構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Death by Overwork 3 | トップページ | Death by Overwork 5 »

Death by Overwork 4

日本の国内で、不当な低賃金労働が行われていることは看過できないが、同時に、送り出す国の中にも問題がある。

今日の記者会見で配布された資料の中に、次の様な記述がある。送り出す側で高額の保証金を取ってしまっている。記者会見でも、述べていたが、在京の中国大使館に掛け合ってもけんもほろろの対応であったとのことであった。

そんな研修などやめてしまえばよい。日本に行けば一攫千金が実現されるような根もない話が振りまかれて、中国の中の一部の連中が濡れ手に泡の賄賂を手にするような話だ。研修生が、中国からが八割を占めているのも異常だ。

日本で研修を受けて、何とか生活を向上させようという、若い外国人のけなげな夢も打ち砕いてしまうことになる。友好にもならない制度は、即刻やめるべきである。

低賃金労働の輸入大国になる必要などどこにもない。

Why is labor law protection not enough?

--Sending organizations and primary  organizations sometimes play a role of  " broker of cheap labor".

A Deposit and Penalty Agreement of Sending Organization

The deposit of Chinese Sending Organization is around 10,000yuan to 30,000yuan. The penalty is aorund 50,000 yuan to 100,000yuan . Sometimes , trainee's family is forced to be a gurantoro of the contract. In other cases, organizations hold a mortgage on the family's real estate.

The guaranty deposit and penalty agreement is banned in the new system, however, the effectiveness is unknown.

|

« Death by Overwork 3 | トップページ | Death by Overwork 5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/48950113

この記事へのトラックバック一覧です: Death by Overwork 4:

« Death by Overwork 3 | トップページ | Death by Overwork 5 »