構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Open Society and its enemies | トップページ | Intrusions »

Berlin Wall 20th Anniversary

 今日は、ベルリンの壁が崩壊して、20周年の記念日である。ベルリンでは、ベルリンの壁崩壊を記念して、演奏会や追悼式典が行われている。当ブログの友人の記者は、ベルリンの壁からの実況中継を試みたことを思い出す。1961年から、89年までの間に、ベルリンの壁を越えようとして、136人が殺されたという。ベルリンの壁が崩壊して、四日間の間に、当時1660万人の東ドイツの三分の一の国民がベルリンに壁を越えて来訪したという。155キロに及ぶ、鉄条網の壁もその後に破壊されたが、当日は、西ベルリンの商店は夜緒遅くまで店をはけて、バーなどは、無料で飲み物をサービスしたり、銀行は、当時の価値で50米ドル総統の100ドイツマルクの金券を東ドイツからの来訪者に配ったという。ちなみに、最初にベルリンの境界を越えたのは、Annemarie Reffert氏(当時44歳)とその15代の娘さんであったという。 東ドイツ出身の現在のメルケル・ドイツ首相は、先週米国議会で演説を行っている。ご参考まで。31日には、当時のコール西ドイツ首相をはじめ、ロシアからのゴルバチョフ大統領、米国からパパ・ブッシュ大統領、ポーランドのワレサ大統領、ハンガリーのネーメト元首相、(いずれも当時)などが招待されて記念式典が開催された。小国ハンガリーがベルリン壁崩壊のきっかけを作ったことは、よく知られているが、さて、日本からはどなたが招待されたのだろうか。

人気ブログランキングへ

|

« Open Society and its enemies | トップページ | Intrusions »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/46717819

この記事へのトラックバック一覧です: Berlin Wall 20th Anniversary:

« Open Society and its enemies | トップページ | Intrusions »