構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« In retrospect 5 | トップページ | In retrospect 7 »

In retrospect 6

Passer-byさんからコメントを頂戴いたしました。10月18日の衆議院総務委員会での原口一博議員の質疑に関する情報です。

衆議院TVのライブラリーでは、原口委員質疑の30分38秒あたりからです。

衆議院テレビhttp://www.shugiintv.go.jp/jp/index.cfm

 郵政見直しの三年間の規定の始点や、松原委員会と称する郵政会社の中の委員会の位置づけに関する質問に関する情報です。ありがとうございました。当ブログの筆者は見ておりませんでした。国民資産の私物化が許されてはなりません。松原郵政会社社外重役や、外資コンサルからの重役の役割など、徹底的に質疑が行われるべきでしょう。民営化された会社とはいえ、実際は国民資産で成り立っている会社です。民営化委員会という、小泉政権で登場した組織自体が廃止されるべき政治状況に至ったものと考えています。民営化委員会はそもそも、国民の意見を代表しない私物化委員会ですから。

|

« In retrospect 5 | トップページ | In retrospect 7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/46850564

この記事へのトラックバック一覧です: In retrospect 6:

« In retrospect 5 | トップページ | In retrospect 7 »