構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« History is not Propaganda | トップページ | Cardinal Principles 4 »

Cardinal Principles 3

国体の本義は、複数の執筆者が共同して執筆したとされる。その一人が、橋田邦彦で、当時東大医学部の教授であると共に、文部省の思想視学委員、同時に第一高等学校の校長を兼任していたという。昭和15年から文部大臣。敗戦後、戦犯に問われ、出頭を命じられると、「今回戦争責任者として指名されしこと光栄なり、さりながら勝者の裁きにより責任軽重を決せられるンことは、臣子の分として堪得ざる所なり、皇国国体の本義に則り茲に自決す」との遺書を残して服毒自決を遂げたという。(以上の部分は、佐藤優氏が立花隆氏と共著で出した本の部分で、同氏の新著「日本国家の神髄」の5頁で紹介している。)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A9%8B%E7%94%B0%E9%82%A6%E5%BD%A6

ご参考まで。

なお、国体の本義の紙のテキストは、なかなか入手困難であるが、電子版としてサイトがある。

http://www.j-texts.com/showa/kokutaiah.html

« History is not Propaganda | トップページ | Cardinal Principles 4 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Cardinal Principles 3:

« History is not Propaganda | トップページ | Cardinal Principles 4 »

2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

興味深いリンク