構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Corrupt Postal Privatization | トップページ | Thunder in spring »

Privatized War Machine

民営化された戦争とその代償 2010年1月10日、ニューヨークタイムズに掲載されていた意見の翻訳(多少の誤訳があるかも知れないが、そこはご愛敬で、ご寛恕を願いたい)

A federal judge in Washington, Ricardo Urbina, has provided another compelling argument against the outsourcing of war to gunslingers from the private sector.ワシントンの連邦地裁のリカルドウービナ裁判官は、戦争を民間人のガンマンにアウトソーシングすることに反対する説得力のある判決を出した。 In throwing out charges against Blackwater agents who killed 17 Iraqis in Baghdad's Nisour Square in September 2007, Judge Urbina highlighted the government's inability to hold mercenaries accountable for crimes they commit.昨年9月、2007年にバグダッドのNisour広場で十七人のイラク人を殺害したブラックウォーター社の社員を告発して、ウービナ判事は、政府が傭兵が犯した罪の責任を明らかにする能力が欠けていることを明らかにした。

Judge Urbina correctly ruled that the government violated the Blackwater agents' protection against self-incrimination.ウービナ判事は、政府が、ブラックウォータ社を自己が責任を負うことにならないように保護することは、法に違反していると正しく判示した。 He sketched an inept prosecution that relied on compelled statements made by the agents to officials of the State Department, who employed the North Carolina security firm to protect convoys and staff in Iraq.国務省がイラクにおける要員と移動の車列を守るために雇用したノースカロライナ州のセキュリティ企業の職員によって強制的に行われた発言に依拠しているため、検察の告発は不十分なものとなっていることを概括的に述べている。 That, he said, amounted to a “reckless violation of the defendants' constitutional rights.”つまり、ウービナ判事は、被告の憲法上の権利がとめどなく犯されている程度になっていると述べた。

During the presidential campaign, Barack Obama and Hillary Clinton competed over who would take the toughest line against mercenaries.大統領選挙では、バラクオバマ氏とヒラリークリントン氏は、どちらが、傭兵に対してより厳しい措置をとるのか競い合うほどであった。 It is clear that the only way for President Obama to make good on the rhetoric is to get rid of the thousands of private gunmen still deployed in Iraq, Afghanistan and elsewhere.これは、オバマ大統領が、唯一のレトリックを確認する方法は、未だに、イラク、アフガニスタンなどで展開されている、数千人の民間ガンマンを止めさせることである。

The killings in Nisour Square were hardly the first misdeeds by hired guns in Iraq, or the last. Nisour広場での殺人は、イラクで起きた最初の間違いでもないし、最後でもない。 The army has said contractors from firms like CACI International Inc. were involved in more than a third of the proven incidents of abuse in 2003 and 2004 in the Abu Ghraib prison.陸軍に依れば、CACIインターナショナル社などからの契約者が、アブグレイブ刑務所で2003年と2004年に起きたことがハッキリしている事件の3分の1以上に関与したとされる。 Guards from Blackwater — which has renamed itself Xe Services — and other security firms, like Triple Canopy, have been involved in other wanton shootings.ブラックウォーター社(キセノンサービスと社名を再変更している)のガードマンや他のセキュリティ企業であるトリプル社などが、その他の理不尽な銃撃事件に関与している。

On Jan. 7, two former Blackwater guards were arrested on murder charges stemming from a shooting in Afghanistan last May that left two Afghans dead. 1月7日、2人の元ブラックウォーター社のガードマンが殺人罪の容疑で、昨年の五月にアフガニスタンで発生して、2つのアフガニスタン人の死者を出した事件に関連して、逮捕された。

Still, the government has failed to hold armed contractors accountable.今なお、政府は武装した契約者の説明責任を保持することに失敗している。 When its formal occupation of Iraq ended in 2004, the Bush administration demanded that Baghdad grant legal immunity to private contractors.ときに、イラクの正式占領は2004年に終了したときに、ブッシュ政権は、バグダッド政府がそうした民間の契約者に法的な免除を与えるよう要求している。

Congress has tried to cover such crimes with American law.米国議会は、そのような犯罪は、アメリカの法のもとに置かれることを求めてきた。 The Military Extraterritorial Jurisdiction Act extends civilian law to contractors supporting military operations overseas, and the Uniform Code of Military Justice was broadened in 2006 to cover contractors.軍事域外管轄法が、海外での軍事作戦を支援する契約者に民間人の法律を適用するkとを求めており、統一軍事法典が層日sた契約者にも適用されるように2006年に拡大されている。

But the government has not prosecuted a single successful case for killings by armed contractors overseas.しかし、政府は武装請負業者による海外での殺人事件をひとつなりとも起訴したことがない。An Iraqi lawsuit against American military contractors by Iraqi victims of torture at Abu Ghraib was dismissed by a federal appeals court that said the companies had immunity as government contractors.アブグレイブ刑務所での拷問の末、イラクの被害者が米軍の請負業者に対してイラクで起こした訴訟に対して、連邦控訴裁判所は、政府の請負業者として免責されていると判断して却下している。

Furious that the Nisour Square case was dismissed, the Iraqi government said it might file civil suits in the United States and Iraq against Xe.Nisour広場事件が却下されたことに怒ったイラク政府は、キセノンに対して、米国やイラクで民事訴訟を起こす可能性があると述べている。 But its chances of success are not considered great.しかし、成功するチャンスはほとんどないと考えられる。 The families of many of the victims of the rampage accepted a settlement from Xe last week, worried that had they pursued their civil suit they might have gotten nothing. 乱射事件の犠牲者の多くの家族が、キセノンからの和解を受け入れたのであるが、民事訴訟を追求しても何も得ることがなかった可能性があることを心配していた。

There are many reasons to oppose the privatization of war.戦争の民営化に反対する理由はたくさんあります。 Reliance on contractors allows the government to work under the radar of public scrutiny.業者任せにしてしまうことは、国民の監視の目をかすめることになる。 And freewheeling contractors can be at cross purposes with the armed forces.そして、自由奔放な請負業者は、軍事力と目的が対立することになりかねない。 Blackwater's undersupervised guards undermined the effort to win Iraqi support.ブラックウォーターの監督の行き届かないガードの事件が、イラクの支持を売る努力を台無しにしたのである。But most fundamental is that the government cannot — or will not — keep a legal handle on its freelance gunmen.しかし、最も根本の問題は、、政府がフリーランスのガンマンに法のたがをはめることが出来ないことであるし、またそうすべきでもない、とことが根本の問題である。 A nation of laws cannot go to war like that.法の支配する国家であれば、そのような戦争を遂行することはできないはずである。

|

« Corrupt Postal Privatization | トップページ | Thunder in spring »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/47288479

この記事へのトラックバック一覧です: Privatized War Machine:

» 海上自衛隊のインド洋給油活動終了に伴う、実名での特別寄稿 [ガラス瓶に手紙を入れて]
「海上自衛隊のインド洋給油活動終了に伴う、実名での特別寄稿」 ◇◆本日の「特別寄稿」と寄稿者について◆◇ 明日1月15日、「テロとの戦い」を掲げ2001年12月から始まった、海上自衛隊のインド洋での外国艦艇への給油・給水活動が、新テロ対策特別措置法の期限切れに伴い、終了いたします。... [続きを読む]

受信: 2010年1月14日 12時05分

« Corrupt Postal Privatization | トップページ | Thunder in spring »