構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Imperial Cruise, the Author's explanation | トップページ | Japan should have said No 1 »

Government Sachs

フィナンシャル・タイムズから便利なリンク先のアドレスが送られてきた。ギリシアの財政危機の背後にもいたと報道されている、ゴールドマン・サックスの諸問題についてまとめて読めるサイトのリンクである。日本でも、日本長期信用銀行の破綻から始まって、郵政民営化に至るまで、ゴールドマンが、陰で?関与したことが想像されるが、まだまだ明らかになっていない部分が多い。それにしても、日本のマスコミは、外資の行儀の悪さをほとんど書かないですね。日本でもうけた連中が、ニューヨークのセントラルパークの億ションで、宴会をやっている話も最近聞いたのですが。

ご参考まで

http://www.ft.com/cms/9c094c2a-d8f3-11de-99ce-00144feabdc0.htm?ftcamp=Late_graphic2/NL/APMay2010/Vanilla_gsachs/0/

|

« Imperial Cruise, the Author's explanation | トップページ | Japan should have said No 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/48351626

この記事へのトラックバック一覧です: Government Sachs:

« Imperial Cruise, the Author's explanation | トップページ | Japan should have said No 1 »