構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Cardinal Principle | トップページ | A Father in Texas »

Ambassador Bosworth

米国国務省の公式のビデオで、オバマ政権下の北朝鮮特別代表のボスワース大使の記者会見である。ボスワース大使は、フレッチャースクールの校長でもあるが、オバマ新政権の北朝鮮に対する取り組みの枠組みがよくわかる内容である。ビデオは二ヶ月前の物であるが、(2009年12月17日)、今日の報道によると、ボスワース代表が来日しているようであるから、六カ国協議の開催が動いていることを感じる。日本は、朝鮮半島における旧宗主国の立場を忘れることなく、東アジアの安定の為に貢献していく必要がある。六カ国協議の枠内での、2国間での関与が必要になっていることかもしれないが、日本は我関せずのダチョウ国家となってはいけない。拉致問題解決の為にも、六カ国協議の傘の元での積極外交を展開する必要があるのではないだろうか。

人気ブログランキングへ

|

« Cardinal Principle | トップページ | A Father in Texas »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/47675723

この記事へのトラックバック一覧です: Ambassador Bosworth:

« Cardinal Principle | トップページ | A Father in Texas »