構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Quiet Revolution | トップページ | Justice »

Weekly Friday

週刊雑誌の週刊金曜日が、「郵政民営化の大罪という特集記事を掲載している。」10月2日号、769号である。http://www.kinyobi.co.jp/backnum/tokushu/tokushu_kiji.php?no=812

ご参考まで。

■真価が問われる
 原口一博総務相と亀井静香担当相
 横田 一
郵政民営化見直しは、国民新党のゴリ押しではない。
民主党と過去一年間にわたり議論を重ねた結果だった。原口、亀井両大臣は、
民営化利権にむらがった悪人の正体をどこまで明らかにできるのだろうか。
■民営化は米国政府による
 巨大振り込め詐欺
 広瀬 隆
二〇〇五年の総選挙では、郵政民営化に賛成しない者は構造改革への反逆者であるかのような空気をつくり出した。圧倒的な自民党の議席をかき集めて、〇七年一〇月一日に鳴り物入りで実施された民営化は一体誰のための「改革」だったのか。そのからくりを解く。
■過労死・自殺が相次ぐ
 現場は懲罰地獄
 三浦 芳則
国民に痛みを押しつけた自公からの歴史的な「政権交代」が実現した。
これで「構造改革」の「本丸」とされた郵政民営化のもとで呻吟する郵政労働者の過酷な
現実が変わるのだろうか。民営化から二年、郵政労働者の負った傷はあまりにも深い。
■公共事業に戻す世界の国々
 廣岡 元穂
日本で国鉄が分割民営化されたころ、世界各国では郵政民営化が始まっていた。
民営化で生じた「歪み」に気づいた国々は相次いでその補修に乗り出している。
◆稲村公望・元日本郵政公社常務理事に聞く
 民営化の巨大な闇を捜査せよ

人気ブログランキングへ

|

« Quiet Revolution | トップページ | Justice »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/46425062

この記事へのトラックバック一覧です: Weekly Friday:

« Quiet Revolution | トップページ | Justice »