構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Solid View or One Issue Party? | トップページ | Harsh Resistance »

Kyudo Japanese Archery

http://mainichi.jp/enta/cinema/news/20100511k0000e050058000c.html

初の世界弓道大会が、明治神宮で開催され、十八カ国からの参加があったが、フランスチームが優勝した。優勝を期待された日本は、敗退した。海外では精神修養と去れ、日本ではスポーツになる不思議である。そのうち、柔道のように、劣化しなければ良いが。相撲も同様で精神がなくなると、単なる格闘技になってしまう例があるが、弓道は、フランス人に継承されているようである。また、日本を情けなく感じることである。

[The French team has become the first-ever world champions of Japanese archery after the squad overwhelmed their rivals with their outstanding shooting skills.

The First Sekai Kyudo Taikai (First World Championship of Japanese Archery) was held at Tokyo's Meiji Shrine with teams and individuals from 18 countries and regions taking part.

The French team won the inaugural tournament to become the first world champions of kyudo, or Japanese archery, while Japan lost in the qualifying round despite expectations that it would dominate the competition.

Kyudo is popular in Europe, the U.S. and other countries. Japanese expatriates and non-Japanese citizens who used to live in Japan and have experienced the art of Japanese archery have contributed to the promotion of kyudo, and helped establish the International Kyudo Federation about four years ago. Currently, it has 16 member countries besides Japan.

During the team competition, national and regional groups consisting of three players, male or female, competed on the number of arrows that hit the target, with each archer shooting four times. The French national team received a standing ovation from the audience when all the members hit the target on all 12 rounds during the semifinal.

The members of the winning team, who had won the preliminary contests in their own country and made the national squad, were Michel Dupont, Marc Bertin, and Patricia Stalder.

Dupont, a 50-year-old truck driver who was captivated by the art of kyudo, which he saw in Akira Kurosawa's Seven Samurai at the age of 18, started the sport about 30 years ago. He explains its attraction, saying "Kyudo is the pursuit of spiritual, technical and physical perfection."

Bertin, a 35-year-old computer engineer who has been doing archery since 2006, is a former karate fighter and says he started practicing kyudo because he "wanted to further enhance his inner strength," while Stalder, who started kyudo in 1994 and is the only female player on the team, says she thinks the discipline of kyudo is beautiful.

Meanwhile, the Japanese team suffered a crushing loss in the qualifying round, contrary to expectations.

Commenting on Japan's defeat, one of the executive board members of the All Nippon Kyudo Federation said, "In foreign countries, Kyudo is regarded not as sport but as a discipline. Japanese team members might have been distracted by the pressure that they must serve as an example to other teams. It feels like we have been taught what kyudo is about by foreign participants."

The competition will be held every four years」.

|

« Solid View or One Issue Party? | トップページ | Harsh Resistance »

コメント

小生も日本国発祥の武術をこつこつ修行していますが、フランス國で小生が学んでいる同じ武術・兵法の修行をしている人々は数千人を超え、日本国内の修行者数はその十分の一にも満たない故先年帰幽した小生の八十歳を超えた師匠などは、いずれフランスからこの武術が逆輸入されるだろうと嘆きとも又皮肉とも取れる言葉を良く云っていました。もっともそういう師匠もかの国にこの武術・兵法を教えていた一人には違いなく、その言葉にはかなり自慢の想ひが有ったなあと懐かしく回想する昨今です、天真正傳香取神道流と云い、奈良時代より今の茨城・千葉県のあたりに居住していた土着の防人達が伝えていた戦闘時の格闘技を室町時代・飯笹伊賀守家直公という千葉氏に仕えていた武将が主家滅亡後、今の香取神宮内に道場を建てられ、そこで三年間潔斎精進し開いた武術・兵法と伝えられています。無駄な戦いを好まず、修験道にも通じていた飯笹開祖は、試合を申し込んで来た武術修行者に庭にあったハスの葉に上にさらりと乗られ妙技を見せられいつも無駄な戦いを言下に否定されていたという逸話が残されています、剣術・棒術・長刀術・手裏剣術・居合術・柔術等が今も伝えられ、神道流川崎唯心館の杉野嘉男師範が三船敏郎さん主演の三匹の侍の映画撮影においての戦闘場面の殺陣の指導を行い、それが香取神道流の具体的術儀が世界に紹介される事になり、昭和五十年頃よりロシア、欧州各国、カナダ・米国、豪州に居住するアーリア人種の子孫白人達に、杉野師範とその高弟達が渡航し教導した故に熱心な修行者を盛んに今も輩出する事になりました、柔道・剣道等の試合を修行の中心とするスポーツとは異なり、現象的には型稽古による技の研鑽ですがその型の練磨に無限の味わいが感じらる様になり、それが日常生活にも通じる精神性を生み出す事にもなるのかも知れません。アーリア人・白人文明文化には見られない精神性が感じられる故に修行される人達が多いのでしょう。植芝盛平師範が創始された合気道も白人の人々が熱心に稽古されています、もちろん盛平先生も日本傳武道を極められた方であり皇道大本教の熱心な信者だったことは有名な話です。

投稿: tatsuo | 2010年5月22日 16時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/48417705

この記事へのトラックバック一覧です: Kyudo Japanese Archery:

« Solid View or One Issue Party? | トップページ | Harsh Resistance »