構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Authencity | トップページ | Opinions »

Malicious Propaganda

産経新聞が、ワシントン発として、竹中元総務大臣が郵政改革を再国有化などと非難する記事を、ウォールストリート紙に寄稿したとして、その内容を報道している。

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091102/plc0911021735006-n1.htm

ウォールストリート紙は、もともと、郵政民営化で、日本の国民資産がその内転がり込んでくるなどとの趣旨で報道していた市場原理主義を謳歌したマスコミであるが、よりもよって、民営化の立役者であった元閣僚が、日本の新政権の郵政民営化抜本的な見直しについて悪罵の限りを尽くして外国の新聞に供することは、みぐるしい。日本のマスコミは外国報道を増幅して伝える傾向があるので、政治宣伝として使おうとした意図があったのかも知れないが、それにしても、新たな失われた十年にするとかの指摘は、誤った経済政策を推進して、失われた日本を作り出した当事者が発言する奇怪は、責任皆無の様子でいただけない。死に至る政策であるデフレ政策と、緊縮財政論を支持したのは、どなたであったのか、触れることもしない自家撞着ぶりである。が、見方を変えれば金融規制がないことが改革のように主張しているのは、金融規制を強化しようとしているアメリカの新政権に対しても挑戦する発言として、大方の米国の読者の失笑を買っただけと受け止めた方がよいのかも知れない。

原文は、電子版で、ネットのアドレスは、http://online.wsj.com/article/SB10001424052748703363704574502651479212142.html

である。幸いにして、竹中氏の寄稿の内容に反論するコメントも寄せられている。ご参考まで。http://online.wsj.com/article/SB10001424052748703363704574502651479212142.html#articleTabs%3Dcomments

I fully support the de facto nationalization of Postal Bank and Insurance (and postal services).

This August, the Japanese has spoken. It was a resounding NO, loud and clear, to the ex-ruling party LDP and the privatization scheme of Koizumi and Takenaka. This government take over of the postal services is a big win for the Japanese and a big lose for them. In my opinion, this re-nationalization is a matter of national security than of economy. Japan has 800 trillion yen (~8 trillion dollars) in debt. The deficit is expected to increase, at least for some time, owing to the decade-long mis-management of the government by LDP regimes, culminating in predicaments of Koizumi and Takenaka. The new government should take control of the bank to finance the enormous debt. Postal bank and insurance is one of the largest holder of Japanese treasury bonds (~20 % combined) as of now. It is tantamount to treason to privatize and destabilizing already heavily burdened fiscal scheme. In other words, the Japanese taxpayers can't afford to privatize the postal system. Since this is a government take over, it is very appropriate that the new DPJ government appoint a renowned ex-bureaucrat of department of treasury.

Japan is not America. The Japanese take it as a right to have a bank account even if you are poor. Postal bank is (and had been, especially before Koizumi and Takenaka) a smart way to ensure the basic economic rights of the weak and the poor. Postal services are required to be universal any way and postal bank accounts are limited to small amount. The rich can go somewhere else at their own risk. By the way, the postal insurance has no preexisting conditions nor does national health care system. The Japanese have invested in Postal bank/insurance because it is (de facto) government-guarantee. It is much simpler for the Postal bank to directly buy the Japanese treasury bonds, since the government has to pay the risk politically, any way. This will make it simpler for the Postal bank to operate, because this is what they have been doing (~25 % of postal bank is treasury bonds as of now) and they can eliminate all the risk managers. The Japanese can control the risk through the DPJ government, and I consider it more just to do it by democracy, as the Japanese did in this August, than by greed of rich shareholders as when the postal system is privatized.

とのコメントがあって、質問のコメントがあって、それに回答している。

In your opinion, is it OK for a voting majority to vote themselves access to the savings and earnings of a voting minority?

|

« Authencity | トップページ | Opinions »

コメント

はじめまして。いつも読ませてもらってます。
John Pilgerの次の記事も紹介してください。
"The strike is our strike/A POSTAL STRIKE IN BRITAIN IS THE WAR AT HOME"
2009年10月22日
NEWSTATEMAN
http://www.newstatesman.com/uk-politics/2009/10/pilger-postal-public-office

投稿: kitamita | 2009年11月 4日 03時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/46661475

この記事へのトラックバック一覧です: Malicious Propaganda:

« Authencity | トップページ | Opinions »