構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Handlers | トップページ | Oka Haruo--Youth’s  Paradise »

Corruption is a crime

Kimura_and_takenaka 左側の人物は、塀の中に落ちつつある木村剛・日本振興銀行前会長である。市場原理主義を謳歌した、日本銀行のOBである。フィナンシャルというお金持ち向けの雑誌などを出版していた。時代の寵児ではあった。右の人物は、名前の入ったたすきをしているので、説明は不要だ。

次のリンクの写真も興味深い。Tシャツに改革の字が入った写真が残る。改革とは、いかがわしいもののようだ。http://www.bingoweb.co.jp/digirepo/hiro6ku/senkyo001.htm

ご参考までのリンク。http://www39.atwiki.jp/politik/pages/1379.html

|

« Handlers | トップページ | Oka Haruo--Youth’s  Paradise »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/48888438

この記事へのトラックバック一覧です: Corruption is a crime:

» 日本振興銀行事件、側近の部署が債権審査担当やって融資実績を上げていた [国内情勢の金融と政治の現代を喋る]
nbsp;融資実績を形骸化だけして金融業を行うつもりがなかったのかどうかはこれから捜査のメスがによってより実態が明らかにされていくことだろう。手数料収入目的に融資実績だけを積み重ねるなんて酷い話だ。日本振興銀行側だけでなく商工ローンSFCG等もこの甘っちょろいシステムを上手に利用して現金を受け取っていたという。殆どの売却した債権が回収不能に陥るものだったようだし、まあまともな債権は日本振興銀行よりも債権回収のノウハウに長けた自社で回収するはずなので売却するはずはない。もうどうにもなんないも... [続きを読む]

受信: 2010年7月19日 04時01分

« Handlers | トップページ | Oka Haruo--Youth’s  Paradise »