構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Environmental Terrorism 2 | トップページ | Disaster Privatization 9 »

Disaster Privatization 8

2005年の10月の記事である。http://www.nikkeibp.co.jp/archives/402/402221.html

2651:ローソン(11.00%)
4307:野村総合研究所(11.00%)
8253:クレディセゾン(8.00%)
8604:野村ホールディングス(11.00%)
8692:だいこう証券ビジネス(5.00%)
9062:日本通運(8.00%)
9065:山九(11.00%)
9086:日立物流(5.00%)
9302:三井倉庫(8.00%)
9613:エヌ・ティ・ティ・データ(11.00%)
9715:トランス・コスモス(11.00%)

の構成比率であったとの報道である。

当時から、日本通運が入っていることは注目される。このリストは、何を意味したのだろうか。株価が上がると利益が出る形と、下がると利益が出る形とあったが、結果はどうだろうか。もし、詳しい読者がおられれば、紹介いただけるとありがたい。

|

« Environmental Terrorism 2 | トップページ | Disaster Privatization 9 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/47226983

この記事へのトラックバック一覧です: Disaster Privatization 8:

« Environmental Terrorism 2 | トップページ | Disaster Privatization 9 »