構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Reform Bills Discarded | トップページ | Translated statements »

A Fate of Fool's Gold seekers

木村剛氏のブログが中止になっている。

http://kimuratakeshi.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-6f54.html

「皆さん、こんにちは。木村剛です。私事になりますが、この度、私が会長を務めていた日本振興銀行が金融庁より業務停止命令を受けました。取引先・預金者・株主の方々に多大なご迷惑をお掛けし、大変申し訳なく思っております。

 今回の件につきまして真摯に反省するため、個人的に行っている他の活動につきましても、大幅に自粛することといたしました。その一環として、ゴーログにつきましても、しばらくの間、休止させていただきます。長い間、ご愛顧いただきありがとうございました。」

今日の報道であるが、木村剛氏が出していた、豪華雑誌のフィナンシャルにも手入れがあったという。毎日放送は、「金融庁の検査を妨害したとして捜査のメスが入った日本振興銀行は、「金融庁の顧問」だった木村剛氏が設立した銀行でした。

 「金融問題で成し遂げた、まっとうなことを、まっとうにやるということを、ぜひ竹中先生にはやって頂きたいと思います」(木村 剛 氏、2004年7月)

 竹中平蔵・元金融担当大臣の隣に立ち、熱弁をふるう木村剛氏。日本振興銀行は小泉政権時代、竹中元大臣のもとで「金融再生プログラム」の策定にも関わった木村氏が中心となり、6年前に設立されました。

 「中小・零細企業」のための銀行をうたいましたが、業績は低迷。経営破綻した商工ローン大手「SFCG」から買い取った債権が他の信託銀行にも二重譲渡されるなどのトラブルも発覚。木村氏は先月、赤字転落の責任をとって会長を辞任しました。

 さらに・・・
 「(法令違反については)営業が優先した結果だ。収益を先走るために、そういう行為に走ってしまった」(日本振興銀行 西野達也 社長、先月27日)

 金融庁からの業務停止命令を受けて、先月、陳謝する社長。去年6月からおよそ10か月という長期間にわたった金融庁の検査で数々の法令違反が明らかになりました。

 出資法の上限を大幅に上回る金利を手数料として受け取っていたり、融資を行う条件として自らが選んだ取締役の受け入れを要求したりしていました。そして、メールを消去するなどの「隠蔽工作」も行われていました。

 「メールの削除はございました。(関与したのは)役員含む数名」(日本振興銀行 西野達也 社長、今月11日)

 11日、社長は検査妨害への役員の関与を認めましたが、会長だった木村氏の関与については明言を避けました。

 木村氏は金融庁の前身、金融監督庁時代に金融機関の検査マニュアルの作成に携わった張本人。木村氏のワンマン経営といわれた日本振興銀行で木村氏が検査逃れを知らなかったのでしょうか。

 警視庁は押収した資料をもとに事件の実態解明を進める方針です。」と報道した。

ウィキペディアに掲載されている記事。ご参考まで。「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E6%9D%91%E5%89%9B_(%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%88)」

木村剛氏と、竹中元総務大臣との関係は現在どうだろうか。

「2002年には金融庁金融分野緊急対応戦略プロジェクトチームに参加するなど竹中平蔵とは深い連携関係にあり、互いを擁護する発言を続けている。

  • 2004年、竹中平蔵が参議院選に立候補した際は新橋で応援演説を行った[2]
  • 木村が理事長を務める『フィナンシャルクラブ』の最高顧問を竹中が務めている[3]
  • かんぽの宿オリックスへの売却問題に関しても、郵政民営化を直接指揮し、オリックス宮内義彦とも親しい竹中平蔵の鳩山総務大臣批判[4] [5] に連動するように自身のブログで鳩山総務大臣批判[6]を行っている。」
  •  木村剛氏のブログには、竹中平蔵氏をインタビューする動画も載せていた。動画は、雑誌のフィナンシャルの印が入った映像である。その動画像は、竹中教授が未だに、郵政民営化を正当化しようとする発言に終始する映像である。政治宣伝の手法である。車の中での撮影であるが、景色は外国の風でもあり、車が右を走っている様な画像になっている。

    郵政民営化の見直し法案が、今時国会で成立が見送られた政治決定の翌日に、手入れがあることも、因縁話のようである。今回は、検察ではなく、警察の捜査であることも興味深い。検察がすっかり政治化してしまって身動きがとれなくなってしまった中で、警察には、まだ、正邪を区別して行動する力が残っているらしい。郵政民営化の闇も、総務省の検証委員会の報告書も出たところであり、刑事告発も行われているので、しっかりとした捜査が行われルべきであると、当ブログなどは千秋の思いで期待している。

    |

    « Reform Bills Discarded | トップページ | Translated statements »

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/48602653

    この記事へのトラックバック一覧です: A Fate of Fool's Gold seekers:

    « Reform Bills Discarded | トップページ | Translated statements »