構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Strategy Entrepreneur | トップページ | Postal Reform »

Moratorium

静岡県の田口さんが、産経新聞に送った意見である。徳政令とモラトリアムとを混同しているのではないかと指摘である。
「今日は。
12/3「1経済閣僚の100日」の中で、芳賀、藤沢記者が亀井金融相の項目で、『こう強弁した亀井だが
、最初にモラトリアムと”宣言”したのは事実』とあります。
しかしそもそもモラトリアムとは法令による支払猶予であって、室町時代の徳政令や江戸時代の棄捐
令のような借金棒引きとは違う。それがなぜ強弁になるのか。モラトリアムを徳政令と混同するのは
奇異と言うべきである。
去る9/29付けの「風を読む」でも御社・渡部裕明論説副委員長が、読者がモラトリアムと徳政令を同
一視しかねないような文章を書かれている。田舎新聞ならいざ知らず、御社の様なQuality
Paper における署名入りの記事で、このような混同が繰り返され、校正係もそれに気づか無いと言う
のは、いささか不可解な感じを受けます。」

|

« Strategy Entrepreneur | トップページ | Postal Reform »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/47167781

この記事へのトラックバック一覧です: Moratorium:

« Strategy Entrepreneur | トップページ | Postal Reform »