構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Resistence | トップページ | Political life is also beautiful »

Postal Reform

http://www.kokumin.or.jp/seiken-seisaku2010/yuuseikaikaku.shtml?gclid=CIiVpf6-t6ICFQMwpAodwDP59A

[

|

« Resistence | トップページ | Political life is also beautiful »

コメント

小泉純一郎・元総理の、いわゆる“ワンフレーズ・ポリティクス”に騙されて、小泉・竹中版の『郵政民営化』に賛同してしまった方々に、是非とも目を通して頂きたいです。

特に、自民党の小泉進次郎氏には、一言一句しっかり読み込んでもらい、普段の“言葉足らず”な物言いではなく、きちんと“説明責任”を果たしたご意見を、じっくり伺いたいものです。

投稿: 臥薪嘗胆 | 2010年6月24日 17時57分

現在台湾に居住されている藤原 肇先生の書かれた"さらば暴政"という著作を拝見しましたが、実に巧妙な米国による日本國植民地の政策実践がこれまでの小泉政権発足から特に郵政資産の収奪をもくろみ計られて来ていると綿密に考証されていました、全く驚く事ばかりで国際社会の中で、いかに日本人が人が良いかそして洗脳され続ける社会として、日本國の今があるか改めて感じます。藤原先生曰く日本社会はタコ壺社会であると明確に云い切られていますが、がっかりすると同時にその的確な語り口に感心してしまいました。或る意味ではこの國自体が壮大な世界に類のない村社会になっている故に洗脳されやすいのかも知れません、しかし先年の民主党政権の発足はこの転換を持たらせると信じたいですね、でも参院選前の管首相の提言を聞く限り大分変梃りんな怨霊に取りこまれている様な気がして又一波乱あると感じていますが。

投稿: tatsuo | 2010年6月26日 08時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/48708211

この記事へのトラックバック一覧です: Postal Reform:

« Resistence | トップページ | Political life is also beautiful »