構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Postal Crime | トップページ | Totalitarian Society »

Parcel Crime 2

ゆうパックの遅配問題は、巨額の損失の問題でもある。郵政民営化の闇が露呈した問題でもある。

http://www.sentaku.co.jp/category/economies/post-686.php

雑誌選択の記事である。ご参考まで。

|

« Postal Crime | トップページ | Totalitarian Society »

コメント

今回の、『宅配統合・ゆうパック大遅配問題』改め『JPEX・不正統合問題』に、まさかここまで酷い“闇”が隠されていたとは…。

これで、西川善文氏とは、竹中平蔵氏が日本郵政を、内部崩壊させるために送り込んだ、“工作員”であったというのが、実によく判りました。大方、三井住友銀行の顧問室で、「ククク…。ざまあみやがれ!!」と、側近の連中と共に、大口を開けて高笑いしている事でしょう。

ところで、“『郵政民営化』推進!!”の看板を掲げている、自民・公明・みんなの各党は、この事実をいくばくかでも、掴んでいるのでしょうか? 現状で、何の見直しもせずに、民営化を推進するというのは、明らかにおかしいと思うのが普通ですが…。

何はともあれ、私が自民党に希望いたしますのは、民営化推進の看板は、小泉進次郎氏という名の“のし”を付けて、みんなの党に『お中元』として、贈って頂きたいという事です。きっと、喜んで受け取ってもらえますから。

投稿: 臥薪嘗胆 | 2010年7月 9日 19時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/48832023

この記事へのトラックバック一覧です: Parcel Crime 2:

« Postal Crime | トップページ | Totalitarian Society »