構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Snow Festival | トップページ | New restrictions »

Ebb tide

フェルドマン氏のような、小泉・竹中政治の黒幕として、上げ潮派の論客として、活躍して、市場原理主義の横行を賛美して、また、経済のバブルの破綻が近いという引き潮を、上げ潮だとあおり立てて、日本経済を破壊する子とを助けた、経済予測屋さんが、名だたるロイター通信の解説者として登場するのは、おかしな話だ。反省があって然るべきである。拝金の徒には、恥知らずという言葉はないらしい。偏狭なナショナリズムで行っているのではない。無責任に構造改革と主張しながら、一部の連中だけが巨万の富をあげて、大多数が貧困に向かい、弱肉強食の世界があたかも理想の世界のように主張したのは、市場原理主義の奇怪な現象で、日本の国体に合わないから、主張しているので。英語で言えば、とでも言うところだろうか。

上記のコメントを、ロイター通信のロバート・フェルドマン氏のコラムに対して投稿した。英語で言えば、の次は、恥を知れ、シェイムオンユーと書くところだが、そこは省略した。いずれにしても、市場原理主義の残党が蠢いている。

http://blogs.jp.reuters.com/blog/2010/02/01/%e6%82%aa%e5%8c%96%e3%81%99%e3%82%8b%e3%83%87%e3%83%95%e3%81%a8%e5%af%be%e5%bf%9c%e7%ad%96/

|

« Snow Festival | トップページ | New restrictions »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/47457065

この記事へのトラックバック一覧です: Ebb tide:

» 特権階級の無能~「何のためにやるのか?」という目的意識の欠落と、パターン化思考 [日本を守るのに右も左もない]
「愚かすぎた軍事指導者への怒り」保阪正康氏によると、戦前の軍部中枢エリートたちは「何のために、この戦争をするのか?」ということも、「この戦争をいつ、どのように終わらせるのか?」ということも、ほとんど考えていなかったということだ。 ...... [続きを読む]

受信: 2010年2月 2日 10時52分

« Snow Festival | トップページ | New restrictions »