構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Duke Ellington 3 | トップページ | A Summertime Memory »

Tiananmen Massacre

六月4日は、天安門事件から、21年が経った。香港での追悼集会の画像である。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AD%E5%9B%9B%E5%A4%A9%E5%AE%89%E9%96%80%E4%BA%8B%E4%BB%B6

Tianasquare ロシアでは共産主義が崩壊したが、アジア大陸では中国共産党が、シナを支配している。市場原理主義で、いよいよ、社会格差は増大して、社会的な不安定を増している。周辺の諸民族に対する強圧的な政策をとり続けており、経済発展に伴い、著しい軍備増強を続けており、21世紀の世界の最大の不安定要因である。中国共産党は、天安門事件の評価を変えようとしない。自由と民主主義を擁護していた米国は、経済的な結びつきが強まる中で、米中経済同盟が成立したと見る向きもある。最近の米国内の世論調査では、日本よりも中国の方が、パートナーであると考える向きが多いとの報道もある。日本では、新政権が発足したが、さて、自立・自尊の日本を、全体主義の暴虐から守る気概があるだろうか。中米間には経済同盟が成立しているとの見方もあり、非対称の軍事同盟すら当てにならない時代である。

蝋燭の明かりを点して、天安門事件の追悼をする、香港の集会参加者もある。日本は、抑圧されたアジアの諸民族の支援者として大いに期待されている。

次の動画像には、余りに残虐な写真が含まれている。あらかじめ注意を喚起しておきたい。

|

« Duke Ellington 3 | トップページ | A Summertime Memory »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/48542897

この記事へのトラックバック一覧です: Tiananmen Massacre:

» 統合機運の基盤~十字軍によって開かれたパンドラの箱=性的自我 [日本を守るのに右も左もない]
キリスト教には内面と外面の使い分けという特徴があり、それが面従腹背の正当化⇒自我の温床空間の蔓延をもたらしたことは既に述べた。「キリスト教(内面と外面の使い分け⇒面従腹背⇒自我の温床空間)」 キリスト教には、もう一つ際立った特徴がある。性欲の否定、徹底した罪悪視である。 いつも応援ありがとうございます。 ...... [続きを読む]

受信: 2010年6月 7日 23時32分

« Duke Ellington 3 | トップページ | A Summertime Memory »