構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Thunder in spring | トップページ | True friends »

More Light

新春恒例の歌会始の儀が、皇居で十四日に開催されている。お題は昭和35年のお題と同じ「光」である。

御製(天皇陛下のお歌)
木漏れ日の光を受けて落ち葉敷く小道の

真中

(

まなか

)

草青みたり
皇后陛下御歌
君とゆく道の果たての

遠白

(

とほしろ

)

く夕暮れてなほ光あるらし

となっている。

英文訳も発表されている。

His Majesty the Emperor
Where rays of sunlight
Filter through the trees I see
In the middle of the path
Carpeted with fallen leaves
A clump of green grass growing.

(Background of the poem)
Their Majesties were taking a walk in the Fukiage Garden in the Imperial Palace Grounds when His Majesty saw that, where sunlight filtered through the trees, green grass was growing on the path. This poem describes that scene.

Her Majesty the Empress
As I walk by your side
The path stretches far ahead
Though 'tis now evening
Yonder in the distance
A glow of a lingering light.

(Background of the poem)
Her Majesty composed this poem around April last year when Their Majesties celebrated their 50th wedding anniversary. The poem is Her Majesty's impressions of a walk she took with His Majesty in the Imperial Palace Grounds early in the evening when some daylight still remained.

2万3346首の詠進歌が寄せられ、その内から10首を入選者としている。年齢順で発表されているが、最年長の入選者である古川信行(九十四歳)の歌である。、

燈台の光みゆとの報告に一際高し了解の聲

|

« Thunder in spring | トップページ | True friends »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/47308717

この記事へのトラックバック一覧です: More Light:

« Thunder in spring | トップページ | True friends »