構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Edwin O Reichauer 3 | トップページ | Economic Policy for revival »

Arrogant Executives and outlandish pay

外国人経営者が日本企業の社長となり、天文学的な給与・ボーナスをとっていることを批判したが、銀行も、予想通りに、高い給料を取っているとの報道である。どんな業績があったのか。欧米の市場原理主義に追従して、日本を疲弊させただけの業績しかないのではないのか。貸し渋りをするのが、業績だったのか。不思議な国になった。日本人の中にも、欧米の拝金主義者が出たとは驚きである。銀行の高額所得者は、返上すべきである。年収三百万円で日本人が食っていけるかどうか議論しているときに、自分たちの業績が一〇〇〇〇〇〇〇〇円の給料に値するというのは、思い上がりでしかない。

|

« Edwin O Reichauer 3 | トップページ | Economic Policy for revival »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/48704419

この記事へのトラックバック一覧です: Arrogant Executives and outlandish pay:

« Edwin O Reichauer 3 | トップページ | Economic Policy for revival »