構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Postal Crime | トップページ | Opinion Survey »

Postal Crime 2

簡保の宿の一括売却の問題について、会計検査院の見解が明らかになった。

売却の郵政資産、8割転売=かんぽの宿・社宅628施設-会計検査院

 会計検査院は17日、日本郵政(旧日本郵政公社)の保養・宿泊施設「かんぽの宿」や社宅などの不動産について、売却や保有状況などの検査結果をまとめた報告書を参院議長に提出した。公社時代に売却された628施設の8割が転売されており、検査院は「買い手は転売目的で購入していたことが推察される」と指摘した。
 かんぽの宿売却をめぐっては昨年、過去の転売や民営化後の一括譲渡手続きの不透明さが問題となり、参院が検査要請していた。
 報告書によると、公社は2007年度までの5年間に628施設を取得額の3分の1程度の計約1093億円で売却。転売は510施設に達し、うち295施設が2~6回転売されていた。

というものである。三月十七日の報道であった。

簡保の宿、社宅628施設などの不正売却が公式に認められたことになる。東京地検特捜部にも告発が行われているのだから、ちゃんとした捜査が行われてしかるべきである。犯罪を、しかも巨額の国民資産の不正な売却の問題を放置してはならない。

人気ブログランキングへ

|

« Postal Crime | トップページ | Opinion Survey »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/47873085

この記事へのトラックバック一覧です: Postal Crime 2:

« Postal Crime | トップページ | Opinion Survey »