構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Thailand braces violence | トップページ | Postal Corruption in Osaka »

Postal Reform

郵政改革法案をめぐっては、米国通商代表部(USTR)などが「民間との競争条件が不公平」などとし反発しているという。。世界貿易機関(WTO)大使級協議が21日にスイスのジュネーブで開かれる予定だというが、欧米側は、WTO提訴も辞さない厳しい姿勢で、日本に改善を迫るなどとの報道であるが、しばし、冷静に考えてほしい。当事者の米国では、銀行の倒産回避の為に、国が税金をつぎ込み、あれほど、日本の簡易保険をつぶせと主張していた会社が、破産寸前になると、国有化かした。それに、日本が難癖をつけたことはない。そろそろ、内政干渉はやめるべきであるし、日本の外交当局もちゃんと日本の主張をするべきだ。日本は、WTOの場所に参加していても、日本の国内問題に干渉されるべきではない。

|

« Thailand braces violence | トップページ | Postal Corruption in Osaka »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/48392694

この記事へのトラックバック一覧です: Postal Reform:

« Thailand braces violence | トップページ | Postal Corruption in Osaka »