構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« An introduction to Yoshino gathering | トップページ | Thailand situation »

Thaksin Foreign Connection

タイの混乱が続いているが、その首謀者であるタクシン元首相の実態についていよいよ情報が出つつある。ご参考まで。タクシンは、市場原理主義者で、ブッシュなどと、カーライル社の顧問をしていたことが知られている。

http://www.infowars.com/thailands-thaksin-shinwatra-marxists-and-the-nwo/

タイで混乱が続いているが、その背後には、元総理大臣のタクシン・シナワトラが、いることは間違いない。ドバイで亡命生活を続けているとも言われている。去年の10月にはサウジアラビアに旅行していたことも伝えられている。タクシンは、米国の金融機関である、カーライル社のアジア顧問を務めており、総理大臣就任後もその職を続けていたものと見られており、外国の投資家との橋渡しの役割をしていた。

タイは、アジアで、日本と並んでただ二つの西欧の植民地にならなかった国であるが、そうした国で、声高に、グローバリズムを主張して、自由貿易などの新自由主義的な考え方を支持していた。首相に就任するや、地方と田舎を基礎にする権力基盤を作ることとして、農村飢饉を作ったり、低い利子の貸し出しをしたり、健康保険と称して、本当は買収に近いものであるが、30バーツで医療にかかれる制度などを編み出した。陰では、後に赤シャツタイとなる、地方での、集団組織を組成した。その組織では、タクシンが、新しいタイ国家の指導者となるということが、情緒をあおる形で、吹き込まれた。この政治宣伝の手法は、毛沢東の手法である。タクシンは、一党独裁を目指したが、2006年に軍のクーデタがあって、その野望は中止の憂き目になった。タクシンは、市場原理主義という経済ファシズムをタイに導入して、アジアの自由貿易の共同体を作る考えが頓挫した。

タクシンは、ロンドンのエコノミスト誌のサム・ムン氏などという、政治宣伝の専門家の助けも得ているが、イギリスの陰が深くつきまとっている。毛沢東に見習った支持団体は、その後赤シャツ隊と呼ばれるようになったが、公式には、UDDとか、独裁に反対する民主主義の国家統一戦線などと呼んでいるが、UDDには、多くの共産主義者が含まれている。

現在のデモは、単に地方からバンコクに出てきて、地方の疲弊を訴えているわけではない。タイの社会階層を破壊して、タクシンの元で、共和国を作ろうという、毛沢東の蜂起である。もちろん、西欧の市場原理主義者が荷担していることは、すでに記したとおりであるから、タイの運命は危うしというところである。タイの共産化を画しているとの見方もできる。http://2bangkok.com/10/RedPublicationsCommunist.shtml

そうすると、背後にいる大きな力は、なにか、やはり、北京であろう。タクシンの組成した政党の機関誌などは、赤い革命を主張していたが、西欧のマスコミは、赤シャツタイの肩を持つかのように、そうした事実は報道されなかった。イギリスのBBC放送も、CNNも反政府側の被害と、銃を撃つ軍の映像を流すばかりで、背後関係についての言及は行わなかった。タクシン派の政党の機関誌などの写真が、ネットで説明をつけて公開されている。ご参考まで。http://2bangkok.com/09/RedPublications.shtml 

タイとは、そもそも自由という意味であるが、自由は、独立がなければ達成できないし、独立とは、誰からも支配されないで、知識を持つことである。タイは、米国のモンサントの遺伝子操作の種苗が売買されるのに抵抗している国である。映画情報産業が、外国流の法律を立法しろとの圧力に抵抗している国である。外国の製薬会社の搾取に抵抗している国である。タイを市場原理主義の国家に改変しようとする、市場原理主義の陰謀に抵抗している。

タクシーが海外逃亡をしてから、二年になるが、人民戦争論が言われたのは、タクシンの配下の連中である。戦車や、兵士が出動すれば、人民が出動して革命になると、海外から電話をした気配もある。が、実際は、デモ隊が暴れて、それを鎮圧するために、軍隊が出動したという逆の構図が真実である。赤シャツタイに反対するバンコク市民が、通りの障害物をどけようとするのを、阻止することも見られた。

タクシンと今回の赤シャツ隊の、バンコックにおける争乱が、海外のロビーストや、宣伝会社が介在しながら引き起こされている可能性は高い。特に米国政府に近い、宣伝会社である可能性がある。(赤シャツ隊の指導者は、逆の言い方をしているが。)ロンドンエコノミストの、サム・ムン氏を、タクシンが宣伝顧問として採用してからは、タイ政府と、タイの王制を批判する記事がどんどんでるようになったのが、その傍証である。ちなみに、どこの広告宣伝会社と言えば、バルフォアとか、グリフィスとか、ロバーツの名前があげられる。ワシントンのもっとも影響力のあるロビー会社であるBGR社が、タクシンという新しい顧客の為に記者会見を用意している可能性が高い。

以上、ご参考まで。

http://thanong.tripod.com/03072001.htm

以下は、六年前の記事である。アナンとはだれか。WTOの事務局長?ブッシュ元大統領との三十年来の知己。カーライル社の顧問。カーライル社は、レーガン政権の時の国防長官の作った、金融投資会社である。

Anand outlines ties to group of giants

March 7, 2001

FORMER prime minister Anand Panyarachun and current prime minister, telecom tycoon Thaksin Shinawatra, feature among the likes of George Bush, James Baker III, John Major and Fidel Ramos as noted advisers to the Washington-based Carlyle Group, a US$12 billion (Bt522 billion) private equity firm.

Anand told The Nation yesterday that he joined the Carlyle Group about two years ago at the invitation of former US President George Bush, whom he has known for about 30 years since the time they both served as ambassadors to the United Nations.

Anand still sits on the Carlyle Group's advisory board for Asia-Pacific, formed two years ago to advise the firm about political, economic and business prospects in this part of the world, while Thaksin is understood to have tendered his resignation from the same board upon becoming prime minister.

"As a member of the advisory board, I am not supposed to get involved in operations. I just give out advice when we meet to discuss about the economic or business opportunities in the region," Anand said.

Formed in 1987, the Carlyle Group, chaired by Frank Carlucci, secretary of defence in former President Ronald Reagan's administration, has invested more than $5.3 billion of equity in 200 corporate and real estate transactions with an aggregate acquisition value of more than $14 billion. As of December last year, the firm had more than $12 billion of capital under management.

The advisory board meets only once a year. The first parley, which Bush also attended, was held in Bangkok at the Oriental Hotel in 1999. Last year, the advisory board members assembled in Seoul. The board meets next in May in Hong Kong.

"I understand that the Carlyle Group has not yet made any investments in Thailand. But I heard that they have invested in a bank in Korea and a telecom firm in Taiwan," Anand said.

In its March 6 edition, the International Herald Tribune played up the political connections of the Carlyle Group in a front-page article, reporting that the firm has benefited from extensive contacts with numerous former government officials, principally in the Reagan and the senior Bush administrations.

Leslie Wayne of the New York Times, which together with the Washington Post publishes the Tribune, wrote the report, investigating how top-level government officials have helped turn Carlyle Group into a moneymaking machine. "In a new spin on Washington's revolving door between business and government, where lobbying by former officials is restricted but soliciting investments is not, Carlyle has upped the ante and taken the practice global," the reporter wrote.

Referring to Bush and Baker as the star powers of Carlyle Group, Wayne added: "With door-openers of this calibre, along with shrewd investment skills, Carlyle has gone from an unknown in the world of private equity to one of its biggest players."

Bush helped Carlyle Group win a deal for control of KorAm Bank, one of the few healthy banks in Korea.

In April 1998, while Thailand was still mired in a deep economic morass, Thaksin tried to use his American connections to boost his political image just as he was forming his Thai Rak Thai Party. He invited Bush senior to visit Bangkok and his home, saying his own mission was to act as a "national matchmaker" between the US equity fund and Thai businesses. In March, he also played host to James Baker III, the US secretary of state in the senior Bush administration, on his sojourn in Thailand.

"I'm just trying to be a matchmaker for those who want to invest in Thailand," Thaksin said in the April 24, 1998 edition of The Nation. "Every company needs to increase capital now and what our country needs most is capital and we want to sell our products."

At the first meeting of the advisory board, Asia-Pacific, in Bangkok on May 30, 1999, Bush gushed reassuring remarks about the promising prospects of the Thai economic recovery. "South Korea has recovered. Thailand is going to make it, I am sure," Bush said.

At the time, the Carlyle Group said it planned to create a $1-billion fund to invest in Southeast Asia, hoping to ride on the crest of the economic recovery. Its fund managers were busy holding talks with a number of Thai companies over possible investments. It was reported then that the Carlyle Group was looking towards investing $500 million in the steel, services and energy industries in Thailand.

Thaksin was quoted then as saying that the main obstacle to the Thai recovery was "the Thai owners' reluctance to part with their equity holdings in spite of the financial crisis".

In May 1999 the Carlyle Group joined five other companies, including Hongkong and Shanghai Banking Corporation, General Electric Capital Services, Newbridge Asia and American Asset Acquisition Corp, to bid for troubled Siam City Bank. The group backed off after of SCIB's assets had deteriorated appreciably.

BY THANONG KHANTHONG

|

« An introduction to Yoshino gathering | トップページ | Thailand situation »

コメント

約二十年前泰國の勤務を開始した頃、日本文化のルーツを感じる何だか慕わしい南国の風情をまず味わえた事は鮮明に今も思い出せます、それでも赴任直後の現地の人達との付き合いは楽では有りませんでした、小生タイ語が全く分かりません、初めてこの古代インド語を起源とする表記文字を見た時の驚きは世界の広さを味あわせてくれました、当時は英語しか話せず盛んに工場で使っていましたが、タイ人従業員数千人居て英語で交流出来得るのは十人以下であり、バンコックから離れ地方に出てしまった小生にとり本当に言葉の分からない状況に陥ってしまった初めての体験になりました、でも凄い暑さ、何しろ泰正月の時期は当時家の中で夜中冷房を効かしても全く約立たず暑さで寝ていられませんでしたが、しだいに彼等との付き合いに慣れてくると、もの凄く伸縮自在の生活術を取っている人達なのだなあと分かって来ました、何しろ適当にこちらの面子を立てるように対応しますが、自分達の利害特に不利になるような局面になると実にあっさり嘘はつく、さっさとその場から消えてしまふ等の面従腹背行為は日常茶飯時であり、その都度小生などはあいつらは同じ人間なのかなあと憤慨やるせなかったものでしたが、共に仕事をしながらもいったん信用してくれると実にあっさり西洋流の契約文書等のやり取りなど全く意に解せず、かなりの金額になるような取引事案でもそのまま小生達の提案・やり取りを認めてくれる様に成ってきました。タイ国民は政治の達人なのだと前タイ國大使だった岡崎久彦氏は語っていますが、一般庶民から政府の高官に至るまで可能な限り、自分の生活を楽しむ処世術には感心させられる事しきりです。世情を騒がしている赤シャツ隊と政府側とのやり取りも外人には伺いしれない旨い交渉を今後も密かに重ねていくのではないでしょうか。微笑みの國というフレーズは何とも合畜のある表現と思われます。

投稿: tatsuo | 2010年5月23日 07時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/48400519

この記事へのトラックバック一覧です: Thaksin Foreign Connection:

« An introduction to Yoshino gathering | トップページ | Thailand situation »