構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Postal Crime | トップページ | Destroyed Party »

Postal Crime 2

当ブログの読者からネット情報の提供があった。信憑性を確かめるすべもないので、単にご参考までとしておきたい。神奈川県内の物件売却とのことである。こうしたことが世評に上ること自体が残念なことである。

「本日の「二階堂ドットコム」に以下の様な記事が掲載されていました。 ご参考まで。


■ 西川交代の直前に動きがあったぞ
http://www.nikaidou.com/2009/10/post_3685.php

 西川交代が事実上決まった日に、神奈川県のメルパルク、あるいは他の名前のいわ
ゆる「郵政物件」が西川の決裁で売られた疑いがある。

 というのも、西川交代が決まった日にある人物が

「旅館業の免許持っている奴がいないか。西川に決裁させるのが今日中じゃなきゃダ
メなんだ。今日中なら西川の決裁でできるが、明日になれば西川は判子を取られちま
うんだ。そこの名義を貸してくれればキャッシュで300万払う」

 といい回っていたからだ。その人物はどうやら旅館業の免許を持っている奴を見つ
けられたようで、

「お騒がせしました」

 と電話をよこしたが。故に、「旅館業を持っていないと売買できない何らかの理由」
がある、日本郵政所有の不動産物件が売られたことになる。おそらくは西川か、いわ
ゆる”郵便局解体利権”を握っている奴の仕業だろう。なお、この話は言ってきた奴と
受けた奴が両方ともややこしいところなので、詐欺という線はない。言えないが、依
頼を受けた人に一日で詐欺を仕掛けるのは不可能だから。

 ただ、この話はまだ発生したばかりで、電話で聞いているだけなので他にも詳細が
あると思う。うちでやるか、それとも誰かに振るか・・・とりあえず、ココに記して
おく。

・・・なんで記すかって、最近「すぐできない、仕込みや調査がだいぶ必要なネタ」
が集まりすぎて、この手のやりやすい奴は書かないでいると忘れちゃうから(苦笑)。

以上」との情報である‥再度、信憑性を確かめるすべがないことで、参考までの情報であることを念の為。

|

« Postal Crime | トップページ | Destroyed Party »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/46564312

この記事へのトラックバック一覧です: Postal Crime 2:

« Postal Crime | トップページ | Destroyed Party »