構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« A Test Case for Survival | トップページ | Prime Minister's Inauguration Speech »

Saving the Sun

新内閣の市場原理ぶりには驚かされる。国民の意見よりも、日米合意が先だという。勝手な民主主義でもない、思い上がりだ。郵政民営化見直し法案も、今日を境に廃案になる可能性が大だ。連立政権は、郵政改革法案を国会で成立させるとの合意をしていたはずだ。しかし、そうでなければ、国民新党は、連立から離脱すべきだ。そればかりではなく、亀井静香代表と、小沢一郎前民主党幹事長とで、政界再編を目指す救国戦線を組成する以外に活路はない。

自民党が、外国支配の市場原理主義の勢力に取り込まれて、政策転換が出来ないのは残念である。せっかくの政権交代が、55年体制を破壊したが、新内閣が冷戦時代以前の従属の政策に戻るようでは、この国の未来はない。あらゆる政策が後手後手だ。地方がうち捨てられ、一部の資本家だけが栄え、外国勢力のいいなりになる奇妙さだ。人気のある内に選挙と言っているが、選挙は人気投票ではない、その人気は、情報操作で出来た人気で、実際には地に落ちているのだ。国民は、自立・自尊の日本を求めるからこそ、民主党に投票したのであるが、期待は裏切られた。

|

« A Test Case for Survival | トップページ | Prime Minister's Inauguration Speech »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/48592422

この記事へのトラックバック一覧です: Saving the Sun:

« A Test Case for Survival | トップページ | Prime Minister's Inauguration Speech »