構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Kuroshio 19 | トップページ | Bulletin »

Expanded Economy

12月1日の亀井金融大臣の記者会見で、「今日、総理は、今からか、「菊池先生(菊池英博日本金融財政研究所長)と会って、ちょっとそういう人の話も聞くと」言っておられたけれども、今までのエコノミストというのは、本当に、皆さんの中にもいるかもしれないけれども、大蔵省(財務省)の財研のOBみたいなのが中心に、大学教授か何か知らないけれども、自分らが生活に困っていないものだから、「やれ財政規律だ」とか、そんなことばっかり言う。「財政規律だ」(と言ったって)、経済が死んでしまったらおしまいでしょう。」とのべている。

当ブログにおいても、菊池英博先生の所見について紹介してきた。緊縮財政論では、財務相栄えて国滅ぶになりかねない。ムダを削っても、景気対策をして、税収を増やすようにしなければ、先行きは崖にしか成らない。オバマ政権は、福祉型の資本主義に踏み切っている。日本が景気拡大をして、また、市場原理主義を精算して、世界をリードすることが出来るようにする必要がある。下記は、数ヶ月前に掲載した、菊池先生の所論である。ご参考まで。

「日本を再興させるための経済政策について、具体論を紹介してきたが、当ブログは、書き込みすることに時間がかかり、分割して掲載したために、サイト上の配置がばらばらになっている。まとめて読みやすくするために、リンクを貼ってまとめることにした。ご参考まで。タイプミスも残るかも知れないが、ご寛恕のほどを。いずれにしても、市場原理主義が虚妄であったことが露呈した今、救国の社会経済政策を実施する好機である。当ブログの読者の皆様からのコメントを頂戴したい。また、最後に、ネットで流通が促進されることを目的とするので、転載を了承していただいた菊池英博先生に感謝する。

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/restoration-of-.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/restoration-o-1.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/restoration-o-2.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/restoration-o-3.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/restoration-o-4.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/restoration-o-5.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/restoration-o-6.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/restoration-o-7.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/restroration-of.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/restoration-o-8.html

人気ブログランキングへ

|

« Kuroshio 19 | トップページ | Bulletin »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/46928402

この記事へのトラックバック一覧です: Expanded Economy:

» 鳩山総理も「菊池英博さんのお話が聞いてみたい。」と思われたのかな(笑)。 [とくらBlog]
 金融庁のホームページにある記者会見の内容も大変興味深いですね。と、先日、書きましたが、今日、12月1日の亀井内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要(雑誌・フリー等の記者)をのぞいてみると、亀井さんが 今日、総理は、今からか、「菊池先生(菊池英博日本金融財政研究所長)と会って、ちょっとそういう人の話も聞くと」言っておられたけれども、今までのエコノミストというのは、本当に、皆さんの中にもいるかもしれないけれども、大蔵省(財務省)の財研のOBみたいなのが中心に、大学教授か何か知らないけれども、自分らが生... [続きを読む]

受信: 2009年12月 4日 17時39分

« Kuroshio 19 | トップページ | Bulletin »