構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« In retrospect 12 | トップページ | In retrospect 14 »

In retrospect 13

高橋洋一容疑者は、郵政民営化で4分社化などを提案した人物であるとされており、郵政を私物化することを推進して破壊したが、東洋大学の教授を務めていたとされる。同じ東洋大学には、日本郵政の社外取締役を務めている松原聡教授がいる。高橋洋一容疑者の起訴について、ブログに書いてある。他人行儀である。松原教授も、松原委員会と称する私的な委員会を造って、郵政改革の名の下に、国民資産を一部資本家に売却することに荷担している人物である。http://blog.satorum.jp/200904/article_3.html なお、同教授は、竹中教授ともお仲間で、ポリシーウォッチなる団体の一角をなしている。こうして考えると、万一の想像でしかないが、お仲間の中での争いがあったのではないかという予測も成り立ちうる。一月19日のビデオ映像が残っている。いかさまな論理を展開する拝金主義の集団である。http://policywatch.jp/author/takahashi_yoichi/

|

« In retrospect 12 | トップページ | In retrospect 14 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/46850935

この記事へのトラックバック一覧です: In retrospect 13:

« In retrospect 12 | トップページ | In retrospect 14 »