構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

Bad idea, most of the time

オバマ大統領は、、アメリカの郵政の民営化はどうかと聞いて、悪い考えだと一蹴する。ユニバーサルサービスを民間企業が儲からないことで、やるだろうかと答える。

President Obama said in an interview posted on YouTube on Feb. 1 that privatization of the USPS would be a “bad idea.” He made the comment during a round of quick answers to questions posed by citizens.

When asked if he would consider allowing the private sector to buy and run troubled federal agencies such as the Postal Service, Obama said privatization is a “bad idea most of the time.”

Regarding the Postal Service, he said, “Everybody would love to have that high-end part of the business,” such as business-to-business delivery. But private companies would not want responsibility for the other services that the Postal Service provides, such as delivering a postcard to a remote area.

The USPS provides universal service, the president said, and private companies would not.

http://www.youtube.com/watch?v=0pqzNJYzh7I#t=11m52s

そのリンクが、上記の通りである。11分52秒からはじまる。

人気ブログランキングへ

ただし、番組全体も興味深い。アメリカの国内政治は激しい対立状況にあるが、その争点が何であるかがよくわかる。深刻な問題があり、それに取り組むオバマ大統領の決意と行動がよく理解できる。それにしても、国民皆保険制度を早く確立した日本に対して、簡易保険制度をやめろなどと行ってきた米国前政権に追従して、日本で郵政民営化で、国民の補完的な保険制度として確立していた郵便局の簡易保険制度をつぶしてしまったことなどは、笑止千万としか言いようがない。日本の優れた医療制度はずたずたにされてしまったが、外国の水準よりははるかにいい状態にあることがよくわかる。アメリカには医療保険がなく、まともな医療を受けられない人が、4000万人以上もいるのだ。

Worst Ranking

小泉竹中政治の業績表がネットにありました。


   GDP下落率----------------歴代総理中№1
   自殺者数------------------歴代総理中№1
   失業率増加----------------歴代総理中№1
   倒産件数------------------歴代総理中№1
   自己破産者数--------------歴代総理中№1
   生活保護申請者数----------歴代総理中№1
   税収減--------------------歴代総理中№1
   赤字国債増加率------------歴代総理中№1
   国債格下げ----------------歴代総理中№1
   不良債権増----------------歴代総理中№1
   国民資産損失--------------歴代総理中№1
   地価下落率----------------歴代総理中№1
   株価下落率----------------歴代総理中№1
   医療費自己負担率----------歴代総理中№1
   年金給付下げ率------------歴代総理中№1
   年金保険料未納額----------歴代総理中№1
   年金住宅金融焦げ付き額----歴代総理中№1
   犯罪増加率----------------歴代総理中№1
   貧困率--------------------ワースト5国に入賞
   民間の平均給与------------7年連続ダウン
   出生率--------------------日本史上最低
   犯罪検挙率----------------戦後最低
   所得格差------------------戦後最悪
   高校生就職内定率----------戦後最悪」

人気ブログランキングへ

Indecent Interval

外国の団体が、郵政民営化の見直しについて、あらぬ意見を出したようである。そもそも、郵政民営化は、外国勢力が背後にあって、日本の国民資産を投機経済に投入しようとした、巨大な闇を背景に持つ策略があった物と考えられるが、この期に至っても、いまだになお、そうした勢力が暗躍していることを物語っている。共同記者発表の形をとっている。それが、26日になってネットに掲載されている。外国政府の関係者の来日が報道されていたが、この動きとも当然連動しているものと考えられる。日本でも、民主党は政権交代を果たしたにもかかわらず、外圧があれば、おろおろとする事態が続いているようである。

その共同記者発表なる原文を見てみたい。

American Chamber of Commerce in Japan

American Council of Life Insurers

Americas Health Insurance Plans

American Insurance Association

Association of Bermuda Insurers and Reinsurers

Canadian Life and Health Insurance Association

Coalition of Service Industries

Comité Européen des Assurances (Association of European Insurers and  Reinsurers)

European Business Council in Japan

Foreign Non Life Insurance Association of Japan

Property Casualty Insurance Association of America

U.S. Chamber of Commerce

U.S. - Japan Business Council

保険の団体が全面に出ているのは、予想されることであり、米国共和党の有力者であったキーティング氏が、全米保険協会の会長をやって、ブッシュ政権下で日本に簡易保険を廃止せよと言わんばかりの圧力をかけたことは、よく知られたことである。

WASHINGTON, Feb. 26 /PRNewswire-USNewswire/ -- On February 8, the  Government of Japan released a "Postal Reform Preliminary Draft" ("Preliminary  Draft") that lays out the government's framework for Japan Post restructuring. According to the  government, the contents of the Preliminary Draft constitute the basis for deliberations on a final government legislative draft to be submitted to the Diet in March 2010.

郵政改革素案に対する意見である。素案といっているが、試案であり、議論されていないで、副大臣が合意を得ずに出して、補足意見が出るほどの物で、私案だと指摘する者もいる。

The Preliminary Draft contemplates a number of measures that, if implemented, would be inconsistent with Japan's international obligations and best practices to provide a level playing field between the Japan Post entities and private banks, insurers, and delivery companies and to refrain from special favors that would give Japan Post an unfair competitive advantage. For example, it contemplates

日本の国際的な義務であると指摘しているが、本当にそうだろうか。勝手につくった基準を義務とされては困るし、ソンなことをアメリカの国民が聞いたら起こるのではないだろうか。郵政は、儲からない不採算なところでもサービスをするのですよ、アメリカの保険みたいに金持ちだけのためではない。国民の皆保険制度すらない医療後進国の団体がいろいろと注文をつけるのは奇異な現象である。ある外国の友人は、報告書の英文を読むと傲慢な表現が多いと指摘した向きがあるが、文字通りの傲慢としか言いようがないのではないだろうか。いま、オバマ大統領は、国民皆保険の医療制度を導入しようとして必死の活動をしている。日本では、ユニバーサルサービスの存立を失わせるような議論を平気でする。こうした団体の活動はいかなる根拠で行われているのだろうか。その国の国民の支持を受けているとはとうてい思えない。:

Implementing special  measures such as exemptions from consumption taxes, stamp taxes, etc., to  compensate the Japan Post Group for the costs it incurs as a result of universal service obligations imposed by the government.

ユニバーサルさーびすのコストを、減税で負担するのは当然のことではないのか。アメリカでは、郵便は国営で、補助金すら投入しているのではないのか。

  • Raising or eliminating the per-person deposit and coverage limits currently imposed on Japan Post Bank and Japan Post Insurance's businesses.
  • 限度額を上げるのも、必要かもしれない・制約があったにしても、   
  • Permitting the Japan Post entities to enter new business areas, including those where foreign  companies are strong.
  • 外国企業が強い分野と書いているが、何のことはない、第三分野の保険のことで、AIGの政治的な圧力で、外資企業に租界のように、日本の会社すら入り込めないような分野を金融庁の官僚と結託してつくって、巨万の富をあげた構造のことを言っているのではないだろうか。もし、そうしたことを、閉鎖的にして特権を確保していて、それを政府の公務員が支援してきたことが、わかれば、民主主義国の国民であれば怒るのではないだろうか。日本には、アメリカのマスコミの記者もたくさんいると思うので、少しは、公平に記事を書いてほしいところである。
  • Providing Japan Post Bank, Japan Post Insurance, and Japan Post Services special legal and regulatory exemptions, including from provisions of the Banking Law, Insurance Business  Law, and Road Traffic Law
  • 当然、業法からはずすべきものである。.
  • Allowing Japan Post to compete on an un-level playing field with foreign express delivery  companies. これは、いいがかりである、各国とも、EMSという国際高速郵便サービスがあり、どの国も、それが不公正な競争になっているなどという政府はいない。アメリカの国内で、郵政当局のサービスが、フェデラルエクスプレスと、不公平なサービスになっていると指摘する者があるだろうか。外国で違うことを言うのを二枚舌といい、英語では、ダブルスタンダードと言うのではないのか。

For  years, industry groups have engaged Japan regarding Japan Post reform, repeatedly emphasizing the need to establish a level playing field with the private sector across the broad spectrum of Japan Post's competitive services, including banking, insurance, express delivery, and other services. Industry groups have long expressed the view that there should be no new or modified products or services introduced by Japan Post until a level playing field is established between Japan Post and private companies in accordance with Japan's international obligations.

>This statement is totally misleading and somewhat together with a flavor of arrogance.

A friend of this Blog, who happened to be an American once commented that the sentences of reports published by the business clubs in Tokyo are somewhat pressing and with a lopsided attitude of superiority complex.

While protecting one's field as a kind of ghetto, such as the third area of life insurance, only pemitted for the foreing interests, it is unfair to demand the regulation of the public services which were half destroyed by the Koizumi-Takenaka governmet which were ferventely supported by the organizations listed now

The organizations listed above – representing a broad and global group of stakeholders – have a large stake in any restructuring of Japan Post.

>They cannot be the most important stakeholders/ Japanese nationals and citizens and customers should be served first.

The organizations strongly urge the Government of Japan to use the time remaining before the new postal legislation is finalized as an opportunity to ensure a level playing field. In this effort, we urge the governments involved to commit to a process with Japan that facilitates the adoption of such measures and would bring Japan into full compliance with its national treatment obligations under the General Agreement on Trade in Services  (GATS), a cornerstone of multilateral efforts to liberalize international trade in services, as well as adoption of international best practices of open competition to benefit consumers – before existing restrictions on Japan Post are removed or it is allowed to expand its existing operations or enter new lines of business.

>It is ridiculous to rely on the GATs agreement which is not respected in one's own coutries, where postal services are not included in teh government procurement services.Market fundamentalism to destroy the balance of a society should not be applied to the public services such as the Japan Post

>This blog sincrely wishes that the members of those organization will see the famous movie of The Capitalism ---a love story , released by Michael Moore. Luckily agents of those prestigious organizations in Tokyo can also enjoy the movie because it is now released in theaters nationwide in Japan.

Joint statement against the Postal Reform in Japan is miserably unfounded. Activities of those forein economic entities agents should be regulated in accordance with the international law and obligations such as non intervention into the domestic affairs.

>

SOURCE American Council of Life Insurers

Flag in outer space

http://twitpic.com/15f4jz

国旗とJapanの国名とが、宇宙ステーションの銀色のところにある。宇宙飛行士の野口聡一氏の撮影だ。飛行中のつぃったーだから驚く。

Tainan and Japan

映像は一目瞭然である。気合いの入った建築物である。台南の鳳凰木を日本人が都市景観を作るために植えたとは知らなかった。

Privatization Propaganda

http://electronic-journal.seesaa.net/article/142003842.html

Indecent Interval

下記のような報道である。2月25日

「米通商代表部(USTR)のカトラー代表補と大塚耕平内閣府副大臣が、政府が今国会に提出予定の「郵政改革法案」の素案をめぐって会談した。カトラー氏は、民営化の見直しや立法にあたって、日本政府は米政府の意向とともに、国際社会に負っている自らの責務を考慮すべきだと主張した。米国大使館によると、カトラー氏は日本郵政グループの保険、貯金、郵便の3事業が民間企業に比べて優遇されてきたと強調。見直しではあくまで日本郵政グループと民間企業との間での公平な競争条件を確保するよう求めた、という。」

なにか、米側代表も、日本側副大臣も、旧政権時代の主張をしているようである。国際社会に負っている云々などは思い上がりも甚だしいし、優遇されてきたのは、米国系の保険会社なのではないのか、的外れも甚だしい。企業間の公平な競争条件の話ではない。米国の会社が租界を作っていることの方が問題なのではないのか。郵政見直しは、日本の国柄を維持すするために共同体をどう構築するかの見直しである。米国の利権を守るためではない。外国勢力は内政干渉をやめるべきであるし、日本側の副大臣も、金融システムの安定などの為に郵政見直しがあると考えているのであれば、政権交代の意味を理解しないことと同じである。国益を追求すべきであり、外国勢力に屈服することではない。なにか、竹中大臣が、ぜーリック代表に会ったときにも似ているような状況であるが、議事録などは早く公表して裏取引がないようにお願いしたいものである。 米側から、郵政民営化を強行しようとしたぜーリックと竹中との議事録を公表したらどうだろうか。

人気ブログランキングへ

Toyota Hearing

アルジャジーラの動画像である。トヨタ社長の主張は明快である。これまでの経営が間違っていたことを認めている。安全、品質、販売量の、順番が混乱していたと発言している。

人気ブログランキングへ

Rhonda Smith

The Wall Street Journal

The Lexus sedan driven by Rhonda Smith, who testified in Congress Tuesday about a harrowing incident of sudden acceleration, is still on the road, according to the National Highway traffic Safety Administration.

In fact, the new owners of the luxury ES350 sedan have reported 27,000 miles trouble-free with the vehicle, according to a NHTSA spokeswoman. Mrs. Smith and her husband sold the vehicle after the incident, in which she thought she might die.

A Father in Texas

おもしろい動画だ。はっきりした主張である。

Ambassador Bosworth

米国国務省の公式のビデオで、オバマ政権下の北朝鮮特別代表のボスワース大使の記者会見である。ボスワース大使は、フレッチャースクールの校長でもあるが、オバマ新政権の北朝鮮に対する取り組みの枠組みがよくわかる内容である。ビデオは二ヶ月前の物であるが、(2009年12月17日)、今日の報道によると、ボスワース代表が来日しているようであるから、六カ国協議の開催が動いていることを感じる。日本は、朝鮮半島における旧宗主国の立場を忘れることなく、東アジアの安定の為に貢献していく必要がある。六カ国協議の枠内での、2国間での関与が必要になっていることかもしれないが、日本は我関せずのダチョウ国家となってはいけない。拉致問題解決の為にも、六カ国協議の傘の元での積極外交を展開する必要があるのではないだろうか。

人気ブログランキングへ

Cardinal Principle

夫婦別姓の問題について、亀井静香議員が説明している。動画のサイトは、ジャーナリストの岩上安身氏のサイトに掲載された画像である。

人気ブログランキングへ

Indecent Interval

総務省の顧問の人数が多いとして問題にする新聞記事があった。この記事の意図するところは何だろうかと憶測すると、やはり、郵政民営化の問題について検証されることが困る勢力がいるのではないか、その勢力の肩を持って、総務省の顧問になった、特に郵政民営化の問題を追及しながら落選してしまった複数の前議員の評判をおとしめようとの意図が働いている可能性がある。その一人である保坂前衆議院議員、総務省顧問はブログで反論している。総務省による郵政民営化の検証については、民営化の闇が明るみに引き出されることを何とか拒みたい勢力が、いろいろな攻撃をしている可能性が高い。一部マスコミには、小泉・竹中政治の政治宣伝のお先棒を担いだ残党が未だに跋扈している気配である。

「以下引用、http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/0f7b134dd8240723d9accdb51ffd6642からである。

(前略)昨日の読売新聞に私も含めた前国会議員が「総務省顧問」として高額日当を得ているとの記事が載った。「どこどこ日記」でも公開しているように、秘密裏に「総務省顧問」に就任したわけではない。新聞各紙には、昨年10月の就任時にも私の名前も新聞記事に出ているし、2月に始まった「郵政ガバナンス検証委員会」(郷原信郎委員長)の構成メンバーに総務省顧問として入っていることも各紙の記事になっている。こうした周知の事実を、いかにも「潜り込んでいた輩が発覚」かのように書くのは失礼な話だ。

〔引用開始〕

高額日当、総務省顧問に国会議員OB11人

 原口総務相が政策立案のアドバイザーとして任命した総務省顧問21人のうち、昨年の衆院選で落選するなどした国会議員OBが11人を占めていることを野党が問題視している。

 2日には顧問の1人で、全国町村会長の山本文男・福岡県添田町長が贈賄容疑で逮捕された。原口氏は2日、事務方に事実関係の調査と対応策の検討を指示したが、今後、顧問の選任の妥当性をめぐって議論を呼びそうだ。

 OBは、国民新党の亀井久興・前幹事長や社民党の保坂展人・前衆院議員ら連立政権3党に関係の深い人や、河村たかし・名古屋市長ら民主党の同僚議員だった人が多い。顧問にはこのほか、検察に批判的な元検事で弁護士の郷原信郎氏もいる。

 顧問は非常勤国家公務員で、同省組織規則に基づいて総務相が任命する。2時間以上の勤務で日当2万200円、2時間未満で1万100円が支給され、旅費は実費で支払われる。定員はない。

 顧問は自民党政権下の総務省にもいたが、基本的には次官や総務審議官などの幹部職員が退職後に1人か2人就くポスト。佐藤勉・前総務相時代には次官OBの滝野欣弥・現官房副長官ら2人だった。

 野党は、国会議員OBの大量起用に、「人選が偏っている。まるで落ち穂拾いだ」(公明党参院議員)と批判している。

 ◆国会議員OBの総務省顧問=前衆院議員亀井久興、同保坂展人、元衆院議員水島広子、同八代英太、名古屋市長河村たかし、大分市長釘宮磐、岩手県知事達増拓也、前横浜市長中田宏、松山市長中村時広、神奈川県知事松沢成文、東京都杉並区長山田宏(敬称略)

(2010年2月3日22時48分 読売新聞

〔引用終了〕

「高額な日当」として頂いたのは、1月に「11月分・9万円」(交通費込・旅費は遠距離出張の場合のみ。今のところ該当なし)が振り込まれただけで、12月分も確認していないが似たような金額のはず。顧問と言っても、総務省に遊びに行っているわけではない。昨年から準備作業を重ね、今年からは郵政ガバナンス検証委員会委員として、「総額2兆7千億円」の郵政不動産の転変を検証する仕事をしている。「郵政民営化は国民のための改革です」という巨大なアドバルーンに刻まれている「改革」の正体を見極めるという大切な仕事だと思っている。

 議員バッジを外した私に、こうした機会を与えてくれた原口一博総務大臣には感謝をしている。国会事務所で昨年の今頃、総力をあげて調査していた「かんぽの宿・郵政民営化検証」に関するファイルは、立派に役立っている。もちろん私は、企業会計や不動産取引の専門家ではない。ただ、こうした問題を調査するにあたって「政治的なまなざし」は必要だと思っている。なぜなら、「郵政民営化」も政治的に仕組まれてきたからだ。平面に見える事業に、政治の描いた「裏技」や「けもの道」が隠れているとすれば、弁護士や税理士よりも私たちの方がピックアップする訓練を受けている。

 どんな仕事をしているかについて、具体的に触れることは「職務上の守秘義務」の関係で難しいが、スタンスや趣旨は明確に伝わることと思う。まだまだ、新自由主義に連なる「旧勢力」が大きな顔をしているメディアや評論家が多いので、基礎的復習をしておきたい。郵政問題で竹中平蔵氏は、「郵政は民営化されたのだから、国があれこれ口を出すのはおかしい」とテレビで言い続けたが、西川体制の中で起きていたことは民間会社ではありえないほどズサンだった。

 その一例が「かんぽの宿等一括譲渡手続き」をネットで「競争入札」と偽装していたことだ。私が予算委員会で解明したように、この手続きに「入札日・時刻」はなく、何段階かに分けてエントリーした会社を審査し、そして絞り込んでいくという企画提案型随意契約だった。つまり「競争入札」と公示すれば、一般競争入札のことを意味するので、偽装表示に相当する。役所が偽装表示すればペナルティがあるし、民間企業であれば市場を欺いたと制裁が加えられる。しかし、「官」でもなく、「民間」でもない日本郵政グループは、ヌエのように偽装表示をして各新聞に「競争入札」書かせて平然としている存在だった。

 今後も「総務省顧問」にふさわしい仕事をして、「国民共有の財産の保護」と「郵政事業の堅実な持続」に寄与できるように、堂々と郵政ガバナンス検証に励みたい。」

人気ブログランキングへ

China Today

長い名前の本である。増長し、無限に乱れる「欲望大国」中国のいま、と題して、石平氏と宮崎正弘先生とが、対談する。昨年の九月の、軍事パレード直前の北京と、上海を旅しながら、二人で、現代の中国の実態について解説していく。石平氏のホームページがあったので、ご参考まで、http://www.seki-hei.com/

http://archive.mag2.com/0000267856/index.html

さて、その本の中身を、目次から紹介しておくことにする。

第1章 中国経済はその場しのぎの火の車

そして、誰もいなくなった、中国経済はネズミ講、GDPはインチキだ、物件をかって翌日転売、半円官で7.4兆元という前代未聞の放漫融資、人民元は大暴落する、いまやアメリカと中国とは運命共同体、にっちもさっちもいかない通貨政策、投機が大好きな中国人、二極化する国内産業、いまやメイド・イン・アンゴラ、生産過剰の鉄が一億トン、「アフリカは中国大陸か?」、米中でG2を作る時代、延命措置を講じているだけの中国経済、トラックいっぱいのお札でコッペパンひとつ、悪性のスパイラルがはじまる?

第2章 民主化運動は遠き日の夢

文革時代のセンチメンタルジャーニー、毛沢東時代を懐かしむ貧しき人々、天安門事件と08憲章、民主主義を忘れた知識人たち、典型的な中国知識人の三つのタイプ、不満をすり替えるには、台湾を攻める、インターネットの力に共産党が負けた、政権がコントロールできない空間の誕生、日本の財界は甘すぎる

第3章 「堕落国家」のあくなき欲望

地下鉄でもバスでも、誰も席を譲ってくれない、玉座に座る毛沢東と周恩来、解釈権は胡錦濤にある、中国の全国民が堕落している、共産主義も一神教、民主化運動発祥の地・北京大学図書館前庭、わが初恋の湖、学長までが他人の論文を盗む、金持ちは女子大生の愛人をもつ、無限に乱れる中国人、就職証明書がなければ、卒業証書をもらえない、ここには優秀な中国人、だが、ヤミ金融に頼る中小企業、宗廟信仰は完全に消滅した、

第4章 ポスト胡錦涛、血みどろの闘い

軍事委員会副主席になれなかった習近平、ポスト胡錦濤をめぐって大戦争がはじまる、豪腕!薄熙来、習近平と李克強とは口もきかない、胡錦濤と温家宝の身内のスキャンダル、いまなお皇帝行程気取りの江沢民、民族の基軸になるようなものが存在しない、古代と現代しかない中国、

第5章 日本人よ!隣りは戦争賛美の国だ

中国人民革命は買弁グループ同士の戦い、悪魔と手を結んだ孫文、1949年、匪賊が天下取りに成功した、自慢話は、十倍、百倍、戦争ところ試合を奨励する展示館、敵を分散せず、日本一国にしぼる、日本だけには負けたくない、という気持ち、戦争を賛美する国が隣に存在する、

第6章 上海にバベルの塔を見た!

無用の長物だった万里の長城、ブタ小屋の材料に使われた長城のレンガ、いちばん立派なのは共産党の建物、モダンな都市と旧態依然の政治体制と、アメリカよりも進んだコマーシャル産業、政治を無視しても生活が成り立つ、万里の長城の崩壊をみることができるかもしれない、

石平氏が、後書きを書いているが、「中国の民主化は依然として実現しておらず、私たちが痛恨した共産党の独裁政権は依然としてその猛威を振るっている。」と書き、「中国共産党がそのまま強大化していけば、わが日本国の安全保障が根底から脅かされるのではないかという憂慮は、中国問題を考える際の一つの出発点となっているのである」と書いている。

人気ブログランキングへ

Opinion survey

昨年の五月に有志の国会議員が、郵政民営化の闇に関連して、刑事告発を行った。政権交代があったにも関わらず、どうなったのか、動きを知ることが出来ない。

再度、アンケートを当ブログで紹介して、関心を高めることにしたい。

Right before the Dawn

夜明け前だ。先の見えない激動期であればあるほど、精神主義に堕することなく、四海の状況を的確に把握して、国民に過不足なく情報開示して、冷静に彼我の力を分析して対処することが大切である。自らの力を過信して国民に弱点を伝えないマスコミの横行を許し、小村寿太郎や金子堅太郎の尽力を虚しくして、坂を下り始める端緒となったのが、日露戦争後の日比谷焼打ち事件であった。その悲劇を繰り返してはならない。
 当時の指導者は、政治も軍事も、前線にある参謀も、刀を鞘に納める時期を気にする謙遜を心得ており、事大主義の毒はなかった。小村はハーバード大学を最初に卒業した日本人で、金子もワシントンやボストンに友人を持っていた。ヨーロッパ各国にも、情報能力に長けた外交官や軍人を配置していた当時の日本国の対外情報力と比べて、現在の経済大国日本の能力はどうだろうか。国運を賭ける留学生の数はめっきり減ったし、企業も外国派遣の俊秀の教育を怠り、国内の処世術に長けた人士が登用される内向きの雰囲気である。
「常識ある主脳力の存在しなかった事、往年の山縣、大山、山本権兵衛、と云うような大人物に欠け、政戦両略の不充分の点が多く、且軍の主脳者の多くは専門家であって部下統率の力量に欠け所謂下剋上の状態」になってはいないか。
 世界第二の経済大国になっても、外国依存の戦後体質が染み付いており、自民党政権下の対米追従に対する厳しい批判があっても、いつまで外国軍隊の駐留を認めるのかとの疑問が湧き起こっても、まともに応えることができないのが現況である。失われた20年の中では、同盟国からの市場原理主義の提唱に疑義をはさむことをせず、特に冷戦後の一国主義にエルビスプレスリーの物まねで追従し、金閣寺で足利義満ならぬ日本国王もどきの接待に追われたことは、慙愧に堪えない。
 郵政民営化の時に、自動車会社の社長が鉢巻をして刺客選挙を大勝させたにもかかわらず、経済危機の中で単なる外国企業の扱いしか受けないのは、国際関係が冷厳であるばかりではなく、小村や金子のような、外国の中枢に近接できる人材が民間に欠けている事態を露呈している。ASEAN諸国連合を創設してシナの台頭に備えたアジアの知日派の指導者が、日本の経済大国化と日本のプレゼンスとの関連性の薄さを指摘していたが、どうやらアジアの兄弟友人も減ったようだ。前の湾岸戦争で、日本人がサダム大統領のゲストになった事例で明らかになっていた。木造の掃海艇がインド洋の波涛を越えるときに海運会社が横目にしただけで、航空会社も緊急脱出の用意をしなかったことではっきりしていた。決死の着陸をして、日本人を救出したのは、トルコの航空会社であった。「陸海軍の不一致」のように、国策になればなるほど、官民非協力の、根拠のない民業圧迫論がはびこった。
 同盟国の米国で大きな政治的な地殻変動があったからには、同盟の価値と意義とを再定義して再確認をしなければ、日英同盟のように空洞化していくことは必定である。経済的には、米中間の方が準同盟になっているのではないのか。米国はもはや、居丈高な一国主義をとらないことを明言しているが、オバマ大統領の提唱する核のない世界が、東京裁判史観などを変更する契機を秘めているのか、日米関係をどう再構築していくのか、同盟の相手国の国内の変化は、むしろ好機であるとしてが米国の研究を開始すべきである。
 残念ながら、中枢の対米研究所が一つもないのが日本の現状である。シナは、全米各地に孔子学院を展開して政治宣伝を強化している。日露戦争の最中に、日米間でフィリピンをめぐる密約が交わされたが、最近の軍事的な膨張と海洋進出は、決定的な不安定要因として働くことになるから、太平洋地域における米中関係の将来を見極めることも、日本の存立の基本条件として肝要である。
 経済進出ばかりが重宝されたが、そろそろ対外政略の研究を振興すべきである。ウィグル、モンゴル、チベットなどから、圧政で日本に逃れる人士も増えているから、勇者を日本の国柄に共鳴する友人として支援することも必要である。太平洋の分割の野合が現実化するとは思われないが、現実の脅威から目をそむけるようなダチョウ国家になってはならない。いずれにしても、経済力ばかりでなく、持てる力の全てを冷厳に評価・判定する必要があり、特に軍事力については、自立・自尊の方向で、ただ乗り論など早々に遺棄すべきではないのか。外交能力の強化も、喫緊の課題である。米国は30年代の混乱の中で、外交官養成学校などを本格的に創設しているが、経済低迷の渦中の今こそ、大東亜戦争直前に設立した中野学校などを先例としながら、官民の別なく、地球的な視野を備えた専門人材増強に踏み切ることが課題である。「兵法の研究が不充分であったいう事、即孫子の、敵を知り、己を知らねば、百戦危うからずという根本原理を体得」することである。
 昭和12年に刊行された「国体の本義」の主張の如くに、神がかり的な狭隘なナショナリズムを排して、科学の力に基礎をおいた合理的な思考回路を国民的に涵養することが必要である。現代日本の繁栄は合理的な思考で、ものづくりで西洋世界に伍しているからである。金融立国などと騒いだ割には、外国勢力に収奪されただけで終わったが、劣っているのであれば、シティやウオォールストリートで徒弟になって、習得する以外にない。フランスは、城壁の階段を登ることのできるシトロエンを作り、ドゴール将軍のディアマンのロケットはコンコルドとなり、ついには、航空機製造を商業的にも成功させた。日本に天然資源はない。知識と人材だけが頼りだからこそ、ものづくり能力を破壊しようとする陰謀があるのだ。「あまりに精神に重きを置きすぎて、科学の力を軽視」してはならない。精神主義など、何の足しにもならないのだから。

人気ブログランキングへ

A Mountain Resort

八ヶ岳の麓の清里を訪ねた。2010_0221_141609cimg6277 2010_0221_142427cimg6279 2010_0222_061230cimg6287 2010_0222_063349cimg6288 2010_0222_085540cimg6295 2010_0222_085917cimg6299 2010_0222_113620cimg6301

Misleading

経済ジャーナリストの町田徹氏が、ダイヤモンド社の提供するオンラインコラムで、郵政民営化の見直しの問題について、記事を掲載している。http://diamond.jp/series/machida/10113/

人気ブログランキングへ

 町田徹氏は、郵政民営化をめぐる、「チーム西川」による経営私物化と5社体制への分割に伴うサービス低下という民営化の弊害については、国会の公聴会に参考人として参加して、西川社長を頂点とする経営私物化の日本郵政から言論弾圧に近い圧力が加えられ、物議を醸した経緯があった。今回、いよいよ、郵政改革の基本法案作りが迫るにつれて、郵政民営化をどう見直していくかは具体論となればなるほどに、対立が深まっているが、町田徹氏の論説では、「郵政改革の基本法案作りが難航している。事実上の国営回帰を目指す一部の「守旧派」が政府・与党内を跋扈しており、かく乱要因になっているからだ。」としている。

しかも、長谷川憲正総務政務官を名指して守旧派と批判している。

しかし、町田徹氏の論理は飛躍があり、当を得ていない。郵政民営化の私物化についての舌鋒鋭い批判を展開したジャーナリストであるだけに、同氏の議論が的外れになってしまうことは本当に残念である。

当ブログとしては、町田徹氏の論説についてできる限り逐一コメントして、読者の判断を待ちたい。

>>>「チーム西川」による経営私物化と5社体制への分割に伴うサービス低下という民営化の弊害の是正が期待されていたにもかかわらず、郵政改革の基本法案作りが難航している。事実上の国営回帰を目指す一部の「守旧派」が政府・与党内を跋扈しており、かく乱要因になっているからだ。

果たしてそうだろうか。攪乱しているのは、民主党の一部勢力ではないだろうか。銀行法と保険法など、業法の問題についても、議論の焦点をずらして、従来通りの金融庁監督体制を維持しようとしているのではないのか。誰も、新しい、銀行と保険会社を作ってほしいのではないのだ。金融システムの安定の為に、郵政民営化の見直しをしているわけではない。金融庁副大臣のメモを見たが、焦点をずらしているのではないのか。かく乱要因は明らかに、「守旧派」ではない。やむにやまれず、補足意見を出したのではないのか。

 >>>>>しかし、事情に不案内な関係閣僚たちの目には、守旧派が単独で舞台回しをしていることがきちんと把握できず、総務官僚や日本郵政グループ、全国特定郵便局長会、JP労働組合といった旧郵政省の関係者に対する不信感を強めているのが実情という。

単独で舞台回しができたのであれば、何の苦労もない。長谷川政務官は、与党ではあるが、連立の国民新党の所属議員であり、むしろ、与党の中の根回しを、懸命に行ってきたのではないのか。私案を試案として提出したのは、金融庁の副大臣側ではないだろうか。

 >>>>>歴史的な政権交代の甲斐もなく、郵政事業は、自民党政権時代と同じだ。「政治・政争の具」の立場から抜け出せていない。

歴史的な政権交代でありながら、自公政権の時と同じように、与党のなかに、市場原理主義者がいて、特に金融立国などを目指す勢力がいるのは驚きである。政治・政争の愚から、抜け出したいのは山々だが、放り込んだのは、市場原理主義の連中で、株式を売却してハゲタカに渡そうとしたのは、「守旧派」の方ではなかったことをはっきりさせておく必要がある。

>>>>守旧派が画策する
政府による過半数株維持

 >>>>>民主、社民、国民新の3党連立の鳩山由紀夫内閣は、政権発足直後の昨年秋の臨時国会の段階でまず、日本郵政グループ各社の株式や「かんぽの宿」などの資産の売却を凍結する法律を成立させた。弊害が目立った郵政民営化を是正する時間を確保する狙いがあったからである。

時間稼ぎの法律ではなく、外国の陰謀から、日本の資産を守る救国の法律であったと当ブログは考えている。

 >>>>>ところが、この肝心の基本法作りの場が、守旧派が跋扈し、郵政グループ向けの業界紙などを通じて、その存在をアピールするパフォーマンスの場と化してしまった。

 >>>>>最初に、守旧派の独断専行が明らかになったのは、2月2日のことだ。

パーフォーマンスの場となったのは、私案を試案として強硬に提出したからではないだろうか。2月2日の独断専行とは何だろうか。

 >>>>>鳩山政権はそれまで、収益力の弱い郵便局と日本郵便の2社を日本郵政に合併し、これを親会社として、子会社の金融2社から金融商品の販売委託と配当を安定的に受けられる体制に衣替えする「3社合併案」を郵政改革基本法案に盛り込む方向で調整を進めていた。

さてさて、調整をすすめていたとするが、金融会社を二社、分離すること自体が、大きな議論のテーマとするべきであるが、そこを専断することが、民営化見直しの根幹に触れるところである。

 >>>ところが、この2月2日、守旧派の国民新党議員らが突然、社民党を抱き込む形で、「郵政見直しに関する社会民主党と国民新党の基本合意」をとりまとめた。

 >>>>問題は、この合意に、政府が3社合併で誕生する親会社株の51%以上を、そして親会社が金融子会社2社株の51%以上をそれぞれ保有するように義務付けると盛り込んであった点である。

政治的には、与党の多数派である勢力が、三社分割案を強行するのであれば、それを支配できる案をていじするために、あるいは無視されないために、社民党と国民新党が合意して、交渉を強化するのは、当然の成り行きなのではないだろうか。

当ブログとしては、世界的なガバナンス論から言えば、金融2社を分離したとしても、上場を前提とすることは、会社法の法理論からも正しくないと考えている。子会社の51%を求めているのは、金融に社を何とか分離しようとする、外資ハゲタカの理論が背後にあることを感じて、無理矢理仕方なく、そうした支配の方策を提案しているのではないだろうか。

金融会社を民営化して、私物化して、外国に移転しようとした郵政民営化の悪の根源にふたをしようとすることが、何が悪いのだろうか。子会社にしても、上場しないことを明らかにすることが、学問的には正しい回答であると当ブログは考えている。

>>>単独で51%の株式を保有する株主は、配当、取締役の選解任など様々な経営上の重要事項を他の株主の了承なしに決めることができる。そんな水準を政府が持っていれば、それは明らかな国営企業だ。そして、そんな基本法ができれば、親会社は、恒久的に国営会社としてとどまることになる。

町田徹氏の議論は、はじめから国営企業論を排除しているが、そうした合意はない。郵政民営化の現実がさんさんたるものであるから、国営の戻すことも一つの選択肢であったが、三党の合意では株式会社の形態をとるとしているだけのことである。60年代に、米国で、人工衛星の運用や開発のために、株式会社で、国策を進めた例があったが、それは、外国の通信会社との連携をとりやすくする便法であった。

 >>>>しかも、両党の基本合意は、ゆうちょ銀行の預入限度額を現行の3倍の3000万円に拡大することと、かんぽ生命の加入限度額を3.8倍の5000万円に拡大することも盛り込んでいた。

 >>>こうした株式の政府保有と限度額の拡大の二兎を追う法案は、日本郵政グループに対する手厚い保護政策であり、オール郵政が歓迎すると思われる人もいるかもしれない。しかし、それは誤解である。

 >>>民間金融機関から「民業圧迫」だと強い反発を受け、限度額拡大という悲願の実現まで危うくなるのが確実だからである。

限度額を定めること自体が、民間金融ではないことを示しているが、限度額は、実態としての国民生活がどうなっているかを判断して決めればよい話である。むしろ、大銀行よりも手厚くするという政策論はある。限度額を三千万円にするが、その限度額を、信用金庫や地方銀行の、保険額にするなどの、地方優遇策も政策論としてはある。

>>>>それでも暴走を止めない
国民新党の守旧派

 >>>>>それゆえ、日本郵政グループ各社、全国郵便局長会、JP労働組合の3者はそろって、敵対的買収などに拒否権を行使できる3分の1まで株式の政府保有比率を引き下げて、代わりに、限度枠拡大や経営の自由度拡大を獲得したいと考えていた。内閣官房の郵政改革担当部署や総務省本省も端から、二兎を追うことは不可能と考えている。

大変失礼な表現となっている。暴走をやめないとしているが、暴走しているのは、どちら側であろうか。

 >>>>>実際のところ、全国特定郵便局長会の幹部数名はこの2月2日のうちに、国民新党の自見庄三郎幹事長に会い、「(問題の基本合意に)怒りを感じている。これでは信頼関係を維持できない」と抗議した。日本郵政グループ経営陣やJP労組の幹部も翌日から、各方面に対し、限度枠の拡大を優先してほしいと要望を確認して回ったという。

当ブログは、事実を確認できないのが、自見庄三郎議員は、郵政民営化に反対した、第123代の郵政大臣を務めた政治家であり、郵政民営化の問題に通暁しているから、利得を離れて、二兎を追ったのかもしれない。限度額をなくせよという議論には、民絵かそのものであるから、とうてい納得しないことは当然予想できる。日本郵政グループの経営陣は、経営形態に対する判断をすることを国民からいたくされているわけではない。政治によって破壊された、日本郵政の経営方向を決めるのは政治によって行われなければならない。

 >>>それにもかかわらず、守旧派の国民新党議員らは暴走を止めなかった。中でも露骨だったのは、総務大臣政務官(国民新党)の地位にある長谷川憲正参議院議員である。

やむにやまれずの心境であろう。

 >>>>同議員は、大塚耕平郵政改革担当副大臣(民主党)が2月8日に、連立与党の関係議員を集めて「郵政改革関係政策会議」を主催、この場で基本法の骨子を示したのに対して、「総務大臣政務官 長谷川憲正」名で「『郵政改革素案(未定稿)』への補足意見」と題するペーパーを配布した。

判例のように、補足意見を出したのは、よかった。その一枚が身がなければ、未定稿が一人歩きするところだった。

>>>>そして、その中で、「日本郵政にユニバーサルサービスを維持させるためには、強力な株主権(人事権)を保持する必要がある。従って、政府の株式保有は2分の1以上でなければならない」との主張を展開した。加えて、こうした意見がいれられないのならば、自身が政務官を辞任すると発言し、鳩山内閣の連立基盤を弱体化させることも厭わないと周囲に広言する始末だった。

政権交代の期待を浴びて登場した、鳩山内閣が弱体化しているのは、むしろ市場原理主義が内部に跋扈して、この郵政民営化見直しのように、鵺になったような意見が横行するからではないだろうか。改革素案では、何のための政権交代だったのか、小泉・竹中の民営会社のの改変になっていないのでないのかと言わざるを得ない。

 >>>>さすがに、この長谷川政務官発言には、国民新党党首の亀井静香郵政改革担当大臣も怒りを隠さなかったらしい。ただ、長谷川政務官の経歴が、事態を複雑にし、亀井大臣の怒りの矛先を誤らせた。

長谷川政務官は、確かに、政務官辞任を覚悟していることを記者会見で述べたよしであるが、そこは、政治の世界であるから、むしろ主張をして議論を行うためには、覚悟のきまった政治姿勢でほめられるべきことである。

>>>>原口総務相の次官更迭も
混乱に拍車をかける

 >>>>というのは、長谷川政務官は郵政官僚OBだからである。長谷川政務官が役人時代から主流派でなかった事情を知る由もない閣僚には、長谷川政務官らが特定郵便局組織の末端を狙ってパフォーマンスを繰り広げていることが理解できないようだ。

役人の主流が、小泉・竹中政治になびいて、日本を破壊する勢力に荷担したのは、自民党の低迷の原因と同じであるが、その点、長谷川政務官が、役人時代から主流派でなかったというのは、初耳であるし、町田徹氏はさすがに、郵政官僚の内部事情に詳しいことには敬意を表するとして、末端を狙ってパーふぉまんすを繰り広げているとのことだが、末端を大事にするのは、長谷川政務官の役人としての真骨頂で、賞賛されるべきことだ。現場の意見を大事にする政務官であるが、確か、長谷川政務官の父親は郵便局の中間管理職で一生を捧げた方であったと思う。末端を狙ってなどとの表現は、穏当を欠くものである。

 >>>>>むしろ、長谷川政務官がオール郵政の代表的な存在と映っているらしい。このため、亀井大臣は「長谷川(政務官)って元役人だろう。郵政っていうのは(全体が)バカばっかりだな」と漏らしたというのだ。

亀井静香大臣がそのようなことを言うわけがない。亀井大臣も若いときに警察庁にいたことがある。

人気ブログランキングへ

 >>>>>>そして、原口一博総務大臣が今年に入って、着任から約6ヵ月しか経っていない総務事務次官の鈴木康雄氏を総務省顧問に充てる人事を強行したことが、混乱に拍車をかけている面も見逃せない。

 >>>>というのは、同大臣が問題の人事を、政権交代を印象付けるパフォーマンスに利用したと官僚たちに受け止められているからだ。このため、同大臣はそれ以前に比べて、官僚たちの信頼を失い、大臣には情報が上がりにくくなったという。その分、守旧派議員は跋扈しやすくなった。

 >>>>>>このまま、守旧派の思惑通り、郵政の国営回帰が進めば、日本郵政グループは今後も政府と政治の呪縛から逃れにくくなる。そして、悪循環が繰り返されて、「政治の玩具」という立場から抜け出しにくくなるだろう。

総務次官の人事の問題についてコメントすることは避けたいが、郵政見直しの混乱とは、おそらく関係がない。

郵政の国営回帰という現象が起きているのかどうかはわからないが、世界的には、市場原理主義が完全に破綻して、公的な金融のセーフティーネットをどう具体的に作るのかが政策論の中心となっていることは事実であり、政治の呪縛というが、小泉・竹中の政治の破壊よりはまだましであることを身にしみて感じている。政治の玩具ではなく、政治の主役となる、当事者となっているから、そうした長谷川政務官の意見が強硬に主張されているのだ。末端のパーフォーマンスを聞かせるのが政権交代である。

ところで、金融庁の対応であるが、市場原理主義の傾向はないのか。検証が必要である。未定稿の素案を拙速に出しているのも、どこかに焦りがあるからではないのか。副大臣は日銀の出身であるから、れっきとした官僚出身であり、末端のことは知らない官僚であることは歴然としているが、町田徹氏はその点に触れないのは、公平ではない。

金融庁の規制緩和などは、http://news.livedoor.com/article/detail/4580549/の記事が指摘するように、外国勢力に追従するものではないのか。遊泳民営化の見直しの方向とは逆を支持する政治家が、長谷川憲正政務官を中心とする「守旧派」を毛嫌いするのがわからないでもないが、実は国民は今回の政権交代で、むしろ市場原理主義の終焉を求めているのである。付言すれば、米国の要求に応じるようなことでも、すでに、オバマ新政権が登場しているので、どこのどの勢力を応援していることになるのか、日米の友好関係にも反することになりはしないだろうか。

人気ブログランキングへ

 

An Economist Vision 9

人気ブログランキングへ

An Economist Vision 8

人気ブログランキングへ

An Economist Vision 7

地方の疲弊の原因。

人気ブログランキングへ

HIdehiro Kikuchi An Economist Vision 6

人気ブログランキングへ

Hideo Kikuchi An Economist Vision 5

人気ブログランキングへ

Hidehiro Kikuchi An Economist Vision 4

デフレが続く。10年前から始まったデフレ。菊池英博先生の経済政策論。人気ブログランキングへ

Hidehiro Kikuchi An Economist Vision 3

菊池英博先生の経済政策論。労働法制の改悪。

Hidehiro Kikuchi An Economist Vision 2

菊池先生の経済政策論。投資効果について語る。

人気ブログランキングへ

Hidehiro Kikuchi An Economist Vision

菊池英博先生の経済解説。誤った経済政策を理論的に喝破する。人気ブログランキングへ

Corrupt Privatization

http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/backnumber/2004/uda.html

シカゴ大学の経済学部といえば、ショックドクトリンのミルトンフリードマンの学校で、市場原理主義の牙城であった。中南米を破壊するための工作の中枢であったことはよく知られている。有識者会議で、コンサルから、お客さん側の内部に経営陣の一人として入り込むやり方は、利益相反の問題があるが、去年、ドイツ政府が逮捕して追放したツムヴィンケルドイツポスト総裁の場合と酷似している。つむヴィンケル氏も、マッキンゼーの有力な社員であったし、日本の郵政民営化を声高に推進した。世界的な郵政民営化の陰謀の一端が、徐々に明らかになることを期待したい。しかし、それにしても、市場原理主義の迷妄の残党が依然として蠢いているだけではなく、日本を破壊した責任の追及が未だに行われないのは、政権交代の甲斐がないというか、政権与党の中にも、市場原理のカルトの残党が深く入り込んでいる現実があることを伺わせる。気を許せる状況ではないのかもしれない。

人気ブログランキングへ

Capitalism

マイケル・ムーアの映画が、上映されている。金融資本主義というよりは、増長した市場原理主義のカルトに戦いを挑む映画である。当ブログなどは、市場原理主義の虚妄について、くどくどと書いてきているが、そこは映像の説得力で、おもしろおかしく、しかもわかりやすく、暴走した資本主義について、”小学生でも二時間でわかる”ように説明してくれる。

住宅ローンの延滞滞納で、強制執行される場面がある。立ち退きを迫られる家族の場面である。差し押さえられた住宅を転売して利益をあげる、マンションハゲタカの実態を描く。

マイケル・ムーアは、父がゼネラルモーターズの従業員だったこともあり、資本主義を謳歌するよき時代のアメリカについても解説する。

1980年代からの、資本主義が暴走を始める過程を、ドキュメンタリーで示す。レーガン大統領が操り人形になったように、財務長官に就任したメリルリンチの会長に、指図される場面も映像にさりげなく挿入している。社会経済格差が、どんどんと拡大していくアメリカの実態を描いている。

従業員が死んだら、会社側が利益をえるという非人間的な保険の実態をも描く。

民主主義がうしなわれてしまった、極端な社会であるが、昔のアメリカの良さも説明して比較する。小児麻痺のワクチンを開発したが、特許も取らず公開して世のため人のためとした、研究者、従業員全員が株主で経営者で、給料も平等にしている会社もあることを紹介している。

政治の不正、賄賂の横行など、アメリカの政治の内幕についても、活写する。

さてさて、一見にしかず。全国上映中ですので、当ブログの読者は、少しお出かけになって、市場原理主義の虚妄の早わかり、マイケル・ムーアのキャピタリズム、をご覧ください。http://www.capitalism.jp/

上映劇場のリストは、http://www.capitalism.jp/theater/index.htmlにあります。

人気ブログランキングへ>

Stock holding

http://diamond.jp/series/inside/10_02_20_003/

人気ブログランキングへ

Kuroshio Culture and Tradition

飛び飛びに、一ヶ月に二回の割合で、黒潮文明論と題して定期的に書いている。リンクも飛び飛びになり、検索するのも面倒であるから、一挙にリンクを公開して、読みやすくすることにした。

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/kuroshio-1.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/kuroshio-2.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/kuroshio-3.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/kuroshio-4.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/kuroshio-5.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/kuroshio-6.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/kuroshio-7.html

⑧ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/kuroshio-8.html

⑨ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/kuroshio-9.html

⑩ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/kuroshio-10.html

⑪ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/kuroshio-11.html

⑫ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/kuroshio-12.html

⑬ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/kuroshio-13.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/kuroshio-14.html

⑮  http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/kuroshio-15.html

⑯ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/kuroshio-16.html

⑰ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/kuroshio-17.html

⑱ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/kuroshio-18.html

⑲ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/kuroshio-19.html

⑳ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/kuroshio-20.html

⑳① http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/kuroshio-21.html

⑳② http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/kuroshio-22.html

⑳③ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/kuroshio-23.html

続き物であるから、ネタが尽きるまで書かなければならないが、以上23回までのリストになっている。番号が○に数字を入れていたが、コンピュータでどう数字を出せるのか分からないので、例えば、21を⑳と①とをふたつで表現している。

 黒潮の流れに着想を得た、ある種の民族文化論を書こうとしているが、学者の検証ではないので、黒潮が洗う列島の岸辺の人々の生活について、過去、現在、未来と想像しながら、自由奔放に書くことが大切と心得ている。読者のご叱正なり、あるいは、黒潮文明に関して、こんなことをテーマにしたらという提案や発見などをご教示いただければ幸いである。人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

Kuroshio 23

寒さと塩と黒潮の民の関係

 寒さが身にしみる。日本の列島には、大陸から季節風が吹き付ける。脊梁山脈には所々に切れ目があり、たとえば、伊吹山の麓の関ヶ原は、今は交通の要衝となっているが、昔も、北からの雪雲が伊勢湾に抜けて、知多半島までを雪景色にする。帯状で、雷神が風の袋を携えて駆け足で抜けたような雪の降らせ方をする。名古屋と津がそれほど大雪でなくても、養老の山地から四日市にかけて、海を渡って、今の中部国際空港のあたりまで、刷毛で塗ったように雪が降り積むときがある。伊吹山麓では百草が生育して、薬草もふんだんにあり、季節が交代すれば、南からの湿気がおりて、温帯の樹林が繁茂するから、南からの人々が容易に入り込んでも、冬の寒さは厳しいから、古代の武人が、病に倒れてしまうのも想像できる。旅に病んで夢は枯れ野を駆け巡るが、芭蕉の辞世の句であるが、列島の季節の風の切れ目で、病に罹ったようである。伊勢の神宮を訪ねればすぐわかるように、太古から遷宮し続けた宮は高床式で、しかも海の端の海岸の小石原を模したもので、とても冬の寒さへの対処を真剣に考えた造りではない。朝鮮半島の慶州のあたりを一昔も前に旅行したときの記憶では、大衆が泊まるような、旅人宿(よいんすく)とよぶ安宿でもちゃんとオンドルがあり、床が油紙で拭かれて熱気が籠もって、部屋着を薄着にするくらいの暖房が整っていた。ところが、日本の列島には、そうした寒さを克服できる床暖房の仕組みはなく、大概が囲炉裏である。北京などでも、つい最近までは暖房のための練炭の煙で町全体が煤煙につつまれたが、ソ連の技術を入れて、町全体を集中暖房にしたというのが自慢の種で、その代表格の建物が人民大会堂であり、友誼賓館であった。集中暖房の栓を閉めさえすれば、反政府の動きも止めてしまうことができたから、日本の白金懐炉や石油コンロなどの局所暖房の器具を何とか入手できないかと所望する人士も珍しくはなかった。川崎の生田緑地にある、全国から古い民家を集めてある民家園を訪ねれば一目瞭然であるが、東北の曲り屋でも、囲炉裏が切ってあるばかりである。新潟の村上あたりの武士の質素な茅葺きの家でも、囲炉裏と火鉢だけで、あの冬の寒さをしのいでいるし、世界遺産の白川郷あたりの家屋も暖房はやはり囲炉裏一本で、大陸のオンドルのような煙を床下に通して、床全体を暖めるような気の利いたやり方はしていないから、やはり、日本人は寒さに対しては無防備のように見える。南方の黒潮に乗って列島の住人となっても、縄文の頃からそれほどの進歩と工夫がなく、冬はただただ、我慢強くしのいで、雪の下に咲くマンサクの花を愛でて春を待つけなげさがある。満蒙開拓団から、戦後引き揚げてきて、浅間山の中腹の開拓集落で、苦心惨憺の冬を越した人から聞いた話では、地面に穴を掘って、そこに薪を並べて火をつけて暖をとったという。囲炉裏という文字になっているが、地面に穴を掘った炉だ。南島では囲炉裏のことをジル、またはジールと今でも呼んでいるから、地面の炉、ジルを冬の暖房の唯一手段としたのである。囲炉裏の自在鉤などは、芸術品のように発達した。冬の寒さを本格的に凌ぐためには、皮衣が必要であるが、夏の暑さを凌ぐための麻衣などが珍重され、革靴も革手袋もどちらかといえば最近の西洋化の中で普及した製品である。外が吹雪の夜には、囲炉裏の端に家族が集まり、夜なべをする、わらを編むなどと、家族が談笑しながら、世代と知識とをつなげていったから、寒さに弱い逆境を教育と共同体の団結の足しにした節もある。
 さて、北国では、秋に塩漬けにして貯えた野菜を毎日食べて冬を生き抜くのであるが、キムチのような唐辛子の赤色に染まるような、極寒に備え、乳酸菌発酵で体の中から暖めるような、香辛料を多用する食物は日本では稀で、妙高のカンズリくらいだ。南西諸島では今でもしょっぱい食物が敬遠されている。大根の沢庵漬けなども塩分が多いとして敬遠されるほどである。実際、塩分の摂取が少ないから、世界一の長命の地域となっている。黒潮の民の典型である沖縄人がハワイに行けば、豚肉もどんどん食べられるようになって体が大きくなり、南米に行ったら、豆腐の植物性タンパクの多食で塩分を控えるから、依然として長命を続ける。アマゾンのマナオスあたりに移住すると、野菜を少なくして牛肉に塩をふりかけるような食事をすることになるから、とたんに短命になるとのことだ。信州では生活改善運動で、冬の野沢菜を塩を落とすために洗って冷蔵して食べるようになってから、脳卒中などの疾患が目立って減り長寿県入りをした。逆に今の沖縄では、駐留外国軍の食生活の影響を受けて、塩入ハンバーガーを多食するようになって短命化している。海塩(マシュ)は潮(ウシュ)を精製し腐敗を避けるために用いられるが、黒潮の民は塩が人を短命にもすることを知っていたから、腐敗を防ぐに足るごく微量を冬を凌ぐ漬け物の素とした。そひて、自らを跡形なく溶かしてしまう塩に聖なるものを感じ、死の不条理を忌み避けるお清めとしたのである。(つづく)

人気ブログランキングへ

A Conspiracy

危ないところである。日本航空の問題が、話題を賑わせているが、郵政民営化と同様に、切り売りをして儲かる勢力が暗躍している。鹿児島の岩崎芳太郎氏が、的確な評論を行っている。リンクを張る。http://www.iwasakiceo.com/jal/index.html

Villains

http://22623.blog99.fc2.com/blog-entry-28.html

Disaster Capitalism in Haiti

ナオミ・クライン氏のハイチにおける災害資本主義の現況についての発言である。市場原理主義が自然災害をりようしていくことは、カトリーナやインド洋での大津波で経験済みであるが、ハイチでも起きている可能性がある。

Fool's Gold 3

Fool's Gold 2

Foos's Gold

愚者の黄金の著者である、テット氏の講演である。

China if not its influence

今日付け(2月14日)のワシントンポストの記事である。

http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/02/13/AR2010021303651.html?wpisrc=nl_headline

Australia welcomes China's investment, if not its influence

オーストラリアは中国の影響力を歓迎しないまでも、投資を歓迎している。

NEWMAN, AUSTRALIA -- Here in this land of searing heat, scrub and eucalyptus, a land so vast that road signs warn the next gas station is 600 miles away, Mount Whaleback was once 1,500 feet high. Today it's a hole, the biggest open-pit iron ore mine in the world -- an entire mountain crushed, sold and shipped to China.

焦熱の草原が広がり、ユーカリの林が広大な土地に広がる。隣のガソリンスタンドまで、600マイルだから、気をつけるようにとの道路標識がある。鯨背山は、500メートルのた標高があったが、山川と切り崩して、中国に売って、運んでしまった。

Trucks with tires twice the height of a grown man cart thousands of tons of raw ore to a processing plant, where it is separated and poured into the longest and heaviest train in the world -- 336 freight cars pulled by six locomotives. It chugs 300 miles to Port Hedland, where it is loaded onto ships bound for the unquenchable steel mills of the People's Republic.

大人の身長の二倍の大きさのタイヤをつけて、鉱山用のトラックが何千トンもの鉱石を処理施設に運んで、分離して、世界最長の三百三十六両の連結した列車で、三百マイル離れた、ヘドランド港まで運ぶ。そこから、人民共和国の製鉄所行きの船積みである。

Ton by ton, including more than 300 million tons of ore per year and vast quantities of liquid natural gas, China is buying Australia. One of the world's most staggeringly huge transfers of natural resources has both enriched and alarmed Australia, prompted a determined response from Washington and illustrated both China's savvy and ungainliness as it aggressively expands its influence around the world.

年あたりの3億トン以上の鉱石と莫大な量の液化天然ガスを運んで、中国はオーストラリアを買っている。世界最大級の天然資源の移転は、オーストラリアを豊かにすると同時に、警告を与えることになった。ワシントンからの意を決した反応を促し、中国が世界中で影響力を拡大するにつれて、中国のsavvy and ungainlinessが、映し出されるようになった。

A surging China has become Australia's No. 1 trading partner. It has pumped $40 billion worth of investments into the Australian economy in the past 18 months alone. China's 70,000 students help bankroll Australia's education system, and a half-million Chinese tourists a year keep Aussies employed as lifeguards, blackjack dealers and real estate brokers. Chinese trade and investment have insulated Australia from the global financial crisis more than any other developed nation. Australia is even speaking Chinese: Prime Minister Kevin Rudd is the first Western leader to speak fluent Mandarin.

上昇する中国はオーストラリアの第一位の貿易相手国となって、過去18ヶ月の数字で年間400億ドルの対豪州投資となった。中国人留学生が7万人で、50万人の観光客が訪豪して、海岸の見張り、カジノから、不動産業者を潤す。中国との貿易のおかげで、オーストラリアはほかのいかなる先進国よりも早く世界の金融危機を克服することができた。豪州では、中国語すら話しており、ラッド総理大臣は、西側の指導者としては初めて、北京官話を話す政治家である。


"China is remaking the social and political fabric of this country," said Chen Jie, a senior lecturer in international relations at the University of Western Australia who immigrated to Australia from China 20 years ago. "China is intruding into society itself."
But all those ties haven't bought China much love Down Under. Opinion polls over the past five years show Australians are increasingly wary of the behemoth to their north. Rudd, while embracing Chinese trade, has moved to balance relations with Beijing by bolstering military and diplomatic ties with Australia's longtime superpower ally, the United States.

20年前にオーストラリアに移住した、大学教授も、中国がオーストラリアの政治経済に大きな影響を与えるようになったことを認めるが、そうした関係が、親中感情をもたらしているわけではない。世論調査によれば、過去五年間の間に、徐々に、北の巨大な国に対する反感が増えており、ラッド首相も、均衡策をとるために、従来の超大国の同盟国である米国との関係を大幅に強化している。


In April, Rudd's government announced Australia's biggest military build-up since World War II and a report by the Ministry of Defense made it clear that China was the reason.
"As our trade ties with China grew closer, we believed it was necessary to hedge quietly," said Andrew Shearer, who served as national security adviser under Rudd's predecessor, John Howard. He said China's rise was a key factor in the decision -- initiated under Howard but continued under Rudd -- to pull even closer to the United States. Added Shearer: "We're seeing that thinking now across Asia."

四月になって、ラッド政権は、第二次世界大戦以来最大の軍事増強を行うと発表している。その理由は、中国の台頭である。貿易関係が密接になるにつれて、静かにヘッジする必要があると判断したと、安全保障の専門家が解説している。ほかのアジア諸国でも同じような動きが見られる。


Australian ambivalence has largely befuddled the Chinese.
"When Mr. Rudd was elected, there was an expectation that a more intimate relationship between the countries would result, because he knows China so well and speaks Chinese," Zhu Feng, a Chinese analyst, told the Australian newspaper. "But it has remained just at the commercial level."ラッド首相が就任すれば、もっと緊密な二国間形になるとおもったら、商業的な関係にとどまっていると指摘する、中国人の分析家もいる。


Fast growth in Perth

No city better illustrates the China boom than Perth, the capital of Western Australia, a state five times as big as Texas that holds the bulk of Australia's mineral wealth. The state's average income has jumped $10,000 in five years to more than $70,000, thanks to China's purchases of iron ore, natural gas and other resources. In Perth, the median price for a home just broke $500,000. Its unemployment rate is a measly 2.6 percent; the national rate is just 5.5 percent and predicted to drop this year -- thanks mostly to China.西部オーストラリアのパースは、中国からの投資ブームでわいている。失業率も、全ごう週の5.5%の半分の数字だ。


Beyond the numbers, Perth looks Chinese, with a skyline filled with skyscrapers and cranes. The city is bristling with more than $1 billion in new construction, including a hospital, museum, highways, offices and a vast indoor entertainment and sports complex. More than 110 people move into Western Australia each day, making it the fastest growing state in Australia, and there's still a labor shortage. Truck drivers working in the mines are paid $100,000 a year. A gate attendant at a mine makes $80,000.
Statewide, projects worth more than $95 billion are transforming the economy of the region and contributing to a historic shift in power from "old Australia" -- around Victoria and New South Wales in the southeast, to the resource-rich Australia in the north.
For their part, Chinese investors are bullish on Australia and say they are learning to work the system.
Lai Cunliang is the Chairman Mao-quoting chief of operations for a Chinese coal company that acquired an Australian competitor for $3 billion in the midst of the global financial crisis. "We've got capital, we've got talent and now," he said, "we're coming out. We are driving change."
A steel company from China's Hunan province sank $580 million into Fortescue Metals Group last year, turning the company's chairman, Andrew "Twiggy" Forrest, into Australia's richest man. Chinese firms also snapped up a uranium mine, gold and coal mines, off-shore natural gas fields, real estate and wineries. This month, an Australian mining company announced a $60 billion deal to ship 30 tons of coal a year from a proposed mine in Queensland.
"The numbers are so big it's deceptive," said Sam Walsh, who runs iron ore operations for Rio Tinto, the Anglo-Australian mining giant in which a Chinese firm, Chinalco, tried unsuccessfully to buy an 18 percent stake last year. "No one has seen this before. It is manna from heaven."
The growth has been so robust that Rio and its old competitor BHP Billiton now want to merge their iron ore operations, allowing them to extract an even higher price from the Chinese. Spot prices for iron ore are already more than $100 a ton and officials from both companies predict that in a few years their total production could hit 1 billion tons a year.
"Slice it, dice it, whatever you want, it's staggering," said Ian Pearson, the acting general manager of BHP's mine at Mount Whaleback.
China's blunders

Despite its economic inroads, China has made economic and political blunders that have infuriated, and occasionally amused, many Australians.
Being Australia's primary market for iron ore, the Chinese assumed last year that they would be able to get a good deal on the price. So China rejected as too high a benchmark price that had been accepted by Japanese and South Korean firms. That decision cost China dearly when the spot price of ore rose 90 percent in the past year.
"The Chinese thought they'd be in the driver's seat on this," said Kenneth Lieberthal, a China expert at the Brookings Institution. "Who knew they'd find themselves in the trunk."
The Chinese government and its state-owned businesses were enraged at their failure to push down the price. In July, a month after the Tinto and Chinalco deal collapsed last year, Chinese security agents detained Stern Hu, a Rio Tinto executive in China, on suspicion of espionage. Australian newspaper commentators speculated that Beijing was punishing the mining giant for the high price of iron ore, further increasing public skepticism about China. Last week, Chinese prosecutors charged Hu with accepting bribes.鉄の価格を巡っての、北京と豪州との争いが続いている。
And it's not just ore that has Australians worried.
Last year, Chinese diplomats demanded that a film about a Chinese dissident be pulled from the Melbourne Film Festival. It wasn't, and although it was an obscure movie about an obscure topic, hundreds flocked to the premiere. Chinese diplomats also ordered Chinese students in Australia to participate in anti-Tibetan protests in the run-up to the Beijing Olympics in 2008.中国の外交官が、メルボルンでの映画祭に口出しして、民主化運動に関する映画の取り下げを要求した。
In June, Defense Minister Joel Fitzgibbon resigned in part because he had failed to report that he'd taken trips to China, paid for by a woman with ties to the Communist Party。

6月には防衛大臣が、共産党関係の女性からカネをもらって中国旅行をして報告を怠ったとして、辞任した。. The incident underscored the increasingly close ties between pro-Chinese business interests in Australia and its political class. Money from businessmen and women with ties to China has been flowing into the coffers of all of Australia's main political parties. Rich Chinese are now serving on corporate boards and advisory groups with Australians such as former prime minister Bob Hawke and former foreign minister Alexander Downer.
"It's no longer that we're begging for your assistance," Chen said. "Now we are on corporate boards together. We are in the room."
Even among China's supposed allies in Australia there is unease about what the relationship with Beijing portends.
Chinese investment has made Graeme Rowley, the outgoing executive director of Fortescue Metals Group, a formidable player in the Australian mining industry.
Last year, Rowley said, Fortescue provided favorable ore prices to a major Chinese steel company in return for a promise of billions of dollars in investment. But the Chinese firm reneged on the promise at the last minute. He said that was a sign of things to come.
"Either the Chinese will have to learn to honor contracts or we will have to learn how to operate in a system with less clarity," he said

豪州の金属工業の大物のローリー氏によれば、中国側が契約を守ることをならうのか、オーストラリア側が、あやふやな約束の世界で仕事をすることになれるのかどちらかだ、と中国側が、最終段階で約束を履行しないことを批判している。.
"They are an enormously powerful nation," Rowley added, his back to the Perth skyline with its frenetic cranes and glistening new towers of glass. "The world hasn't woken up to the fact that they are going to replace America. But it's how they're going to do it that's the question."アメリカの肩代わりをするかもしれないが、どんなやり方でしようとしているのかについては、世界はまだ目覚めていないと、パースの工事現場の起重機が林立する景色が見える窓を背景に語った。

Blossoms

東京都大田区の池上本門寺に咲く寒桜である。珍しい冬の花である。(左側)

梅も咲いている。近くに梅園があるが、そこはこれからが満開になる。茶席があったが、待ち時間が長く入れなかった。

Cimg6253_4 Cimg6255 ご関心の向きは、画像をダブルクリックして拡大してご覧ください。

Criminal Activities

リンク: 疑惑企業と日本郵政 フシギな関係 - 速報:@niftyニュース.

http://blog.goo.ne.jp/takamatsushi/c/f032bcfd03c497c782063a805f3269e2

人気ブログランキングへ

A Blog List 2

A Blog List

酒井信彦先生がブログを開設されていることをうかつにして知らなかった。アドレスは、

http://sakainobuhiko.com/である。当方のリンク先のリストにも追加した。

「『月刊日本』2010年2月号 羅針盤 2010年1月22日

 日本の保守と言われる人々は、サミュエル・ハンチントンが、その有名な著書『文明の衝突』の中で、日本を独自の文明として扱ってくれたことを、とても高く評価して喜んでいる。その例はまことに枚挙に暇がなく、日本文明に言及する人は、必ずハンチントンの名前を出すほどである。一例を紹介すれば、『文芸春秋』二〇〇七年一月号の「文春 夢の図書館」と言う特集で、篠沢秀夫さんは、「日本の素晴らしさを伝える十冊」の筆頭に、『文明の衝突』を挙げている。

 しかしハンチントンの、この極めて読みにくい本を実際に読んでみると、日本文明を積極的に評価しているとは、とても考えられないのである。独立の文明だとしているのは、トインビーなどの先人が言っているから、それに倣っているだけなのであり、独自だとしても、ハンチントンは否定的に評価しているのである。つまり日本は文明的に孤立していて、仲間がいないと言うのがその主旨である。
 では、文明的に孤立していれば、政治的に独立的であるかといえば、ハンチントンの判定はそうではない。反対に日本は伝統的に、政治的に大きな勢力に追随する傾向が顕著だと、判定するのである。例えば近代においては、日英同盟で植民地大国・大英帝国についたし、第二次大戦後は日米安保条約によって、最大の強国であるアメリカに従った。その中間の戦争の時期にも、ナチスドイツと軍事同盟を結んだ。さらに前近代の時代には、大国であるシナと冊封関係を結んでいたではないかと、ハンチントンは指摘するのである。日本人は、特に保守の人々は、日本は朝鮮と違って、冊封関係を拒否して自立していたと考えるが、ハンチントンはそのように評価してはくれないのである。
 以上のように日本と言う国を理解しているハンチントンは、今後の日本とシナとの関係を断定的に明言する。まずハンチントンは、この本が出された、今から十四年前、一九九六年の段階で、シナ・中共が強大化することを、明確に予測している。さらに一般的に言って、近隣に強大な国家が成長してきた場合、周辺国家が採る対応策は、基本的に二つあると言う。それがバランシングとバンドワゴニングである。バランシングとは、いわゆる勢力均衡であって、新興勢力と張り合うわけである。バンドワゴンとは、軍隊の先頭に立つ軍楽隊のことで、つまりバンドワゴニングとは、それに従って歩くことであり、すなわち従属することを意味する。日本は独力でシナとバランシングできず、アメリカの援助が必要だが、アメリカはそうしないだろうから、日本は必然的にシナに従属するとするのである。
 しかもその兆候はすでに現れていると指摘ところが、極めて重要である。ハンチントンは、他人の言を利用しながら、次のように書いている。「アジアでのアメリカの役割が小さくなり、中国のそれが増大するにつれ、日本の政策もそれに順応するだろう。事実、すでにそれは始まっている。日中関係の基本的な問題は、キショール・マフバーニーの見るところ、『どの国が一番か?』ということだ。答えは明確になりつつある。『口にだして公言したり、了解を示してはいないが、まだ北京が国際的にかなり孤立していた一九九二年に、日本の天皇が中国を訪問したのは意義深いことだ』」(三六〇頁)
 すなわち九十二年の天皇陛下御訪中は、日本がシナに従属する端緒と、世界的に見られているわけである。少なくともハンチントンの著作によって、そのような見方が世界中にばら撒かれたことは、間違いない事実である。とすれば今回の天皇陛下への、中共の習近平の会見問題は、より一層日本の対中従属が進行したことを、世界中に印象付けたと考えなければならない。いったん正式に断られたものを、蒸し返して会見を強要し、それを実現させてしまったからである。ハンチントンがこれだけ明言しているにも拘わらず、九十二年の御訪中の大失敗に全く学ばず、更に失態を重ね続ける日本外交の白痴性には、言うべき言葉もない。「天皇の政治利用」と言われるが、それは外国・中共による巧妙な天皇の政治利用であり、しかもそれによって日本の対中隷属度が、飛躍的に深化したのである。しかも日本人の殆どが、この問題の本質を全く認識していないのだ。
 ハンチントンなど欧米キリスト教徒は、日本は独自の文明だと言っているが、シナ人は日本の独自文明説を、絶対に認めないだろう。シナ人は、日本は中華文明すなわちシナ文明に属すると、強固に信じているに違いないのである。そしてそれはシナ人特有の、極めて侵略的で犯罪的な、中華民族主義のイデオロギーと結びついてくる。つまり中共は多民族国家であるが、すべての民族は上位の民族概念としての、中華民族なのであって、チベット人もウイグル人も、中華民族すなわち中国人なのである。自己の意志に関係なく、勝手に中国人にさせられてしまうのである。それと同様に日本人も中華民族の一つ、大和族にさせられるだろう。中華民族の存在するところが、空間としての「中国」なのであり、日本も中国の一部となるのである。これが現在および将来における侵略を正当化する、シナ侵略主義の論理である。
 ところでハンチントンは、将来(二〇一〇年に設定)の予想として、シナ人はイスラムと同盟してアメリカと戦うだろうと言い、また日本はシナ人に従属しているから、反欧米側になるとしている。「アメリカ、ヨーロッパ、ロシア、インドはこうして中国と日本とイスラムの大部分を相手に真の世界大戦に突入する」(四八四頁)。しかしこれは真っ赤なうそに違いない。アメリカとシナ人が戦争することなどありえない。可能性として高いのは、アメリカとシナ人が結託して、イスラムと戦うと言う構図であるだろう。近い将来この構図が急速に進展したら、中共がアメリカと同盟して、アフガン戦争に参戦することになるのではないか。」

人気ブログランキングへ

Professor Oh

呉善花拓殖大学教授の講演を聴きに行った。寒い朝であるから、人の入りを気にしたが、満員である。演題は、日本の曖昧力という題であった。

1韓流ブームは、日本探しの時代ーー懐かしさを求めて、であるが、実際の韓国人は徹底的な父系社会で、ドラマに出てくる男性などは実際にあり得ない、あるいは、韓国人からはなよなよした男であるとして理想にはならないとの話であった。冬のソナタというテレビドラマは実は、日本のキャンディ・キャンディというアニメの翻案で大人向けにしたものであるから、実は、日本で話題になったのは、そのシナリオが元々日本製であるから、そこに人気が出て、韓国側が驚いて話題にしているのではないかと述べた。

2.父権社会韓国と母系社会日本、については、儒教による徹底した秩序社会であるとの指摘で特段異論のないところであろう。

3 世界的な日本風ブーム、お茶、日本食、きもの、もてなし、については、外観よりも中身を大事にする日本文化の特徴について触れて、艶を消すという表現をされた。また、女神が富士山のこの花咲くや姫であり、天照大神がめがみであることは、驚くべきことであるとする。パリの都で、あるいはロンドンで、日本の着物が持てるようになった。これは、環境門お題の高まりとも関係するのではないか、日本の自然観がうけいれられるようになったのではないかとの説明。

4 日本の中で、日本探しの時代に入ったのではないかと指摘して、若者たちの日本史ブームで、伝統もの好み、古い町並みを歩く趣味が増大していると指摘している。

5.日本人とは何か、ということを考えると、韓国人の場合、反日教育がたたき込まれるので、最初は、戸惑いがあるが、親切で、優しく、思いやりがあって、秩序があり、治安がよいのに驚くというが、そのうち、日本がわからなくなるという。

6 さまざまな行き違いがあって、礼儀作法なども異なることがあるから、安易に、東アジアのゆうあいなどということは、初歩的な話のように聞こえるという。ちなみに、日本の治安の良さは、ロシアが最悪、次が中国、その次がアメリカと行った具合で、韓国も相当治安が悪化している。その理由は、儒教秩序が崩壊しているのではないかと指摘していた。

日本の治安は、第十五位で、西洋のどの国よりも安全な国である。

7。 韓国人が誤解している様々な行き違いがあり、

8 日本語の特有案言い回しがあり、自然に対する日本人の受け身思想に触れた。酒に飲まれてしまった、泥棒に入られた、あげくのはての、女房に逃げられたなどとの表現、受け身の表現は、韓国にはない表現であるとのことだ。つまり、外部が悪いから、自分の過ちを認めると終わりの話になるから、毒入り餃子の中国の会社の社長が絶対に謝ろうとしないのは、そうした文化の差からくる話で、トヨタの社長が毎回謝っているのは、外国向けにはよく考えてやらなければ、また誤解を与えるのではないかと指摘していた。

9 日本の自然には、山も皮も、谷も、平地も、海も境界線が曖昧で、専門の神様がいることが特徴であるとした

10 日本のげんざいのなかには、西欧化された日本、農耕アジア的な日本、前アジア的な日本の三つの世界が同居していると指摘して、

11.曖昧力が世界を救う、対立よりも融合がたいせつであると結んだ。

人気ブログランキングへ

New Politics

宮脇磊介先生の記事が掲載されている。

http://www.jfir.or.jp/cgi/m-bbs/index.php?tiile=&forum[no]=1143

初代の内閣広報官を務めた先輩であるが、自民党の新旧対決をむしろ政界再編の起爆剤にするべきであるという見方である。傾聴に値する。

 「自民党大会を見ると、国民とのスタンスに頓珍漢が見える。国民目線に立った真剣さが伝わってこない。「なぜ自民党は国民有権者から見放されたのか」が身にしみてわかっていない。いま政権交代に一票を投じた有権者が、民主党政治に「こんなはずではなかった」と失望しながら、反面最も恐れているのは、自民党政権に逆戻りすることです。「みんなでやろうぜ」「一致団結」などと叫ぶ自民党の姿には、古い体質の自民党がイメージされ、身の毛がよだつばかりです。いくら正論を述べても、自民党に票は戻りません。「旧い自民党政治家の根絶」と「期待の持てる新しい自民党」を有権者の目に焼きつかせ、「もう一回の政権交代」へと、国民の意欲と行動を掻き立たせる。それが新しい自民党政権実現の唯一の道です。新しい理念は、小泉・竹中路線の検証を行なうことから生まれてきます。そして真に国家と国民生活に繁栄をもたらす理念を、ためらわずに国民の前に示し、あらゆる抵抗を乗り越えて、断固としてその実現に挑むことです。

 今の自民党で急がれる決定的な行動は、「国民目線に立って党内議論を活性化すること」以外にはありません。それなしに、このまま行けば、民主党の延命に手を貸す中で、「自然解党」でバラバラになるしかない。「党分裂」をも厭わず、「旧い自民党の排除」による「新しい政治」「新しい自民党の創生」を目指して、党内で戦いを起こすことしか選択肢はないのです。

党内議論の対立軸はいくつもある。たとえば、つぎのような対決です。
1.「新しい自民党」と「旧い自民党」との対決
2.「国際競争力重視派」と「敗者・弱者保護重視派」との対決
3.「構造改革成長路線派」と「反小泉・竹中路線派」との対決
4.「保守(文化伝統)派」と「国家意識希薄派」との対決
5.「小さな政府派」と「大きな政府派」との対決
6.「国民目線派」と「既得権益擁護派」との対決

 「新しい政治を求める者」によって起こされる自民党内の新旧対決を「民主党の瓦解」と「政界再編」の起爆剤にすることです。自民党内の戦いの勝敗は「国民世論」がつけてくれます。ただし、「造反分子」「党内結束を乱すもの」とのレッテルを貼られた、前回の轍を踏まないため、党内とメディアに対する周到な事前の地ならしが不可欠です。かくして、日本の政治は、海外の有識者やメディアの期待も受けながら、再び世界に向けて羽ばたいてゆくことでしょう。」とある。

人気ブログランキングへ

Limitation

読売新聞が、郵政改革法案で、郵便貯金の預け入れ限度額を三年後に撤廃する方向で調整に入り、それまでの間三千万円を上限にすることで、検討しているとの報道である。

簡易保険の加入限度額についても、三年後に撤廃するが、それまでは、限度額を五千万に引き上げるとするとの、報道である。

経営形態は、現在の持ち株会社に郵便二社を合併させて親会社として、傘下にゆうちょ銀行、かんぽ生命の金融二社をおく三社体制とする。国による親会社への出資比率を二分の一以上として、取締役の先任権を含む強力な株主権利を保有する。親会社から金融に社への出資比率は三分の一超とするとの、報道である。

もちろん、全国一律サービスを、各事業に義務づけることは当然として、その代償として、消費税を免除することを検討するとしている。金融に社については、利潤追求を目的とする民間金融機関と区別する他面、銀行法と保険業法の規制対象から外す方向で調整しているという。

「官から民へ」の資金の流れができるなどとあり得ない現実で、国民資産を海外投機に振り向けようとした、小泉・竹中政治が破綻したが、その犠牲はあまりに大きい。金融子会社が、上場を目指すように見える仕組みは、子会社は非上場にするという世界的なガバナンスの常識に反するものであるが、とまれ、迅速に、民営化が修正されることは、歓迎されるべきことである。つぶれることはもちろん困るが、濡れ手に粟の青天井の経営などあり得ないことであるし、むしろ、現実的な限度額があって、生活に密着した営業活動があって初めて、貯金は獲得できるのであるから、少なめではあるが、三千万円の限度額をよしとすることが必要であり、むしろ利潤追求を目的とせず、社会政策を達成するための郵便局を全面に出すことが、世界的にも説得力がある改革である。だから、銀行法と保険業法の規制対象にしないことだけでも、郵政民営化の虚妄からの大きな救済策である。資金運用についても、一部資本家の利益のためではなく、広く公共の福祉に貢献するような投資策を積極的に進められる体制とすべきであろう。

人気ブログランキングへ

Map description

日本の企業が、顔色を伺っているようではしようがない。意図的に行われたことなのかどうかなお、関心が残る。政治宣伝がしのぎを削っているようである。

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/sankei-snk20100212020/1.htm

Bulletin

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100210ddm008010029000c.html

Reform betrayed 2

政府与党の郵政改革政策会議に異変が起きている。郵政改革素案と称する提案が行われ、その末尾に、補足意見が添付されるなど、内部で、意見統一が行われていないことが読み取れる。

会議終了の記者会見では、補足意見を出した、長谷川総務政務官は、「自分の意見が通らず、政府提出案として自分も苦渋の選択をせざるを得ないようであれば、政務官を辞職する覚悟である」と述べたという。

そもそも、素案は、先週の金曜日に、金融庁の副大臣が出してきたという。政務三役となっていたのをお、郵政改革担当副大臣に修正したが、私案であることを明示することはなかった。内容の修正についても、G8会合に出席するために時間的余裕がないとして拒否したという。

郵政改革素案は、昨年十月に閣議決定し阿t郵政改革の基本方針を粗略にしているのも問題である。金融システムの安定性とか、経営の自由度など、基本方針では優先度の低い問題を郵政課題として、金融庁の従来から主張してきた意見に加担するような内容となっている。

斎藤社長は、金融会社の株式売却で資金を調達する必要があるとしているが、そもそも、そうした資金を必要とすることは必要ではない。官僚出身で、民間会社になれば、自由で利益が必ず上がるというような、安易な見方になっているだけではなく、金融庁の意見を支持するような、、つまり、官僚利権の保持に走っているかのようであり、また、旧来の郵政官僚も、保身に走るものが多く、ほとんど定見を主張する者もないじょうきょうであるという。

小包や、信書の独占の問題にもほとんど見直しを行わず、また、根幹にあった、四分社化の問題の基本にある、委託手数料の問題についても触れていないまま、素案ができてしまったようである。

新政権の中には、従来から、ブッシュ、小泉、竹中路線に近い考えの政治家がかなりあるといわれていたが、郵政民営化の見直しの問題でも、そうした勢力が表面化したようである。何のための政権交代であり、サン党連立であるのか、不可解である。まだ、私案が、試案担った段階である。公的な世界を確立して、国民資産の私物化を阻止しようとするのが政権交代の本旨である。あいまいな、郵政民営化の見直しが図られては、後世に遺恨を残すことになる。郵政民営化の見直しを骨抜きするような策動に断固反対する。

人気ブログランキングへ

Conspiracy

郵便不正利用事件の公判が始まっている。厚生労働省の村木元局長が逮捕された事件である。公判記録がネットに掲載されている。臨場感がある。もうほとんど、えん罪である。どこかで、郵政民営化の陰謀とつながっているような気がしてならない。http://www.airinkai.or.jp/muraki_sien/index.html

人気ブログランキングへ

Reform Betrayed

<>

<>

政府は8日、午後一時から第3回郵政改革関係政策会議を開催して、郵政改革法案の素案を発表した。医療保険の取り扱いなどの新規業務を認めるが、政府の出資比率や郵便貯金の預入限度額については結論を先送りしている。素案は、試案だとの見方も残るが、 法案は3月までに今国会に提出する。現在の持ち株会社「日本郵政」の下に郵便事業会社、郵便局会社、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険がぶら下がる形態を改め、日本郵政と郵便事業、郵便局の3社を合併させ、その下にゆうちょ銀とかんぽ生命を傘下に置くという素案になっている。政府の出資比率は事業譲渡や合併などを阻止できる「3分の1超」も一つの案と記述する一方で、「3分の2超を含めて予断なく検討」とし、結論を先延ばしした。新規事業は医療保険や地域金融機関と提携した中小企業向けローンなどを認める。また、全国一律のサービスの見返りとして、税を減免するという内容もある・

長谷川憲正参議院議員のホームページには、下記のようにまとめられている。http://www.hasegawa-kensei.jp/index.php?eid=541

「第3回郵政改革関係政策会議<2月8日>

2月8日13:00~14:30に第3回郵政改革関係政策会議が開かれ、郵政改革素案として、現在の5社体制を親会社(持株・局・郵便)、銀行会社、保険会社の3社体制に再編するなどの案が大塚副大臣から説明され、出席議員からいろいろの意見が出されました。
今回の議論のポイントは、ユニバーサルサービス義務に係る会社負担を国はどのように担うか、銀行会社・保険会社の規制・監督をどうするか、政府の持株比率をどうするかなどが主な点でした。
長谷川憲正政務官は素案に対する補足意見として、「今回の改革の第一目的は独立採算を前提としつつユニバーサルサービスができるよう制度整備をすることだ」「ユニバーサルサービスの義務を履行させるためには、強力な株主権(人事権)を保持することが必要であり株は1/2以上でなければならない」「公的なユニバーサル義務を負う郵貯会社、かんぽ会社は銀行法等の一般業法とは別建ての特別法の下に置くべきである」などを表明したペーパーを配布し説明しました。
今後は引き続き改革会議を毎週開催し、3月中を目標に政府案(法律案)を閣議決定し、この通常国会に提出することとなります。」

郵政改革素案(未定稿)という題がついており、「公益性の高い民間企業が担う「政府の国民に対する責務」という副題がついている。

素案骨子の前に郵政改革担当副大臣の名前が入った、郵政改革素案についてという説明文がある。骨子は、11項目を列挙している。

1.日本郵政グループの公益性、地域性を重視した改革を行う。

2. 経営形態は、親会社(持株、局、郵便)、銀行会社、保険会社の3社体制に再編する。

3. 政府が国民に対して負っているユニバーサルサービス提供義務を親会社に対して課す(特別法にお湯赤井社の提供義務を定める)。

4. ユニバーサルサービス業務は、郵便、金融とも、国民生活の利便性を鑑み、基本的内容を定める

5. 銀行会社、保険m回shじゃは、gy方法に基づく一般会社とする。業務内容については、原則として業法の規定に基づく。ただし、これまでの経緯を踏まえ、利用者利便、金融システムの安定性、競争条件の公平性等の観点から所要の措置を講じる。

6、政府が国民に対して負っている義務を日本郵政グループに課すことに鑑み、義務履行コストに見合う内容の所要の措置を日本郵政グループに対して講じる。

7 旧勘定を管理する独立行政法人郵便著院簡易生命保険管理機構は将来的に廃止する。

8. 株式処分凍結法による凍結措置については、改革法の施行時期に合わせて解除する。

9. 日本郵政グループの経営の自主性を重んじる一方で、高い非正規雇用率、地域経済との関係希薄化等の経営k上の問題点を改善することを求める。

10、 、民間金融機関と日本郵政グループの自主的な業務提携などによるナジー効果の発揮を期待し、 地域経済や中小企業振興に資する経営が行われることを勧奨する。

11 政府から親会社への出資比率、親会社から子会社への出資比率、金融サービスの内容と利用限度額等については、今後の与党プロセスの議論を踏まえて決定する。

以上が骨子であり、そのあとに、15ページにわたる説明の紙がつき、そのあとに16ページにわたる資料がつくという、大部のものである。

ところが、最後に、「郵政改革素案(未定稿)」への補足意見と題した、総務大臣政務官 長谷川憲正と署名の入った、紙が一枚添付されている。

その内容は、

1. 今回の改革の第一の目的は、独立採算を前提としつつ、全国の郵便局網を維持し、全国どこでも郵便、貯金、保険のサービスが受けられるよう、制度を整備することである。(ユニバーサルサービス)

2、日本郵政は、、上記の公益目的を達成る為に、包囲率によって設立される特別な法人であるが、機動的な経営を行うために株式会社の形態とし、法律の縛りを緩くし、株主権に基づいた規律を行うべきである。

3、 本体会社(持ち株+郵便事業+郵便局)と郵貯会社、簡保会社の3社体制とする場合、ゆにばーさるさーびすを維持するためのコストは、郵貯会社、韓p;尾会社で賄うしかなく、了解シャン御英系の自由化・弾力化が必要と考える。

 ①預入(契約)限度額、新種サービスの自由化

 ②銀行・保険代理店としての過剰な規制を取り除くため、銀行法、保険業法ではなく(

例:農協)郵便局の実態にあう、弾力的な起債に変更

4 日本郵政にゆにばーさるサービスの義務を履行させるためには、強力な株主権(人事権)を保持する必要がある。したがって、政府の株式保有は常時、二分の一以上でな帰ればならないと考える。ちなみに、UPUによれば、諸外国では株式会社形態をとる国32カ国のうち、国または国に準図絵うr期間が100%株式を保養有為する国が27カ国である。

5. 親会社が金融に子会社の利益を親会社に還流させるためにはk、強力な株主権(人事権)を保持する必要がある。 従って、親会社は、常時②分の1以上の株式を保持者なければならないと考える。 仮に、親会社が二分に1以上の株式を失うと、子会社の株主は、親会社への利益の還流に反対すると考えられ、全国の郵便局網は、維持できなくなると思われる。

6。 間接的とは言え、全kん子言うあまねく公平に簡易な貯蓄と送金主題ん頭を提供する公的な義務を負う、郵貯会社、簡保会社を利潤追求を第一とする一般の銀行・生保と同一のルールで扱うべきではないと考える。一般の業法とは別建ての特別法のもとに置くべきである。

以上が、補足意見となっている。

今後の手続きを経て、郵政改革法案がまとまっていくことを期待するが、この素案は、改革の期待から大きく後退した、市場原理主義の色彩が色濃く残るものであり、何のための政権交代であったかを疑わせるような内容となっている。長谷川政務官の独立した意見提出が、そうした経緯を語っているかのようである。

人気ブログランキングへ

Local Newspapers

郵政民営化に関する報道は、小泉・竹中政治の時には意図的に減らされた嫌いがある。地方新聞は、共同通信社の配信による記事が多いが、郵政民営化関連の配信記事の量を検証することは、学術的には、今後の研究を待ちたい。以下は、とある九州の新聞に掲載された記事である。新聞週間の関連の記事である。ご参考まで。時間がたったが、なお、主張の必要があるようだ。

「市場原理主義が、日本に蔓延した。民営化論や規制緩和論が構造「改革」として呪文の様に唱えられた。構造改革は、この国の富の偏在、東京と地方の格差を拡大し、限界集落を続出させ、この国の文化と伝統の破壊を進行させた。80年代のアルゼンチンでも市場原理が蔓延した。同国の代表が、民営化の
夢物語を雄弁に語ったが、タンゴの都が没落するのにそれ程の時間はかからなかった。アルゼンチン債は暴落した。ニュージーランドでも、外資コンサル会社の手引きで国を挙げて民営化をした。日本でも、成功談として、誉めそやされた。「国家を民営化した国」と言う本を出す贔屓もあったが、潰えた。航空会社や電話会社は外資にのっとられ、郵便局は閉鎖の憂き目にあった。その後、政権交代があり、市場原理主義を捨てて、穏健な福祉国家に戻し、郵便貯金を復活させ、失敗した民営郵便会社のポストの残骸を撤去した。市場原理主義を謳歌した日本の経済新聞は、同国での市場原理主義の失敗は報道しようともしない。

市場原理主義者の主張は一時的に格差を生み出しても、一部の社会層を豊かにして経済を離陸させれば、いつかは社会全体が豊かになると言うドグマである。が、現実には一切起きない。官から民へ、中央から地方へ、大きな政府から小さな政府のスローガンのように、根拠のない政治宣伝で、現実は逆の事態をもたらした。

特にアメリカ型の市場モデルを礼賛して、社外重役、内部統制、三角合併、混合医療等の制度が、日米構造協議が後押しを得て広範に導入され、幼児から英語を教えるべしとの論調まで現れた。悠久の伝統を軽々と議論する「有識者」会議すら組成される不始末であった。

しかも、富の分配は、民主主義であれば、議会政治の下で行われることが正道であるが、民間「議員」等が、財政政策等を主導するという、議会を空洞化させる動きが跋扈した。郵政民営化などは、サービスダウンで格差を拡大することが先述の事例で明らかになっているにもかかわらず強行された。国民資産の収奪、金融の罠と解説する向きもある。

 今、失われた15年にしてようやく、市場は完全ではないという事実に気がつき、熱狂は去った。

さて、地方紙は、市場原理主義にどんな反応をしただろうか。よもや「あすなろ村の民営化物語」を信じた訳ではあるまいし、「踏み絵」を踏んだわけでもあるまい。今こそ市場原理主義がもたらした格差の実態と地域社会の国民の声を、事実で検証して、政策の誤りを修正するためにも、自由な報道を続けて欲しい。」

人気ブログランキングへ

100th Anniversary- Legend of Tono

柳田國男の遠野物語が350部,50銭で初刷されたのは明治43年(1910)である。まもなく100年になる。同年末には、「時代ト農政」を出版するが、柳田にとって図らずも、(戦後農地解放があり、小作の金納が実現して再版)農政学との別れを告げる蹉跌の書となった。農政官僚として全国の旅を続けるうちに、権力化する明治政府のお達し従うよりも、「常民」の精神と文化に耳を傾けるほうが、経世済民になるとの思いだったのかもしれない。民俗学の確立に奔走するようになる。南方熊楠との往復書簡が頻繁に交わされたのもこの頃で、明治政府の神社合祀政策に反対する行動を繰り広げている。柳田は、土着の学問に執着し、「農政学者・官僚として活躍した時期においても欧米の経済理論の直訳的受容を極力排除した。(中略)経済の自由放任を否認し,生産よりも分配の適正を重視し、そのための国家の役割を強調していた」(岩本由輝「論争する柳田國男」御茶ノ水書房、1985年)。遠野物語は,民話集であることは事実であるが、日本版の農村残酷物語でもある。貧困のあまり、兄が母親を殺し、親が子供を殺し、野猿が村の女を盗み、狼が人間を襲う話などは、明治の末のこの国の地方や農村が惨状にあり、国の病と成っている現実を想起させるに十分な出版である。柳田は初版本の序に、「要するにこの書は現在の事実なり」と豪語している。日露戦争があり、柳田は利根川沿いのお社に英文でIn Memory of the Conquest over the Russians と銘する碑を旅順陥落の日に建立する。折角の東洋の覚醒を捨て坂を転がり落ちるように神社合祀などの精神世界の西洋かぶれの統制強化を嘲るかのようである。柳田は、農政学の先輩の河上肇などのマルクス主義からは程遠い地平から、民族の伝承の集大成でこの国の安寧を目指した。「全体の組織総合の学問というのが欠けている。「政治」という漠然たる語で,暗示せられて居る一つの学問が正しくそれに該当する。」とも述べており、民俗学は、文字通りのポリティカル・スタディであった。明治43年は大逆事件の起きた年である。韓国併合もあった。明治から対象に至り、日本は欧州の動乱で、地中海に軍艦を派遣しただけで、国際連盟の理事国となり,ドイツからの南洋群島の委任統治を譲り受ける。後の驕りは推して知るべしだ。
 今年の4月にワシントンで開催された国際通貨金融委員会の文書が公表されているが、日本の政策実施状況についての報告は国内情勢と乖離していないか。若年労働力等の能力向上策、人材派遣業自由化、公正取引委員会の強化、国債発行の削減など新自由主義の政策が端的に報告されている。構造改革を財政諮問会議を通じて強化するとも述べるが、もっとも興味深いのは、日本政府が、直接投資を2010年までに、25倍増のGDPの5%に拡大すると約束するとのくだりである。代表演説は抽象的な文言にとどまっているが、国際通貨基金の発表した文書には数字込みで記録されている。奇異である。ちなみに、世界競争力センターの研究によれば、日本の外国直接投資は、GDPの0.2%にしか過ぎないと指摘で、この5%の数字は、この国の有り様にも関わることになる。国会で議論された数値目標だろうか。労働力の流動化などについて安易に約束するが、米国は中間選挙後に修正をしたから、日本は先進国の中では最低の最低賃金になるが、そんなことで政策の誤りにならないのだろうか。4月14日の代表演説の、国内経済政策の部分を、引用する。
「我が国は、経済活性化と財政再建の二つの目標は両立可能であるばかりでなく相互に強化し合うものであるとの考え方・・構造改革努力とともに、安易な財政出動に頼らない・・国債発行について過去最大の減額幅を見込み・・2010年代半ばに向け、債務残高対GDP比率を安定的に引き下げるため、・・2011年度までに国・地方合計のプライマリー・バランスを確実に黒字化・・税の自然増収を安易な歳出等へ振り向けることなく歳出削減を実施・・高齢化による社会保障支出の増大や、基礎年金国庫負担割合の引上げ、少子化対応の支出等により・・財政再建の道のりは平坦ではない。徹底した歳出削減に加えて、安定的な財源を確保する必要・・このため、本年秋以降、抜本的一体的な税制改革について議論し、2007年度を目途に消費税を含む税体系の抜本的改革を実現させるべく取り組んでいきます」と発言している。
 長々と、柳田國男のことを書いたのは、他でもない、新しい遠野物語の出版が必要で、地方や農政が国の病となり、医療が打ち捨てられて、限界集落が拡大し、老人が面倒を見る人もなく、廃屋に閉じ込められている残酷物語が現出しているからである。民営化と称する官僚支配と一部資本家の、外国資本と連携する、まことしやかな会社合祀劇も盛んだからである。郵政民営化などは、むしろ金融混乱の原因ともなりかねない。敗戦国が戦勝国クラブの常任理事になるのは無理があるが、通貨基金の理事国と言って、国内の悲惨を見過ごしながら、人気取りの大盤振る舞いをするのは,中東の戦争のときの二の舞になり、尊敬もされない。金融機関が金余りの現象にあり、一方で、公共事業を中止して、デフレの縮小経済の死にいたる病の政策を継続し、政府資金の供給こそ必要なときに民営化を推進する。過剰な外国直接投資を招聘するのは、のっとりを助長することにしかならない。「税の自然増収を安易な歳出等へ振り向けることなく」等とは、冷血の作文のように聞こえる。柳田や南方熊楠が嘆いた、合祀の際の、神木の乱伐のようでもある。
 参議院選挙があって、幸いにして、新自由主義の無思想を修正してこの国の新たな進路を見つけ出すために、政治という総合の学問を再構築する余裕が生まれたようにも思う。
 
本稿は、前の参議院選挙直後に書いたものである。ご参考まで。柳田國男の遠野物語が書かれて100年になる。

Disaster Capitalism

A Testimony

伊藤祐一郎鹿児島県知事が、小沢一郎民主党幹事長の人となりについて発言している。

http://sankei.jp.msn.com/politics/local/100205/lcl1002051256004-n1.htm

「 鹿児島県伊藤祐一郎知事は5日の定例記者会見で、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる収支報告書虚偽記入事件で、東京地検特捜部が小沢氏を不起訴処分としたことに関連し「二十数年の付き合いがあるが、彼はダーティーな金には手をつけない人だと思っている」と話した。 その上で、事件について「政治家としてきちんとした説明が必要になるのでは」と述べた。 伊藤知事は小沢氏が自治相をしていた当時、大臣秘書官を務めた。」

 鹿児島県知事の伊藤氏は、表裏のない誠実な人物であるだけに、論評の信憑性は高い。

Rule of Law

鈴木宗男衆議院議員のムネオ日記に、取り調べや事情聴取の全面可視化を採用せよとの主張が掲載されている。

http://www.muneo.gr.jp/html/diary201002.html

 「「幹事長を辞任せよ」とか「責任を取れ」などと言った人達は、どんな反省をするのだろうか。逆に大臣を辞めるくらいの責任をとってもらいたいものである。
 もらってもいないお金を、あたかもゼネコンからもらったかの如く、連日「関係者によると」と報道した社会部の記事は何だったのか。報道は真実を国民に知らせるのが一番である。裏付けのとれないリークをそれぞれ受け止め、報道した姿勢は、今後しっかり検証されるべきである。
 8年前、「ムネオハウス」、「北方領土ディーゼル発電供与」、「アフリカODA」などと、私は外務省、検察のリークで、天下の悪役に仕立て上げられ、「なぜ鈴木を捕まえないのか」という世論を作られた。
 リークにより世論を誘導し、検察のシナリオ・ストーリーに沿って事件が作られる。検察の暴走は恐ろしいものだ。
 私は経験者として、国民、読者の皆さんに訴えたい。被疑者は勿論、参考人、証人になる人達の全面可視化を図ることが、冤罪をなくす唯一の方法なのであると。今回もどんな取調べであったのか、次第に明らかになることだろう。」と述べている。

Penswastaan or Privatization

Sebuah undang-undang untuk menghentikan  penjualan saham dari Jepun Post di ambil alih oleh majlis kebengsaan. Ini hasil daripada perubahan politik, dan meghancurukan sistem politik tahun seribu sembilan ratus lima puluh lima.

Penswastaan Perjabat Post di Jepun adalah satu kegagalan. Undang-undang baru adalah hukum untuk melindunge ekocomi Jepun daripada persekongkolan fundamentalisme pasaran.

Perundingan perdagangan Wall Street memaksa Jepun menswastakan Perjabat Pos untuku kepentingan mereka selama dua puluh tahu.

Jepun baru akan bermula!

Short sentences above were writtn for the purpose of learning Malay language.

マレー語の練習の為に書いてみた。ご参考まで。

人気ブログランキングへ

Confucious Institute

最近、当ブログと交流のある団体で、中国の孔子のことを勉強するという催し物が相次いであった。いずれも、中国の孔子の末裔と称する者が、講演会などを開いていることで、特に、九州や沖縄の関係者を対象にして、行っている。当ブログも真偽の沙汰は、ハッキリしないのであるが、現在中国で起こっていることと連動している気配がある。 念の為に中国における孔子の礼賛運動が国策に基づく一連の動きであることを指摘しておいて、当ブログの読者の注意を喚起しておきたい。

http://www.epochtimes.jp/jp/2009/10/html/d72906.html

孔子の映画を中国共産党が作った。アメリカ映画のアバターの人気が高いので、それを見せないために、公開したとの見たとの見方も伝えられている。http://sankei.jp.msn.com/world/china/100127/chn1001271714006-n1.htm

孔子学院については、http://en.wikipedia.org/wiki/Confucius_Institute

の記事において述べられているように、中国共産党の宣伝機関であることはハッキリしており、学問の自由を侵害するのではないか、あるいは中国政府のお先棒を担ぐことになるのではないかと危惧する批判もある。

いずれにしても、中国の後進性の象徴として孔子は取り扱われたが、今になって、孔子を中国の代表哲学として売り出しにかかったことはいかにも皮肉な話である。

The Confucius Institute has received some criticism from several political and academic circles. When the University of Sydney was negotiating with the institute, some critics feared that it would exert influence over academics on behalf of the Chinese government and preferred that it be separated from the Chinese studies department. For instance, "Jocelyn Chey, a visiting professor at Sydney and former diplomat, regards the Confucius institutes as a propaganda vehicle for the Chinese communist party, and not a counterpart to the Goethe Institute or Alliance Française." [8] Some, but not all, universities have concerns about political motivations and academic freedoms. The University of Pennsylvania never applied to host an institute, and G. Cameron Hurst III, the former director of Penn's Center for East Asian Studies, said, "There was a general feeling that it was not an appropriate thing for us to do. We feel absolutely confident in the instructors that we train here, and we didn't want them meddling in our curriculum." [9]

The Institute has also attracted concern from some foreign governments. Members of the Swedish Riksdag expressed concerns that the Institute provides a platform for the Chinese government.[10] Subsequent to establishing a Confucius Institute at the British Columbia Institute of Technology, The Monitor (Montreal) revealed, "A newly declassified intelligence report by the Canadian Security Intelligence Service says Beijing is out to win the world's hearts and minds, not just its economic markets, as a means of cementing power." [11] India rejected the Chinese offer to establish institutes in Indian schools: "China's proposal is to expand its 'Confucius Institute' of language teaching into India. But the Indian government suspects that this is a Chinese design to spread its soft power – widening influence by using culture as a propagational tool."[12]. "[13].

Journalists have also faulted the calculated use of Confucius and the Confucius Institute. The Asia Times Online reported, "In short, in the early 21st century, Confucianism is an assistant to the Chinese god of wealth (and a representative of Chinese diplomacy) but not a tutor for Chinese souls."[14] The Economist noted the irony of the Chinese Communist Party using Confucius to name the institute. "Mao vilified Confucius as a symbol of the backward conservatism of pre-communist China. Now the philosopher, who lived in the 6th century BC, has been recast as a promoter of peace and harmony: just the way President Hu Jintao wants to be seen. Li Changchun, a party boss, described the Confucius Institutes as “an important part of China’s overseas propaganda set-up”. [15]

人気ブログランキングへ

Alliance

 沖縄にある、アメリカ軍海兵隊の航空基地である普天間基地の移設の問題が、色々と議論されているが、日米関係の基本にある日米安全保障条約のことを考えてみたい。

 日米安保条約は、米国は日本防衛の義務を負うが、日本には米国の防衛の義務がないという。これを「片務的な」関係と呼ばれている。また、一方では、日本にアメリカに対して基地を提供する義務があるから、日本、アメリカの義務が対照的ではないが、一方的なものではないと指摘するものもあり、「非対称双務性」などと定義づけるものもある。日米の義務は同じ形ではないから、なにが、対等であるかは、非常に難しい議論を引き起こす可能性がある。日本は軍事力での支援はしないが、その分カネを払えとの議論があることも伺える野が、最近の実体であったから、思いやり予算等という名称をつけて、どんどん日本国内の米軍基地の整備を、日本の税金で、国費で整備してきた。米国側は米国側で、自国の軍隊の基盤整備が外国政府の支出で行われることは、余り口に出しては言いたくない話の類であることは間違いない。感謝するだけではなく、安保ただの理論で、出すのは当然だとの強硬論も見られるところである。

 そのように、対等な日米関係と主張するときに、片務性、非対称双務性なのか、定義上の同盟関係である、あるいは普通の同盟であれば生じる双務性なのかが議論されるべき所であるが、対等な日米関係の議論は、依然として双務性の議論は欠落したままである。

 五十年前に改定された日米安全保障条約は、非対称な、あるいは、片務的な条約であるから、真に対等を求めるのであれば、双務的な安全保障条約に改定する必要が生じるのではないだろうか。その間、安保ただ乗り論も、日本が経済大国になっていく中で、カネも出さない、アメリカ防衛に参加することもしないのでは、アメリカの保護下で経済大国にしてやったのに、飼い犬に手を噛まれたというような感を多くの米国人が持つに至った七十年代に出現した。

 世界第二の経済大国の安全が世界第一の超大国に大きく依存、あるいは頼り切りにすると言う奇観が生まれた。もちろん、米国側にも、ボトルネック論があり、日本の軍事力を、普通の同盟関係にしない方が、好都合であるとの論があることもまた事実であるから、非対称的な関係が、米国の思惑にも適合する免があることもしかりである。

 いずれにしても、米国追随が、どんどんと強まり、アメリカの市場原理主義者は、さてそれではと、日本改造すらをも意図して、構造改革協議などを露骨に押しつけてくるようになっていった。商習慣から、文化、言語に至るまでの押しつけで、構造改革は、日本を五十一番目の州にする考えが、どこかに潜んでいるのではないかと勘ぐる識者もいた程である。軍事的な非対称な関係は、別の経済関係では、卑屈な、隷属的な関係に転化していたことは間違いない。郵政民営化などは、日本人の巨額の国民資産を海外に移転しようとした謀略であったことはほぼ間違いないし、欧米のマスコミもその考えを裏付ける記事が明らかに成ってきた。

 鳩山首相の祖父である、鳩山一郎は、施政方針演説で、吉田政権がしいた米国との緊密な提携協力の基本方針を堅持しつつ、国力相応の自衛力を充実整備して速やかに自主防衛体制を確立して、駐留軍の早期撤退を期する、と演説している。同盟関係が、実は防衛の自助努力が重要であり、更には一歩進めて、駐留外国軍隊を早期に撤退させることにも言及している。

 鳩山由紀夫首相の率いる政権は、対等な同盟論を展開しているが、自主防衛の強化と、双務的な条約への転化と、駐留軍の問題については言及していないどころか、官房長官の発言に見られるように、現状固定的な方向にすら動きかねない状況にある。

 日本は、いかなる国からも尊敬され平和を求める国であり、自立・自尊の国造りを求めるのであれば、対等な同盟関係の中身を、なすべき自助努力を果たす関係であることが必要である。自立を求めなければ、アメリカは経済的な支配を含め、日本を構造的に変えてでも対日要求をしてくることが、骨身にしみて分かった筈である。個人の友情が本質的に平等なものであるとおなじように、国家関係に置いても主従関係では、対等な関係になることはあり得ない。

 そうすると、確かに色々と問題は山積するが、日本は、日米関係を、双務的に捉えて、成すべき自助努力に、軍事力の整備を含めて着手して、自主防衛の強化に踏み切ることを明らかにすることが、外国軍隊の駐留を軽減することに繋がることになる。ただ、外国軍隊は出て行けと言うだけでは、日本以外の国々、台湾はもとより、韓国、ASEAN、豪州なども納得しないことが多いものと考えられる。当ブログのアジアの友人は、日本の片務的な関係が却って、日本の安定性と将来予測を行うことを困難にしている要素にしていると指摘する向きが多いが、その通りである。経済的には、米中同盟が成立したとする意見もちらほら見られる中で、日本は、そうした米中の関係強化論者から見れば、日本を実力で押さえ込む良い方法だと考えている節も見られる。日本のカネで、中国経済の後押しと基盤整備などをさせようと画策した外国政府関係者がいたことは、知られているところである。当面の結論は、駐留軍が果たしている日本防衛の一部なりとも日本が自ら守ることで自ら担うことにしていくことである。ヨーロッパでは、昔は犬猿のなかであった、ポーランドとドイツの軍隊などが協力関係にもある。東アジアでも、そうした関係が生まれることが、信頼の為にも必要であり、そのためにも、外国軍隊の駐留を受けて入れている、日本と同じような敗戦国であるドイツやイタリアの国防軍程度の自立した能力を保つことが必要であり、当然であり、国際社会でも健全な方向である。

人気ブログランキングへ

Postal Conspiracy

ネットに残っている郵政民営化の背景についての記事の一部である。ご参考まで。

http://www.asyura2.com/08/senkyo49/msg/468.html

「[(前略)破壊ビジネス」の立役者が残した動かぬ証拠

最近、やたらと“米国の崩壊”だの、“米帝国の終焉”といった過激なタイトルで本を上梓される方々がいる。いわゆるサブプライムに象徴される証券化された有価証券に基づく損失の膨れ上がりにより米国の金融マーケットが圧迫され、さらには米国経済全体の勢いが減退しつつあることは事実である。

しかし、だからといって覇権国・米国による日本を含めた世界に対する手綱は緩むことはないのである。上記のネット監視がそのことを物語っている。私たち=日本人としても、あくまでもそのようなものとして米国に対する警戒心を失ってはならないのである。

こうした警戒心を研ぎ澄ませるのに役立つアイテムとして、私が普段活用しているのが、構造改革という名の“破壊ビジネス”の立役者だった日本人たちが得意げに書き残している書籍である。構造改革とは、とどのつまり、「自分たちの身の丈以上に消費をすることで経常収支赤字が恒常化した米国が、マクロ経済上の相殺を資本収支の絶えざる黒字化のために、とりわけ国富を溜め込んだ国に対して強いているビジネス・モデル」にすぎない。そのお先棒を担ぎ、国富の米国への移転を手伝っているのが、日本の政界・財界・学界・官界・メディア界にあまねく生息している“破壊ビジネス”の担い手たちなのである。

米国はこれまで、こうした“破壊ビジネス”の担い手たちを陰に日向に支援してきた。なぜなら、そうしなければ自国のマクロ経済運営が立ち行かなくなるからである。しかし、そのような役割を忠実にこなすことによって米国より事実上のサポートを受けて出世していく“破壊ビジネス”の担い手たちは、この隠微な事実を決してあからさまに口にすることはない。

しかし、そのように慎重な彼らであっても、時として口を滑らせてしまうことがあるのだ。その一つが、彼らが得意げに記す「自叙伝」なのである。そこでは、米国による日本での“破壊ビジネス”の実態が期せずして赤裸々に語られる場合がままある。

この観点から、私が今、最も注目しているのが高橋洋一「さらば財務省! 官僚すべてを敵にして男の告白」(講談社)である。

高橋洋一氏はこの本のカバーによると”内閣参事官“。1980年に大蔵省に入省後、理財局資金企画室長、プリンストン大学客員研究員を経て、内閣府参事官(経済財政諮問会議特命室)などを歴任したとある。最近、さまざまな媒体で”竹中平蔵擁護論“を声高に主張されているようなので、この高橋洋一氏の名前を目にした方も多いことだろう。

もっとも、ここで関心があるのは高橋洋一氏お得意の“竹中平蔵擁護論”ではない。彼がこの本の中で、米国による“破壊ビジネス”の傷跡を(意図せずして)赤裸々に語っている、郵政民営化の基本骨格づくりをめぐる次のような下りである。

「私も、基本方針づくりにはもちろん参加した。岸さんらと四人ほどで、あるいは竹中さんの外部オフィスで、また、竹中さんから見てちょっと遠い人間を入れる必要があるときには、ホテルの一室で、集まって。
 日を追うにつれ、民営化の具体的な道のりもほのかに見えてきた。たとえば郵政四分社化である。・・・(中略)・・・様々なパターンを考えては打ち消した。案を練っては否定し、否定しては練るという虚しい作業が続いたが、しかし、これを繰り返していくと、問題のあるパターンはふるい落とされていき、最後には、最も適切な案が残る。数ヶ月、苦悶を重ねて行き着いたのが、四分社化だった。
 もっとも、竹中さんが四分社化を採用したのは、私のアイデアだけを取り入れたからではない。郵政事業の分割に関しては、マッキンゼー社も案を練っていた。マッキンゼーは一足先に実施されたドイツの郵政民営化にコンサルタントとして参加したという経験があった。
 マッキンゼーで、郵政民営化を考えていたのは宇田左近さん(現・日本郵政専務執行役)である。宇田さんの考えがおもしろく、竹中さんの琴線に触れたようだった。
 宇田さんのやり方は、私のアプローチとはまるで違う。私は経済学的な見地からだったが、宇田さんは経営学的な観点からのものだった。しかし、到達した結論は同じ四分社化。後に宇田さんと話してみると偶然にも似た考え方だった。」(高橋洋一・前掲書より抜粋)

以上が問題の部分である。ここでこの問題の箇所から“客観的に”読み取ることができる事実関係をまとめておくことにしよう:

●郵政民営化という、総額350兆円もの“国富”にかかわる重大案件について、当然のことながら秘匿装置もついていない(したがって外国勢力によって盗聴も容易な)民間施設での協議が繰り返されていたこと。

●日本の郵政民営化に纏わる基礎的な検討作業に際し、米系経営コンサルティング会社が当初から深く関与していたということ。また、「民営化」が実現した後、その中心人物がそのまま民営化された日本郵政の経営幹部に滑り込んでいるということ。

これだけでも充分に驚きなのだが、さらに驚愕すべきことが一つある。それは、郵政民営化が米国から日本につきつけられてきた「対日年次改革要望書」の筆頭項目ともいうべき重大な要求であったという事実そのもの、あるいはそれを踏まえた展開に関する言及をこの本で高橋洋一氏は一切行っていないということである。この本の中でそもそも外国について触れた部分は、プリンストン大学に同氏が留学している最中の下りのみなのである。もちろん、外国勢力からなんらかの影響力の行使があったかどうかなど、物事の“核心”についての言及は一切ない。

しかし、郵政民営化をめぐってはそもそもこれが米国からの密やかな、しかし明確な対日圧力に基づくものであったことが当時(2005年頃)、最大の争点だったのである。そのことは余りにも周知の事実であるにもかかわらず、これについて当事者であった高橋洋一氏は一切言及していないわけである。単に失念したというのであれば「知」を武器にする官僚としての資質を疑わせるものであり、他方、意図的に記述していないというのであれば「誰のために働いたのか」という重大な疑念が高橋洋一氏の“業績”には今後常にまとわりつくことになるのだ。

いずれにせよ、はっきりしたことが一つある。
「歴史は沈黙によってもつくられる」

変わり始めた「潮目」を貴方は感じているか?

これもまた以前このコラムで書いたことなのであるが、ドイツ・ポストの民営化の立役者であった米系経営コンサルティング会社幹部は、その後、ドイツで脱税容疑により最近、大いに晩節を汚した。金融資本主義とは無情なものであり、「破壊と創造のプロセス」を維持するためには、時に自らの忠実なしもべをも餌食にするのである。日本における“破壊ビジネス”の立役者たちは、今、そのことをしっかりと胸に刻み込むべきだろう。(後略)」

Facing Wall

暮れの12月24日に、明治記念館で村上正邦先生を激励する会合があった。その会合で、「面壁」と題する俳句集が配布された。題字は、村上正邦 俳句抄 「面壁」 喜連川から熊野、そして福岡、とある。

村上正邦先生は、一年有半を喜連川の刑務所の独居房の生活の中で、俳句を詠まれている。立派な内容であるので、ネットで紹介することにした。数字をふってあるのは、俳句抄の頁である。

1 面壁の思い癒せよ冬の月

2  喜連川獄中にて

  木枯らしや男村上ここにあり

  照紅葉友の情けに泪落つ

3 駄々をこね迷いきたるか法師蝉

  迷い込む蝉の鳴き声むなしけり

  蟷螂ののぞいてをりぬ独居房

4 裂帛の気合に蝉の朝しぐれ

  釣瓶落し日に日に早き喜連川

  朝昼晩主役かはりて菊の鉢

5 ひまはりを刈って日当たりよきベンチ

  日の暮れて癒し給へと虫の声

  夏逝くや影のうつろふ白き壁

6 独居房我に生きよと蝉の声

  台風一過昔は地味を肥やしもし

  幽寂と空なる彼方秋澄めり

7 釣瓶落しあすの日を待ち生きていく

  掻き毟りあとのまつりか月嗤う

  如露の水撒けば上下に走る蟻

8 虫の音に世のえにし問ふ独居房

  どの花も大悲大慈や秋彼岸

  長き夜や寝返りすれども寝もやらず

9 音もなく頬を撫でゆく秋の風

  身に沁むや独居房外雨激し

  霧晴れて茜に染まる日は西に

10 願はくはわれに眠りを秋の夜

   夜もすがら虫の音を聞く獄の窓

   神の掌に長き夜委ね朝を待つ

11 獄の朝蜻蛉取りしは遠き日ぞ

   湿疹と我慢比べをして夜長

   夜もすがら秋風を聞く独居房

12 蟋蟀は応援歌なし我慢我慢

   開かぬ窓に都恋しや秋の風

   風吹けば一足飛びに秋彼岸

13 秋の雲くるくる変わり暮れてゆく

   蜩のおくれをとって鳴きはじむ

   菓子三日つづけて食うて秋彼岸

14  菊根分け素人なれば乱菊に

   新曲を奏づるごとくちちろ虫

   鉄格子より覗く虚空や星月夜

15  地に響く天楽の音や鉦叩

   行く秋や表情のなき森の精

   秋の夜や痒さに負けて掻く理屈

16  いちにちがやけに長くて秋の雨

   ふるさとの秋のまつりの便りきく

   苦しきことあらずと念じ布団敷く

17  十六夜や再び森の顕るる

   秋雨や森の梢は抱き合うて

   コスモスの講義うかがひ秋時雨

18  台風一過朝の梢は黄金色

   台風の爪あとのこし北へさる

   突風に倒れし菊の白さかな

19  秋の暮れひそと飯食う独居房

   月光もまた孤独なり正座せり

   獄窓よりの秋日あたたか背なに浴ぶ

20  秋の日の獄窓に差し免業日

   秋の野に四つ葉のクローバみつけたり

   空耳に声明響き秋気澄む

21  待ちに待つ仮釈の日や霧の朝

   山茶花や一日千秋待つ保釈

   城跡につはものしの枯葉掃く

22 枯葉落ち土に還りてときを待つ

   風に向きかえらむ後の更衣

   政遠きにありて秋深し

23  秋霜や天の光に地に我に

   気がつけば森の樹木も秋色に

   霙降る鉄格子の夜の痛みかな

24  帰るべき田園は荒れ秋時雨

   山帰来荒れし故郷へいざ帰らむ

   仮釈の日燦然としてもみぢかな

25 宇宙より熊野の太鼓秋晴るる

   熊野古道はまほろばの道秋の旅

     平成二十一年十一月六日 熊野本宮大社にて

   小春日を捧げて母の忌を修す

     平成二十一年十一月八日 母の十三回忌、福岡にて

27 平成二十一年十二月二十四日

以上である。

   

Kuroshio Culture and Tradition

飛び飛びに、一ヶ月に二回の割合で、黒潮文明論と題して定期的に書いている。リンクも飛び飛びになり、検索するのも面倒であるから、一挙にリンクを公開して、読みやすくすることにした。

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/kuroshio-1.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/kuroshio-2.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/kuroshio-3.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/kuroshio-4.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/kuroshio-5.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/kuroshio-6.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/kuroshio-7.html

⑧ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/kuroshio-8.html

⑨ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/kuroshio-9.html

⑩ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/kuroshio-10.html

⑪ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/kuroshio-11.html

⑫ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/kuroshio-12.html

⑬ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/kuroshio-13.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/kuroshio-14.html

⑮  http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/kuroshio-15.html

⑯ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/kuroshio-16.html

⑰ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/kuroshio-17.html

⑱ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/kuroshio-18.html

⑲ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/kuroshio-19.html

⑳ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/kuroshio-20.html

⑳① http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/kuroshio-21.html

⑳② http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/kuroshio-22.html

続き物であるから、ネタが尽きるまで書かなければならないが、以上22回までのリストになっている。番号が○に数字を入れていたが、コンピュータでどう数字を出せるのか分からないので、例えば、21を⑳と①とをふたつで表現している。

 黒潮の流れに着想を得た、ある種の民族文化論を書こうとしているが、学者の検証ではないので、黒潮が洗う列島の岸辺の人々の生活について、過去、現在、未来と想像しながら、自由奔放に書くことが大切と心得ている。読者のご叱正なり、あるいは、黒潮文明に関して、こんなことをテーマにしたらという提案や発見などをご教示いただければ幸いである。人気ブログランキングへ

Kuroshio 22

岡谷公二著『原始の神社を求めて、日本・琉球・済州島』(平凡社新書)に啓発されて本稿を書いている。帯には、「森そのものが神なのだ」と大書され、「沖縄の御嶽(うたき)から済州島の堂(タン)へ。人工のさかしらとは一切無縁のこの上なく清浄な聖なる森の系譜」と付言する。

 済州島には、「堂(たん)」という、大木が茂る石垣に囲まれた森があり、女性が祭を司る。沖縄の「御嶽(うたき)」も珊瑚礁の白砂を撒き、神の依り代であるクバの木などが生い茂る森の中の空き地で、ユタやノロが祭主となり、女人禁制ならぬ男子禁制の儀礼が執り行なわれる。沖縄と済州島の森は相似形だ。済州島は一二世紀まで耽羅国と言われ、琉球国も中央からの距離があって、相似形の原始の信仰が残った。

 
 済州島は、中央に標高一九五〇㍍の漢拏(はんら)山がそびえる楕円形の島である。緯度は紀州の和歌山あたりと同じで、島の南部は温暖な気候となり、蜜柑を韓国内で唯一生産する。済州島の海女は、伊勢志摩は言うに及ばず、伊豆、房総から日本列島の各地に出漁する。黒潮の分流が岸辺を洗い、流れによっては五島列島から雲仙、天草を経て、鹿児島、種子・屋久、奄美、沖縄との夏場の往来は、それほど難しくない。済州島では八月一五夜の綱引き大会が行なわれており、朝鮮半島の旧正月の冬の火祭りとは異なる習慣が多い。奄美や沖縄に見られる大ウナギも済州島の川には生息しているから、南の島々との共通項が色濃く見られる。「堂」に植えられている木は榎が多い。榎は水気を呼ぶ木として知られ、漢拏山の伏流水が豊富にあるから植生に合い、しかも枝振りがよく生気を漂わせている点で、亜熱帯の広葉樹の風情である。朝鮮五葉松のような針葉樹ではない。

 済州島から離れた朝鮮半島沿岸部にも、「堂」はあるが、済州島のように女が守るのではなく、男性の中から選ばれた祭官が儀式を執り行うようになった。済州島の堂と沖縄の御嶽が限りなく似ているのであれば、半島沿岸では儒教文化の激しい弾圧で、女を男の祭り主に変えて生き残りを図ったのだ。朴大統領は、セマウル運動と言う農漁村の近代化運動を強力に推し進めたが、「堂」を邪宗邪教のように取り扱った。それ以前にも李王朝の治世下で、仏教と共に淫祠邪教として迫害されている。日本の場合には、維新と銘打って、軍事技術を含めた科学技術の外国からの習得を合理的に行う場合でも、根本に復古の思想を秘めている。天武天皇は、天文秘法を習得するために、陰陽寮を創設したが、一方で大陸からの牧畜文化は断乎として拒否している。ちなみに、元の王朝は済州島に牧場を造り、馬が名産である。日本と朝鮮との差違は、肉食文化の濃淡にも見られるが、天武天皇は、牛馬、猿、鳥、犬を、食することを期間を定めて禁止している。済州島の神話には、豚肉の禁忌があることが特徴である。女の神が妊娠中に豚肉を食べたところ、男神が怒って女を追い出したとある。豚肉を嫌う男神が肉食の騎馬民族の気風で、豚肉を食べる姫君は南方の島々から日本列島に至る食文化を象徴しているように想像できる。豚は記紀にも万葉集にも記述があり、日本では禁忌の対象ではない。奄美や沖縄の南島では豚は生活と密着している。

 犬を食べる文化も、朝鮮半島、フィリピンから、南太平洋の島々まで広く展開する。日本本土でも南の島々でも赤犬を食べていた。ハワイでは、西洋の独善からの批判を躱すために、豚肉の丸焼きを伝統食に変えている。

 高麗の神話は、海神は例外なく豚を好むとして、太祖は、竜王の娘と結婚して竜王のもとを去る時に、海の統治権の象徴である豚を与えられたという。思い当たる節がある。沖縄の糸満の海ん人(うみんちゆ)は、浜辺で豚の血を塗った漁網を取り繕う。豚の血が漁獲を増やす秘訣で、今村昌平の映画「神々の深き欲望」にも、子豚を海に放り込んで鱶に犠牲を捧げる場面があった。男が追い込み漁をしていたのが、黒潮に乗って列島を北に辿るうちに、女の仕事に転化していったのではないかと推測する。神武天皇の母君が海神国からの姫君であることにも繋がる。女の司祭が排除されて男に変わる過程は、朝鮮半島沿岸の堂で、儒教と妥協して祭司を男にしたのと同じだ。

 日本の神社は小さな森と拝所が原型だが、いつしか、新羅や百済の亡命の貴族も祭られ荘厳な社殿を造り、崇敬されている。しかし、済州島の堂は、黒潮文明と共通する広がりをもちながら、肩をすぼめて目立たないように、大陸文明に押されて片隅に潜んでいる。御嶽も堂も神社も、もともとは黒潮の滔々たる流れに往来を続けた、海神国の神々から生まれた兄弟と姉妹の子孫を祭る社である。縄文以来、黒潮の道を往来した祖先崇拝の、堂や御嶽と鎮守の森こそが神社の原始の形態である。黒潮の流れに沿って、済州島や多島海の堂の森があり、沖縄の御嶽や、奄美の拝山(おがみやま)がある。日本の神社は、鎮守の森に権力を克服する権威が加わって壮大な社殿を備えるものが出たが、堂と御嶽に鳴り響く簡素で直截な祈りは黒潮の同胞の心の根本に残っている。(つづく)

Cats or Dogs?

犬か猫かの議論をしてきた。下記の通りまとめて読みやすくした。政治経済国際の分類もおかしいのであるが、とりあえず、そのままにしておいた。閑話休題のまとめである。

① http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/cats-or-dogs.html

② http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/cats-or-dogs-2.html

③ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/cats-or-dogs-3.html

④ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/cats-or-dogs-4.html

⑤ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/cats-or-dogs-5.html

⑥ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/cats-or-dogs-6.html

⑦ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/cats-or-dogs-7.html

⑧ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/cats-or-dogs-8.html

⑨ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/cats-or-dogs-9.html

⑩ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/cats-or-dogs-10.html

⑪ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/cats-or-dogs-11.html

人気ブログランキングへ

Turning Around

David Abraham氏が、Los Anegeles Timesに投稿した記事である。リーマンブラザーズのアナリストとしての経験を書いている。

ウォールストリートでは、焦点を絞って視野を狭くするために高い給料が払われた。振り返って見れば、それが一番わかりやすい金融危機の原因の説明かも知れない。誰も、全体像を見ていなかったのだ。複雑な金融デリバティブを造りあげても、借金が増えるだけの品質の悪い財産を抱えて、足下の基礎の、土台が腐ってきていたのだ。

By David Abraham, F03

September 8, 2009

The financial industry didn't collapse in the economic earthquake, but for many its image has been shaken.

Life was good. I was turning 35, had just moved into a new apartment and was settling into my job on Wall Street. Then came September 2008 and the largest economic earthquake since the Depression. As an employee at Lehman Bros., I was at the epicenter.

I had left my previous job in government, enticed by the grandeur and financial rewards of working on Wall Street, the nerve center of global finance.

I was surprised initially to find how narrowly defined people's roles were. Some traded only Latin American debt; others analyzed the credit risk of hedge funds. Some people had jobs with incomprehensible titles, like "high frequency stat arb quant trader."

On Wall Street, people were paid well to focus narrowly. And that, in retrospect, might be the simplest explanation for our financial crisis: No one was focused on the total picture. Even as we built complex financial derivatives, our very foundations -- based on rising debt and low-quality assets -- were rotting.

As Lehman's stock price fell from $64 to $40 to $24, we knew we were in trouble. But most of us believed the markets had just temporarily turned against us. It was easier to focus on market misinterpretation than on the possibility that a business model developed over the course of 150 years had suddenly failed.

The day we declared bankruptcy, almost everyone came to work. Many took personal information off computers and updated resumes for the headhunters that were suddenly calling. The smart ones went to bars. They figured -- rightly as it turned out -- that there would be plenty of time for job-hunting. In the span of a week, Wall Street lost its swagger. The people who turned confidence and money into more of both were suddenly left wondering how they would make a living at all. Up and down the Street, no one was lending; few were trading. There was little to do but wait to see which firm would fail next.

After I lost my job in November, I took little comfort in knowing I wasn't alone. That meant a lot of competition. We were all seeking the same shrinking pool of finance positions. The word on the Street was that our field would never be the same.

By late spring, however, limited hiring had returned. And today almost all of my colleagues who lost jobs seem to have them -- at least temporary ones -- according to their LinkedIn status. Some are doing the same jobs for different companies. Others started new firms or headed to small hedge funds to avoid government-mandated pay restrictions. One resourceful friend, who underwrote commercial real estate loans, now cleans up the books of banks that made too many. Despite an initial jump in job loss and some lingering unemployment, predictions that one in four finance professionals would be out of work never materialized.

Earnings are up, and so is the confidence to explore controversial new ways to make money, like high-frequency computerized trading. The community is a bit smaller, the deals not yet as grandiose, the pay slightly more modest. The biggest change may be one of image: Wall Street has lost its luster.

• David S. Abraham, formerly a sovereign analyst at Lehman Bros., works at an investment research firm and a graduate of The Fletcher School.

http://news.fletcher.tufts.edu/newsfl/2009/09/turning-around-on-wall-street-david-abraham-f03/

Rectifying Wrong Privatization

昨年12月20日の高知市をかわぎりに、政府が進める郵政事業改革に利用者の意見を反映するため、日本郵政主催による地方公聴会が開かれているが、その四回目の会合が新潟県の加茂市で1月20日に開催された。日本郵政の社外取締役に就任した小説家の曽野綾子氏が、四回のすべての会合に出席しているが、今回は、加茂市の小池清彦市長も同社の社外取締役を務めているために、同市で約500人の聴衆を集めたと言う。地元自治会の代表者や企業経営者らが意見を述べたが、過疎地域でのサービス低下を危惧(きぐ)する声が相次いだという。

郵政関係の専門新聞である通信文化新報2月1日号は、次のような意見が発表されたことを報道している。ご参考まで。

「市場原理主義によって進められた構造改革、地方の疲弊を肌で感じている。郵便局は、ゆうちょ銀行とかんぽ生命の下請けのようになっている。誇りを持って郵便局の仕事をしてきたが、ゆうちょ銀行とかんぽ生命に仕事をもらっている感じだ。郵便局の保守などは、地元に頼み、安く直してもらっていたが、民営化後はファシリティセンターという部署を通じないと、一切工事をしてはならないとなった。一例として、エアコンが不調で近くの電気工事者に見てもらったら、 ヒューズを替えたら直ると言われた。東京に電話すると業者を差し向けると言うことで、百キロも離れた業者がきて、ヒューズ一本を変えるのになんと二万五千円もかかった。最近も郵便発着場の鉄扉のストッパーが壊れたので、ファシリティセンターに連絡したら指定の業者がきたが、約2時間の工事で32万円だった。非常に驚いた。地元にも業者はいる。地元で直せるものを、1カ所でとりまとめ、それも指定業者に頼み、安くできる作業をわざわざ高くしているとしか思えない。現場には、残業をするな、非常勤社員はなるべく使うな、経費削減と言うことを厳しく言うが、訳の分からないカネの使い方だ。加茂川夏祭りがある。郵便局で協賛金を出していたが、民営化後は一銭も寄付が出来なくなり参加できない。郵便局は手足をしばられ勝手なことが出来なくなった。地元と密接な連携が出来ず、郵便局場慣れが信仰しているのが現状。どう考えても郵政事業は赤字を出していたわけではないし、税金も一銭も使っていなかったのに、何故民営・分社化が必要だったのか、全く理解が出来ない。」とある。民営化で異常な保守工事費用と言うタイトルがつけられている。

人気ブログランキングへ

New restrictions 2

ボルカー元連邦準備銀行総裁が、ニューヨークタイムス紙に投稿した記事。(2月1日付)

もうregulation, 規制と言う言葉を使っていない。restriction制限と言う言葉です。日本では金融規制と言っているが、金融機関に制約を課すことが改革であると主張している。

http://dealbook.blogs.nytimes.com/2010/02/01/volcker-how-to-reform-our-financial-system/

New restrictions

1月21日のオバマ大統領による新金融規制案導入についての演説。日本の新聞にも記事があるが、実際の発言は、激しく厳しいものである。

http://www.asahi.com/business/topics/economy/TKY201001220476.html

ご参考まで。

The White House

Office of the Press Secretary

11:34 A.M. EST

THE PRESIDENT:  Good morning, everybody.  I just had a very productive meeting with two members of my Economic Recovery Advisory Board:  Paul Volcker, who's the former chair of the Federal Reserve Board; and Bill Donaldson, previously the head of the SEC.  And I deeply appreciate the counsel of these two leaders and the board that they've offered as we have dealt with a broad array of very difficult economic challenges.

Over the past two years, more than seven million Americans have lost their jobs in the deepest recession our country has known in generations.  Rarely does a day go by that I don't hear from folks who are hurting.  And every day, we are working to put our economy back on track and put America back to work.  But even as we dig our way out of this deep hole, it's important that we not lose sight of what led us into this mess in the first place.

This economic crisis began as a financial crisis, when banks and financial institutions took huge, reckless risks in pursuit of quick profits and massive bonuses.  When the dust settled, and this binge of irresponsibility was over, several of the world's oldest and largest financial institutions had collapsed, or were on the verge of doing so.  Markets plummeted, credit dried up, and jobs were vanishing by the hundreds of thousands each month. We were on the precipice of a second Great Depression.

To avoid this calamity, the American people -- who were already struggling in their own right -- were forced to rescue financial firms facing crises largely of their own creation.  And that rescue, undertaken by the previous administration, was deeply offensive but it was a necessary thing to do, and it succeeded in stabilizing the financial system and helping to avert that depression.

Since that time, over the past year, my administration has recovered most of what the federal government provided to banks. And last week, I proposed a fee to be paid by the largest financial firms in order to recover every last dime.  But that's not all we have to do.  We have to enact common-sense reforms that will protect American taxpayers -– and the American economy -– from future crises as well.

For while the financial system is far stronger today than it was one year ago, it's still operating under the same rules that led to its near collapse.  These are rules that allowed firms to act contrary to the interests of customers; to conceal their exposure to debt through complex financial dealings; to benefit from taxpayer-insured deposits while making speculative investments; and to take on risks so vast that they posed threats to the entire system.

That's why we are seeking reforms to protect consumers; we intend to close loopholes that allowed big financial firms to trade risky financial products like credit defaults swaps and other derivatives without oversight; to identify system-wide risks that could cause a meltdown; to strengthen capital and liquidity requirements to make the system more stable; and to ensure that the failure of any large firm does not take the entire economy down with it.  Never again will the American taxpayer be held hostage by a bank that is "too big to fail."

Now, limits on the risks major financial firms can take are central to the reforms that I've proposed.  They are central to the legislation that has passed the House under the leadership of Chairman Barney Frank, and that we're working to pass in the Senate under the leadership of Chairman Chris Dodd.  As part of these efforts, today I'm proposing two additional reforms that I believe will strengthen the financial system while preventing future crises.

First, we should no longer allow banks to stray too far from their central mission of serving their customers.  In recent years, too many financial firms have put taxpayer money at risk by operating hedge funds and private equity funds and making riskier investments to reap a quick reward.  And these firms have taken these risks while benefiting from special financial privileges that are reserved only for banks.

Our government provides deposit insurance and other safeguards and guarantees to firms that operate banks.  We do so because a stable and reliable banking system promotes sustained growth, and because we learned how dangerous the failure of that system can be during the Great Depression.

But these privileges were not created to bestow banks operating hedge funds or private equity funds with an unfair advantage.  When banks benefit from the safety net that taxpayers provide –- which includes lower-cost capital –- it is not appropriate for them to turn around and use that cheap money to trade for profit.  And that is especially true when this kind of trading often puts banks in direct conflict with their customers' interests.

The fact is, these kinds of trading operations can create enormous and costly risks, endangering the entire bank if things go wrong.  We simply cannot accept a system in which hedge funds or private equity firms inside banks can place huge, risky bets that are subsidized by taxpayers and that could pose a conflict of interest.  And we cannot accept a system in which shareholders make money on these operations if the bank wins but taxpayers foot the bill if the bank loses.

It's for these reasons that I'm proposing a simple and common-sense reform, which we're calling the "Volcker Rule" -- after this tall guy behind me.  Banks will no longer be allowed to own, invest, or sponsor hedge funds, private equity funds, or proprietary trading operations for their own profit, unrelated to serving their customers.  If financial firms want to trade for profit, that's something they're free to do.  Indeed, doing so –- responsibly –- is a good thing for the markets and the economy.  But these firms should not be allowed to run these hedge funds and private equities funds while running a bank backed by the American people.

In addition, as part of our efforts to protect against future crises, I'm also proposing that we prevent the further consolidation of our financial system.  There has long been a deposit cap in place to guard against too much risk being concentrated in a single bank.  The same principle should apply to wider forms of funding employed by large financial institutions in today's economy.  The American people will not be served by a financial system that comprises just a few massive firms.  That's not good for consumers; it's not good for the economy.  And through this policy, that is an outcome we will avoid.

My message to members of Congress of both parties is that we have to get this done.  And my message to leaders of the financial industry is to work with us, and not against us, on needed reforms.  I welcome constructive input from folks in the financial sector.  But what we've seen so far, in recent weeks, is an army of industry lobbyists from Wall Street descending on Capitol Hill to try and block basic and common-sense rules of the road that would protect our economy and the American people.

So if these folks want a fight, it's a fight I'm ready to have.  And my resolve is only strengthened when I see a return to old practices at some of the very firms fighting reform; and when I see soaring profits and obscene bonuses at some of the very firms claiming that they can't lend more to small business, they can't keep credit card rates low, they can't pay a fee to refund taxpayers for the bailout without passing on the cost to shareholders or customers -- that's the claims they're making.  It's exactly this kind of irresponsibility that makes clear reform is necessary.

We've come through a terrible crisis.  The American people have paid a very high price.  We simply cannot return to business as usual.  That's why we're going to ensure that Wall Street pays back the American people for the bailout.  That's why we're going to rein in the excess and abuse that nearly brought down our financial system.  That's why we're going to pass these reforms into law.

Thank you very much, everybody.

END
11:42 A.M. EST

Ebb tide

フェルドマン氏のような、小泉・竹中政治の黒幕として、上げ潮派の論客として、活躍して、市場原理主義の横行を賛美して、また、経済のバブルの破綻が近いという引き潮を、上げ潮だとあおり立てて、日本経済を破壊する子とを助けた、経済予測屋さんが、名だたるロイター通信の解説者として登場するのは、おかしな話だ。反省があって然るべきである。拝金の徒には、恥知らずという言葉はないらしい。偏狭なナショナリズムで行っているのではない。無責任に構造改革と主張しながら、一部の連中だけが巨万の富をあげて、大多数が貧困に向かい、弱肉強食の世界があたかも理想の世界のように主張したのは、市場原理主義の奇怪な現象で、日本の国体に合わないから、主張しているので。英語で言えば、とでも言うところだろうか。

上記のコメントを、ロイター通信のロバート・フェルドマン氏のコラムに対して投稿した。英語で言えば、の次は、恥を知れ、シェイムオンユーと書くところだが、そこは省略した。いずれにしても、市場原理主義の残党が蠢いている。

http://blogs.jp.reuters.com/blog/2010/02/01/%e6%82%aa%e5%8c%96%e3%81%99%e3%82%8b%e3%83%87%e3%83%95%e3%81%a8%e5%af%be%e5%bf%9c%e7%ad%96/

Snow Festival

当ブログは、所用で山形県の寒河江市に行く機会があった。そこで、友人から、寒河江川をさかのぼった月山の麓にある大井沢雪祭りのパンフレットを頂戴した。第二十一回の雪祭りである。豪雪を逆手にとって雪こそ宝だとの発想で開催してきたという。

 たまたま、山形道の高速道路が、今年の六月から無料になるかも知れないと言う、ニュースが舞い込んできたが、その酒田へ山形から抜ける高速道が、月山野山中で、一部途切れているから、大井沢は、山形から西へ高速道路でどんどん行くとその高速道路が途切れるところであるから、わかりやすい。高速道路を無料化にすべしと主張してきた山崎養世氏と、寒河江の近くの西川町の玉貴という美しいひな祭りの飾りのある料理店で、月山の高速道路の無料化について話し込んできたことが記憶に残る。

 今年の雪祭りは、2月27日、土曜日である。高速道路の割引があって、千台あたりからは千円でいけるか。道路行政の方針が変わると、地方が豊になることが実証されればと祈ることである。

http://www.gassan-info.com/modules/news/article.php?storyid=233

 宿泊などの問い合わせは、電話番号0237-74-4119の観光協会が対応している。

 当ブログの参加者がご関心を持っていただき、参加していただければ幸いである。

人気ブログランキングへ

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

興味深いリンク