構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Realities and Hopes | トップページ | Visibility »

Postal Crime

地検は巨悪疑惑「かんぽの宿」捜査に着手せよとの、ブログが掲載されている。

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-83e6.html

政治家の不動産購入問題が話題になっているが、かんぽの宿等の一括売却疑惑など、一連の郵政民営化をめぐる不正事件の捜査が着手されるべきであるとの主張である。

人気ブログランキングへ

|

« Realities and Hopes | トップページ | Visibility »

コメント

早く予算を上げ景気回復を。連立政権は今国会で売国奴悪徳官僚で炙り出し、疑惑売国奴は証人喚問を繰り返し繰り返しやらないと駄目だ。その為に政権与えたのだ。悪辣売国奴官僚と売国奴報道機関と売国奴は抹殺。それでも怒りが収まらないが。天誅。

投稿: 小笠原 | 2010年1月21日 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/47350825

この記事へのトラックバック一覧です: Postal Crime:

» 特権階級はいかに無能か?⇒闘いとはどういうものかが、全くわかっていない [日本を守るのに右も左もない]
「11/29なんでや劇場レポート(3)私権制度・騙し観念はいかにして突破されるのか?」では、次のように提起されている。 秩序崩壊という点で最も危険なのは、社会を統合する役割を担う特権階級の暴走。 暴走する階級を見て、大衆意識はどう変わるのか? 問題は、統合階級の無能視が大衆的に普遍化するかどうか? これがリトマス試験紙となる。 無能視が普遍化すれば、大衆は「自分たちが何とかしなければ」と意識転換する。 最近の検察の暴走については様々なブログで語られているが、ここでは「特権階級はどれだけ無能なのか?」... [続きを読む]

受信: 2010年1月26日 00時28分

« Realities and Hopes | トップページ | Visibility »