構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Disaster Privatization 8 | トップページ | Disaster Privatization 10 »

Disaster Privatization 9

日本郵政と日本通運との合弁で設立されたJPエクスレスの去就が話題になってきているが、その一方の柱である、日本通運側に関係の深い政治家がいる。職歴の欄には、下記のように記載されている。http://www.senkyo.janjan.jp/diet/profile/0079/00079456.html

1971年    日本通運㈱入社
1974年    名古屋航空支店に転勤
1979年    愛知県議会議員選挙当選に伴い、休職
2008年

日本通運参与

http://www.asahi.com/politics/update/1023/TKY200910230484.html の記事には、「全日通労組出身の赤松広隆農水相は日本通運株を2万株持ち、「休職のまま60歳で退職を迎え、記念として退職金で出身会社の株を買った」と説明した。 」とある。退職するまで、県会議員、衆議院時代を含めて、日本通運は休職のままであったのだろうか。更に、2008年に日本通運の参与に就任したと上記の職歴には書いてある。

|

« Disaster Privatization 8 | トップページ | Disaster Privatization 10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/47227079

この記事へのトラックバック一覧です: Disaster Privatization 9:

« Disaster Privatization 8 | トップページ | Disaster Privatization 10 »