構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Unsinkable Sun 4 | トップページ | Unsinkable Sun 6 »

Unishinkable Sun 5

映画沈まぬ太陽は山崎豊子の作品を映画化したフィクションである。主役の男の物語ではあるが、その重要な配役は、元関西紡績会長という役回りである。運輸行政当局の不正腐敗も活写される。日本の企業をきちんとしなければならない、企業を再生させるためには、、膿を出巣ことであり、映画の中では、「この人達はお客さんのことを忘れている」と言わせる。元会長は、政治フィクサーと決別する場面がある。靖国神社の光景が映し出される。会長職への就任を要請する際に、「お国の為に」と口説かれたことではあるが、「死んだもの達、家族を失い残されたもの達のために」引き受けたと独白する。国家は、共同体で成り立っているから、抽象的な国家であるだけに、共同体の守りが必要であると主張しているかのようだ。

ウィキペディアの記事があったので、リンクは次の通り。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%88%E3%81%BE%E3%81%AC%E5%A4%AA%E9%99%BD

人気ブログランキングへ

|

« Unsinkable Sun 4 | トップページ | Unsinkable Sun 6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/46587231

この記事へのトラックバック一覧です: Unishinkable Sun 5:

« Unsinkable Sun 4 | トップページ | Unsinkable Sun 6 »