予定されている郵便事業会社の「ゆうパック」と日本通運の「ペリカン便」との宅配便事業統合について、「日程に無理がある。現段階で認可の判断を下せない」と述べ、事業計画を認可しない方針を明らかにした。

 郵便事業会社は、統合を来年4月まで延期する案を軸に再検討を余儀なくされるとみられる。

 この問題では、佐藤総務相が8月11日に日本郵政の西川善文社長と会談し、準備不足などを理由に統合延期の検討を要請。郵便事業会社側は、稼ぎ時となる年末年始の前に統合することを目指し、延期しない考えを総務省に回答していた。

 佐藤総務相は「回答は実現性、具体性に欠けた不十分なもの。懸念を十分に

払拭

(

ふっしょく

)

することはできなかった」と説明した。」

 以上とりあえず。郵政民営化の暗部について検証が始まる兆しが見られる。佐藤総務大臣の,政権交代を控えた良識ある勇断である。

|

« Postal Services in the Dark Times | トップページ | Fake Privatization »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/46155627

この記事へのトラックバック一覧です: Bulletin:

« Postal Services in the Dark Times | トップページ | Fake Privatization »