構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Conspiracy | トップページ | Fake Reform »

Bulletin

長い道のりである。民営改悪された日本郵政各社の株式売却を凍結する「郵政株式処分凍結法案」はいよいよ本日、26日午後の衆院本会議で趣旨説明と質疑が行われ、審議入りする。30日までの国会会期は延長される方向で、政府は今国会中の法案成立を目指す。
 抜本的な見直しを行うまでの間の緊急的な措置である。日本の断固たる姿勢が内外に明らかになることが良い。最早、棚からぼた餅ならぬ、国民資産が海外に持ち出されてこれをねらうハゲタカの餌食に成らないことを内外に宣明する効果もある。保養・宿泊施設「かんぽの宿」についても、譲渡・廃止を当面停止する。凍結法案を成立させれば、当然、持ち株会の内情など、株式売却の取り組みの背景などが順次明らかに成っていくことが期待される。

|

« Conspiracy | トップページ | Fake Reform »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/46862335

この記事へのトラックバック一覧です: Bulletin:

» 日本郵政 JPエクスプレスを全額出資子会社に [ライフログ ダイアリー]
日本郵政、「ペリカン便」吸収へ 日通との宅配便統合見直し(共同通信) - goo ニュース 日本郵政は毎日1億円の赤字を垂れ流すJPエクスプレスを全額出資子会社とし、日通の「ペリカン便」を吸収する方向で検討、年内にも正式決定するとのニュースがありました。 以下gooニ....... [続きを読む]

受信: 2009年11月26日 18時20分

« Conspiracy | トップページ | Fake Reform »