構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Kuroshio 28 | トップページ | Duke Ellington 2 »

Kuroshio Culture and Tradition

飛び飛びに、一ヶ月に二回の割合で、黒潮文明論と題して定期的に書いている。リンクも飛び飛びになり、検索するのも面倒であるから、一挙にリンクを公開して、読みやすくすることにした。28回目の記事である。4月のはじめの号は、危なく遺稿になるところだったが、その後、舞台は、旧南洋諸島に至っている。28回目は、黒潮文明の言語の広がりを書いた。壮大である。

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/kuroshio-1.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/kuroshio-2.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/kuroshio-3.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/kuroshio-4.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/kuroshio-5.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/kuroshio-6.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/kuroshio-7.html

⑧ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/kuroshio-8.html

⑨ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/kuroshio-9.html

⑩ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/kuroshio-10.html

⑪ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/kuroshio-11.html

⑫ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/kuroshio-12.html

⑬ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/kuroshio-13.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/kuroshio-14.html

⑮  http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/kuroshio-15.html

⑯ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/kuroshio-16.html

⑰ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/kuroshio-17.html

⑱ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/kuroshio-18.html

⑲ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/kuroshio-19.html

⑳ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/kuroshio-20.html

⑳① http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/kuroshio-21.html

⑳② http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/kuroshio-22.html

⑳③ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/kuroshio-23.html

⑳④ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/kuroshio-24.html

⑳⑤ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/kuroshio-25.html

⑳⑥ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/kuroshio-26.html

⑳⑦ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/kuroshio-27.html 

⑳⑧ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/kuroshio-28.html 

続き物であるから、ネタが尽きるまで書かなければならないが、28回までのリストになっている。番号が○に数字を入れていたが、コンピュータでどう数字を出せるのか分からないので、例えば、21を⑳と①とをふたつで表現している。

 黒潮の流れに着想を得た、ある種の民族文化論を書こうとしているが、学者の検証ではないので、黒潮が洗う列島の岸辺の人々の生活について、過去、現在、未来と想像しながら、自由奔放に書くことが大切と心得ている。今回は、東から来る外国勢力と日本とが出会った、26回あたりで言及した南洋諸島の話と重なり合うこととなった。読者のご叱正なり、あるいは、黒潮文明に関して、こんなことをテーマにしたらという提案や発見などをご教示いただければ幸いである。

 26回の記事は実に一月ぶりの掲載であり、危なくのところ、遺稿となりかねないところであったから、こうして、28回目のささやかな記事を続けられることは、幸いである。太平洋の西の岸を、アメリカ大陸の西部開拓の延長線上の力が徘徊しており、シナの大陸にも拡張主義の帝国があるが、黒潮の悠久の流れを極めてはいない。だんだんと政治の世界に入って行くような気がするが、文化と伝統に立ち戻って考えることとするので、多少のご寛恕をお願いする。次回は黒潮の反流に乗っているようで、もっと南の国を訪ねることになるかも知れない。また、読者のご意見もここらで拝聴したいところである。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

|

« Kuroshio 28 | トップページ | Duke Ellington 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/48391976

この記事へのトラックバック一覧です: Kuroshio Culture and Tradition:

« Kuroshio 28 | トップページ | Duke Ellington 2 »