構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Flag in outer space | トップページ | Worst Ranking »

Indecent Interval

外国の団体が、郵政民営化の見直しについて、あらぬ意見を出したようである。そもそも、郵政民営化は、外国勢力が背後にあって、日本の国民資産を投機経済に投入しようとした、巨大な闇を背景に持つ策略があった物と考えられるが、この期に至っても、いまだになお、そうした勢力が暗躍していることを物語っている。共同記者発表の形をとっている。それが、26日になってネットに掲載されている。外国政府の関係者の来日が報道されていたが、この動きとも当然連動しているものと考えられる。日本でも、民主党は政権交代を果たしたにもかかわらず、外圧があれば、おろおろとする事態が続いているようである。

その共同記者発表なる原文を見てみたい。

American Chamber of Commerce in Japan

American Council of Life Insurers

Americas Health Insurance Plans

American Insurance Association

Association of Bermuda Insurers and Reinsurers

Canadian Life and Health Insurance Association

Coalition of Service Industries

Comité Européen des Assurances (Association of European Insurers and  Reinsurers)

European Business Council in Japan

Foreign Non Life Insurance Association of Japan

Property Casualty Insurance Association of America

U.S. Chamber of Commerce

U.S. - Japan Business Council

保険の団体が全面に出ているのは、予想されることであり、米国共和党の有力者であったキーティング氏が、全米保険協会の会長をやって、ブッシュ政権下で日本に簡易保険を廃止せよと言わんばかりの圧力をかけたことは、よく知られたことである。

WASHINGTON, Feb. 26 /PRNewswire-USNewswire/ -- On February 8, the  Government of Japan released a "Postal Reform Preliminary Draft" ("Preliminary  Draft") that lays out the government's framework for Japan Post restructuring. According to the  government, the contents of the Preliminary Draft constitute the basis for deliberations on a final government legislative draft to be submitted to the Diet in March 2010.

郵政改革素案に対する意見である。素案といっているが、試案であり、議論されていないで、副大臣が合意を得ずに出して、補足意見が出るほどの物で、私案だと指摘する者もいる。

The Preliminary Draft contemplates a number of measures that, if implemented, would be inconsistent with Japan's international obligations and best practices to provide a level playing field between the Japan Post entities and private banks, insurers, and delivery companies and to refrain from special favors that would give Japan Post an unfair competitive advantage. For example, it contemplates

日本の国際的な義務であると指摘しているが、本当にそうだろうか。勝手につくった基準を義務とされては困るし、ソンなことをアメリカの国民が聞いたら起こるのではないだろうか。郵政は、儲からない不採算なところでもサービスをするのですよ、アメリカの保険みたいに金持ちだけのためではない。国民の皆保険制度すらない医療後進国の団体がいろいろと注文をつけるのは奇異な現象である。ある外国の友人は、報告書の英文を読むと傲慢な表現が多いと指摘した向きがあるが、文字通りの傲慢としか言いようがないのではないだろうか。いま、オバマ大統領は、国民皆保険の医療制度を導入しようとして必死の活動をしている。日本では、ユニバーサルサービスの存立を失わせるような議論を平気でする。こうした団体の活動はいかなる根拠で行われているのだろうか。その国の国民の支持を受けているとはとうてい思えない。:

Implementing special  measures such as exemptions from consumption taxes, stamp taxes, etc., to  compensate the Japan Post Group for the costs it incurs as a result of universal service obligations imposed by the government.

ユニバーサルさーびすのコストを、減税で負担するのは当然のことではないのか。アメリカでは、郵便は国営で、補助金すら投入しているのではないのか。

  • Raising or eliminating the per-person deposit and coverage limits currently imposed on Japan Post Bank and Japan Post Insurance's businesses.
  • 限度額を上げるのも、必要かもしれない・制約があったにしても、   
  • Permitting the Japan Post entities to enter new business areas, including those where foreign  companies are strong.
  • 外国企業が強い分野と書いているが、何のことはない、第三分野の保険のことで、AIGの政治的な圧力で、外資企業に租界のように、日本の会社すら入り込めないような分野を金融庁の官僚と結託してつくって、巨万の富をあげた構造のことを言っているのではないだろうか。もし、そうしたことを、閉鎖的にして特権を確保していて、それを政府の公務員が支援してきたことが、わかれば、民主主義国の国民であれば怒るのではないだろうか。日本には、アメリカのマスコミの記者もたくさんいると思うので、少しは、公平に記事を書いてほしいところである。
  • Providing Japan Post Bank, Japan Post Insurance, and Japan Post Services special legal and regulatory exemptions, including from provisions of the Banking Law, Insurance Business  Law, and Road Traffic Law
  • 当然、業法からはずすべきものである。.
  • Allowing Japan Post to compete on an un-level playing field with foreign express delivery  companies. これは、いいがかりである、各国とも、EMSという国際高速郵便サービスがあり、どの国も、それが不公正な競争になっているなどという政府はいない。アメリカの国内で、郵政当局のサービスが、フェデラルエクスプレスと、不公平なサービスになっていると指摘する者があるだろうか。外国で違うことを言うのを二枚舌といい、英語では、ダブルスタンダードと言うのではないのか。

For  years, industry groups have engaged Japan regarding Japan Post reform, repeatedly emphasizing the need to establish a level playing field with the private sector across the broad spectrum of Japan Post's competitive services, including banking, insurance, express delivery, and other services. Industry groups have long expressed the view that there should be no new or modified products or services introduced by Japan Post until a level playing field is established between Japan Post and private companies in accordance with Japan's international obligations.

>This statement is totally misleading and somewhat together with a flavor of arrogance.

A friend of this Blog, who happened to be an American once commented that the sentences of reports published by the business clubs in Tokyo are somewhat pressing and with a lopsided attitude of superiority complex.

While protecting one's field as a kind of ghetto, such as the third area of life insurance, only pemitted for the foreing interests, it is unfair to demand the regulation of the public services which were half destroyed by the Koizumi-Takenaka governmet which were ferventely supported by the organizations listed now

The organizations listed above – representing a broad and global group of stakeholders – have a large stake in any restructuring of Japan Post.

>They cannot be the most important stakeholders/ Japanese nationals and citizens and customers should be served first.

The organizations strongly urge the Government of Japan to use the time remaining before the new postal legislation is finalized as an opportunity to ensure a level playing field. In this effort, we urge the governments involved to commit to a process with Japan that facilitates the adoption of such measures and would bring Japan into full compliance with its national treatment obligations under the General Agreement on Trade in Services  (GATS), a cornerstone of multilateral efforts to liberalize international trade in services, as well as adoption of international best practices of open competition to benefit consumers – before existing restrictions on Japan Post are removed or it is allowed to expand its existing operations or enter new lines of business.

>It is ridiculous to rely on the GATs agreement which is not respected in one's own coutries, where postal services are not included in teh government procurement services.Market fundamentalism to destroy the balance of a society should not be applied to the public services such as the Japan Post

>This blog sincrely wishes that the members of those organization will see the famous movie of The Capitalism ---a love story , released by Michael Moore. Luckily agents of those prestigious organizations in Tokyo can also enjoy the movie because it is now released in theaters nationwide in Japan.

Joint statement against the Postal Reform in Japan is miserably unfounded. Activities of those forein economic entities agents should be regulated in accordance with the international law and obligations such as non intervention into the domestic affairs.

>

SOURCE American Council of Life Insurers

|

« Flag in outer space | トップページ | Worst Ranking »

コメント

最近あちらこちらのブログで驚くような情報が満載で、恐怖すら覚えます。
米保険業界のこうした活動とトヨタ・リコール問題、小沢幹事長不起訴などが繋がっているように思えますが、日米間で何か取引があったのでしょうか?何のための政権交代だったのか、と絶望的な気分になります。国民がもっと声を上げ、鳩山政権を応援しないといけませんね。

投稿: akko | 2010年3月 1日 19時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/47688658

この記事へのトラックバック一覧です: Indecent Interval:

« Flag in outer space | トップページ | Worst Ranking »