構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Chalmer Johnson's view on Okinawa | トップページ | Japan Connection »

Biology

何かおかしなことが起きているようだ。

京都大学さんよ、しっかりして下さいよ。海外企業と契約をしてはいけないと行っているのではないが、国益を大事にして下さいとの意見です。

その昔、日本で発明されたある衛星通信の技術が日本の学者が外国に無償で提供して、世界的に普及したのはよかったのですが、いっこうに日本では使われなかったことがありましたし、今回は、無償提供ではなくて、カネが絡んでいますから、外国の企業が潤って、日本が滅ぶのではどうしようもなくなるという、老婆心ながらの心配です。外国の企業は本当に、カネカネの世界で生き馬の目を抜くような連中が多いですから申し上げているだけです。本当は、

国立大学ですから、ちゃんと政府が規制すべきなのですが、構造改革とやらで、もう政府の法も審査能力も国を守る意識も失せてしまったいるのかもしれませんが。金儲けではなく、だけではなく、日本の国民の福祉の為にまずは、第一にして、それから、やはり人間の為に活用されることと言う崇高な目的を忘れると、恐ろしいことになる。つまり、細胞の民間独占が起きてしまうことになります。

格言がありますが、Good inventions will soon be exploited by malicious people, どんなによい発明も、そのうちすぐに、よこしまな連中に悪用されてしまう、というのがありますが、どうでしょうか。

「京都大が設立したiPS細胞(新型万能細胞)の特許管理会社「iPSアカデミアジャパン」(京都市)は7日、米バイオ企業「セルラー・ダイナミクス・インターナショナル(CDI)」に特許使用を認める契約を結んだと発表した。

 海外企業との契約締結は初めて。

 CDI社は、山中伸弥・京大教授のライバルであるトムソン・米ウィスコンシン大教授らによって設立され、山中教授とは異なる方法で作ったiPS細胞由来の心筋細胞を商品化した。今後1年半以内に肝臓や神経などの細胞も発売予定で、その作製に山中教授の方法も取り入れる意向という。特許料などは明らかにしていない」とある。

英文の記事もある。

外国の会社は日本に子会社を作って、いろいろな活動をしているようである。

http://www.news-medical.net/news/20100507/CDI-iPS-Academia-Japan-announce-licensing-agreement-for-seminal-iPSC-patent-portfolio.aspx

|

« Chalmer Johnson's view on Okinawa | トップページ | Japan Connection »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/48303100

この記事へのトラックバック一覧です: Biology:

« Chalmer Johnson's view on Okinawa | トップページ | Japan Connection »